【デザインや価格はどう?】新型フォレスターの本革シートを徹底レビュー

オフロードやタフロードなどの悪路で真価を発揮する本格派SUVの新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目に移行をしました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルに用意されているメーカーオプションで注目を集めているのが、内装・インテリアの質感を高める本革シートです。

先日、メーカーオプションの本革シートを備えている新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアを見る事ができたのですが、スバルのクルマとは思えない高級感・上質感を兼ね備えたデザインに…。

特にハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)に用意されているブラウンレザーの本革シートは、ヤバかったです。

そんな新型フォレスター(Forester)のメーカーオプションとして用意されている本革シートは、どのようなデザインになっているのでしょうか?オプション価格は、いくらになっているのでしょうか?

メーカーオプションとして用意されている本革シートのデザインや価格(値段)を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターの本革シートは、どんなデザイン?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)では、2種類の本革シートを用意しています。

こちらは、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム”とハイブリッド車の”アドバンス”に用意されているブラックの本革シートです。

■新型フォレスターのブラックの本革シート

標準装備されているファブリックシートと比較すると、高級感のあるデザインに…。
また、ドア内側パネルなども本革仕様となっているため、シートだけではなく、車内全体がワンランク上の車格になったように感じました。

一方、こちらは新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車”アドバンス(Advance)”のみの専用デザインになっているブラウンの本革シートです。

■新型フォレスターのブラウンの本革シート

ブラックレザーの内装色は、引き締まったスポーティーな印象がありましたが、このブラウンレザーの内装色は、ヨーロッパのクルマに乗っているかのようなオシャレなデザインに…。

また、個人的には、ドア内側パネルやセンターコンソールに備わっているブラウンの大きさや配色のバランスが良く、車内がハデになり過ぎていないのも好印象でした。

ちなみに、先日、この新型モデルの見積もりを貰った時にディーラーさんに話を聞いたのですが、この”ブラウン”の本革シートを目当てで、ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)を購入されているお客さんもいたそうですよ。

ただ、実際に新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車に用意されているブラウンの本革シートを実際に確認してみると、このシート目当てでハイブリッド車を購入されていくのも納得するデザインになっていました。

新型フォレスターの本革シートの価格はいくら?

このように内装・インテリアをオシャレに彩る新型フォレスター(Forester)の本革シートですが、オプション価格は、いくらなのでしょうか?

メーカーオプション設定になっている5代目新型フォレスターの本革シート単体の価格は、10万8000円です。

シートやドア内側パネルに使用されている革の素材やデザインなどを見ると、このくらいの価格設定になるのは、妥当な感じがします。

ただ、新型フォレスター(Forester)の本革シートで残念なのは、他のメーカーオプションの装備とセットになってしまっている事です。つまり、本革シートのみを注文する事はできません。

ちょっとコレは残念ですよね。

ちなみに、本革シートを含んだメーカーオプションのパッケージは、どのようなものが用意されているのか確認したところ、このようになっていました。

■メーカーオプションセット1(オプションコード:OS)
・オプション価格:162,000円
・オプション内容:
パワーリヤゲート
本革シート

■メーカーオプションセット2(オプションコード:PS)
・オプション価格:226,800円
・オプション内容 :
パワーリヤゲート
本革シート
アイサイト セーフティ プラス(視界拡張)

■メーカーオプションセット3(オプションコード:FS)
・オプション価格:216,800円
・オプション内容:
パワーリヤゲート
大型サンルーフ
本革シート

■メーカーオプションセット4(オプションコード:KS)
・オプション価格:280,800円
・オプション内容:
パワーリヤゲート
大型サンルーフ
本革シート
アイサイト セーフティ プラス(視界拡張)

新型フォレスター(Forester)の一番安いメーカーオプションのセットの本革シート&パワーリヤゲートでも、162,000円に…。

今回新発売されたこの新型モデルのパワーリヤゲートも改良されていて使いやすくなっていますが、個人的には、わざわざパッケージにせずに本革シート単体で用意しても良かったのに…と、思いました。

>>> どこが進化した?新型フォレスターのパワーリヤゲートの改良点とは?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されている本革シートは、このようなデザインになっていました。また、メーカーオプション価格は、このようになっていました。

本革シートを備えると、新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアは、ワンランク上の高級感のあるデザインに…。特に車内をオシャレに彩るブラウンの本革シートは、要注目です。

ただ、個人的には、「わざわざ他のオプションとセットにせずに、本革シート単体で用意した方が、購入しやすくて良かったのに…。」と思いました。

また、ブラウンの本革シートをハイブリッド車だけではなく、ガソリン車にも用意して貰いたかったです。

ちなみに、ブラウンの本革シートをガソリン車に用意して欲しいと言うお客さんの声は、かなり多いようです。もしかしたら、特別仕様車や次のマイナーチェンジで、ガソリン車にもブラウンの本革シートが用意されるかもしれませんね。

>>> 新型フォレスターのルーフレールは必要?【実車を見た感想を包み隠さず紹介します】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする