先代との違いとは!?新型フォレスターのセンターコンソールの使い勝手レビュー

先代モデルをベースに機能や性能を磨いてさらに進化をした5代目新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にデビューをしました。

今回新登場したハイブリッド車には、居眠り運転や脇見運転を検知するドライバーモニタリングシステムや進化を遂げたアイサイトなどが注目を集めているこの5代目モデルですが、細かい部分の芯かも見逃せません。

その一つが、センターコンソールです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は、先代モデルよりもセンターコンソールの使い勝手が良くなったような感じが…。

そんな5代目モデルのセンターコンソールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、先代モデルよりも進化を遂げた部分は、何だったのでしょうか?

5代目モデルのセンターコンソールのデザインや使い勝手、進化を遂げた部分を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターのセンターコンソールの使い勝手レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているセンターコンソールは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターのセンターコンソール

こちらのは、プレミアム(Premium)などに用意されている標準仕様のセンターコンソールだったのですが、アクティブモデルのX-BREAK(Xブレイク)のセンターコンソールは、このようにオレンジの加飾が…。

■新型フォレスター X-BREAKのセンターコンソール

オレンジの加飾が施されたX-BREAK専用デザインのインパネやシートとマッチした遊び心のあるSUVらしいデザインになっているように感じました。

また、今回新登場したハイブリッド車”アドバンス(Advance)”のメーカーオプションとして用意されているブラウンレザーにすると、センターコンソールもこのようにブラウンカラーとなります。

■新型フォレスター ブラウンレザーのセンターコンソール

このブラウンカラーになっているセンターコンソールはソフトパッドになっているのが少々残念でしたが、このブラウンカラーのセンターコンソールもブラックのものとは、全く異なる雰囲気になっているのが好印象でした。

このようなデザインになっている5代目新型フォレスター(Forester)のセンターコンソールですが、蓋を持ち上げてみると、このような感じに…。

この5代目モデルのセンターコンソールにも、スバルの伝統装備の一つある”コインポケット付きのトレー”を標準装備。

ETCカードや電子マネーの普及でコインポケットを使用する機会は減ったように感じますが、駐車料金を支払う時など、まだまだ小銭を使うケースは多いです。なので、このようにコインを並べて収納できるコインポケットが用意されているのは、とても良いと思いました。

また、新型フォレスター(Forester)のコインポケット付きのトレーを取り外した時のセンターコンソールの内部は、このような感じになっていました。

この新型モデルのセンターコンソールは、CDケースやDVDケースが収納できるくらいの深さを確保。この新型モデルは、収納スペースがちょっと少な目なので、センターコンソールのような大きめの収納スペースは重宝するのかなと思いました。

新型フォレスターのセンターコンソールの残念だった事

このようにサイズも使い勝手も十分に満足できる5代目新型フォレスター(Forester)のセンターコンソールですが、ちょっと残念だった事もありました。

それは、リッド(蓋)の部分が前後にスライドしない事です。

先代モデルは、このようにセンターコンソールのリッド(蓋)の部分が、このように前後にスライドしたんですよね。

■アームレストとして重宝する先代モデルのセンターコンソール

高さも長さもピッタリで、とても快適に運転をする事ができました。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルには、残念ながらセンターコンソールのスライド機能の用意はナシ。

なので、先代モデルと比較してセンターコンソール部分に腕を置いた時のフィット感はイマイチ…。

このセンターコンソールをアームレストとして使う分には、新型モデルよりも先代モデルの方が使い勝手・快適性は良いように感じました。

新型フォレスターのセンターコンソール進化を遂げた部分とは?

先日、この5代目新型フォレスター(Forester)を試乗した際にディーラーさんに教えて貰ったのですが、今回新発売されたこの新型モデルのセンターコンソールは、先代モデルよりも進化を遂げていたそうです。

ちなみに、こちらは今回新発売された5代目モデルと先代モデルのセンターコンソールです。

■5代目新型フォレスターのセンターコンソール

■先代モデルのセンターコンソール

見た目のデザインを抜きにすると、パッと見ただけでは、それ程大きな違いはなさそうですよね。

ただ、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)のセンターコンソールは、アームレストとして使用する蓋(リッド)のクッション部分に厚みを持たせて、ふっくらとしたデザインにしたそうです。

先日、この新型モデルを試乗した際、中古車として展示がしてあった先代モデルのセンターコンソールと今回新発売された新型モデルの使い心地を確認してみたのですが、確かに、ディーラーさんが仰ったとおり、今回新発売された5代目モデルの方がセンターコンソールのリッド部分にふくらみがあり、腕を置いた時の感触が良い感じが…。

ソフトパッドのベタつき感は少々気になったものの、腕を置いた時のフィット感や置き心地は、とても良いように感じました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているセンターコンソールを確認してみたところ、このようになっていました。

ちょっと入口の小ささは気になったものの深さは十分。コインポケットなども用意されており使い勝手の良いデザインになっているように感じました。

また、先代モデルよりもセンターコンソールのアームレストとして使用できるリッド(蓋)部分のクッション性が良くなり、使い心地が良くなったのも好印象でした。

>>> 新型フォレスターのエアコンの使い勝手を比較【上位と下位モデルで違いが!?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする