新型フォレスターのエアコン比較【上位と下位モデルでデザインが違う!?】

2018年6月、スバルのフラッグシップモデルでもある新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目に移行をしました。

今回新発売された新型モデルは、キープコンセプトになっていましたが、先代モデルよりもスタイリッシュな内装デザインに…。また、顔認証システムを搭載するなど、安全システムなどが向上しているのも印象的でした。

そんな新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアを確認していて驚いた事の一つが、エアコン/ヒーターの温度調節をする空調パネルのデザインです。

この新型モデルの空調パネルも他のスバル車と同様に使い勝手の良いデザインになっていますが、なんと上位モデルと下位モデルで異なるデザインに…。

そんな新型フォレスター(Forester)のエアコン/ヒーターの空調パネルは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、上位モデルと下位モデルでは、どのような違いがあったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルのエアコン/ヒーターと空調パネルを確認してきたので、紹介したいと思います。また、エアコン/ヒーターの効き具合を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターのエアコン実車画像レビュー

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの内装・インパネ

この新型モデルのインパネの中央下に備わっているのが、エアコンやヒーターの温度や風量を調整する空調パネルです。

そんな新型フォレスター(Forester)のエアコン/ヒーターの空調パネルのデザインを確認してみたところ、上位モデルの”アドバンス(Advance)”や”プレミアム(Premium)”は、このようになっていました。

■新型フォレスターの上位モデルの空調パネル

一方、オレンジのアクセントラインが印象的なX-BREAK(Xブレイク)や最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”の空調パネルは、このようなデザインになっていました。

■新型フォレスターの下位モデルの空調パネル

今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、全グレード共通して、フルオートエアコンが標準装備されています。

ただ、上位モデルでは、2連ダイヤル式のデザインになっていたのに対し、下位モデルでは、風量調節もダイヤル式になった3連式に…。

個人的には、風量調節もダイヤル式になっている3連式の方が、運転中のエアコン操作がしやすくて良いように感じました。

ちなみに、上位モデルの”アドバンス(Advance)”や”プレミアム(Premium)”に採用されている2連式の空調パネルでは、フロントシート用のシートヒータースイッチも搭載されています。

■新型フォレスターのシートヒータースイッチ

運転席側/助手席側どちら側からでも、シートヒータースイッチの操作がしやすいデザインになっているのは、とても良いと思いました。また、この新型フォレスターのシートヒーターは、3段階から温度を調節できるようになっており、お好みの温度に設定できるのも、嬉しいポイントでした。

新型フォレスターのエアコン/ヒーターの効き具合は?

このようにグレードによって空調パネルが異なるデザインになっている新型フォレスター(Forester)ですが、エアコン/ヒーターの効き具合は、どうだったのでしょうか?

先日、私は真夏の暑い日にこの新型モデルを試乗してきたのですが、この新型モデルは、車内が広い事もあり、室内が冷えて快適に過ごせるようになるのは、少し時間がかかるように感じました。

ただ、今回新発売された新型モデルは、フロントシートだけでなく、後部座席周りにも送風口が用意されています。

■新型フォレスターのフロントシート用の送風口

■新型フォレスターの後部座席用の送風口

なので、同乗者の方に送風口を向けて、直接風を送れば、十分な涼しさを得られ、暑い日でも十分快適に運転できるように感じました。

一方、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)で意外と良いと思ったのは、後部座席のヒーターの効き具合です。

この新型モデルを試乗した時にディーラーさんに教えて貰ったのですが、この5代目モデルは先代モデルよりもヒーターの温かい空気を送るダクトが大きくなったとの事。なので、後部座席周りのヒーターの効き具合は先代モデルよりも良くなり、快適性がアップしたようですよ。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のエアコン/ヒーターは、このようなデザインになっていました。また、空調パネルは、それぞれこのようなデザインになっていました。

ご覧いただいた通り、この新型モデルでは、上位モデルと下位モデルでエアコン/ヒーターの空調パネルのデザインが異なるため、若干操作性が異なります。

もし細かい部分まで気になる方は、この空調パネルの操作性や使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 先代より広くなった?5代目新型フォレスターの荷室容量を確認してきた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする