新型フォレスターの荷室のメリット【CRV/CR-Vには無い魅力とは?】

現在、日本だけではなく世界中でSUVは人気が高くなっており、各メーカー熾烈な争いをしていますが、スバルの新型フォレスター(Forester)の新たなライバル新型CRV/CR-Vが日本デビューを果たしました。

ホンダから新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車には、3列目シートを用意するなど、新型フォレスター(Forester)には無い魅力もあります。

ただ、荷室・ラゲッジスペースに関しては、スバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)の方が圧倒的に良いように感じました。

日本を代表するこの2台のSUVの荷室・ラゲッジスペースは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、新型CRV/CR-Vよりも新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースの方が良いと感じたところは、どこだったのでしょうか?

スバルとホンダを代表するミドルクラスSUVの荷室・ラゲッジスペースを比較してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターと新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペース比較

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペース
グレード:アドバンス(Advance)

ミドルクラスSUVらしく荷室・ラゲッジスペースの広さは、十分ですよね。また、この新型モデルは、後部座席の背もたれを収納した時、段差が少ないほぼフルフラットな荷室・ラゲッジスペースになるのも好印象でした。

一方、2018年8月に日本デビューを果たしたホンダの新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペース
グレード:EX マスターピース(EX Materpiece)

このホンダの新型SUVも後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、フルフラットなデザインに…。新型フォレスター(Forester)に負けず劣らず使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースになっているように感じました。

ただ、次の2つの事に関しては、新型CRV/CR-Vよりも新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースの方が良いように感じました。

新型フォレスターの荷室の魅力1:荷室開口部の広さ

ホンダの新型CRV/CR-Vよりもスバルから新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースの方が良いと思った事の一つは、荷室開口部の広さです。

新型CRV/CR-Vの荷室開口部も十分に広いのですが、ミドルクラスSUVの中でもトップクラスを誇る新型フォレスター(Forester)の方が荷室開口部の広さはワンランク上。

■スバル新型フォレスターの荷室開口部

■ホンダ新型CRV/CR-Vの荷室開口部

このように2台のモデルを並べてみると、荷室開口部のデザインの違いが一目瞭然ですね。

新型フォレスター(Forester)の方は荷室開口部が台形のような形状になっており、大きい荷物も積みやすそうな感じが…。

クルマによっては、ゴルフバッグのような長い荷物は、縦向きにして積み込まないといけませんが、この新型フォレスター(Forester)の荷室開口部が広くなっているので、横向きのままスンナリと通す(積み込む)事ができちゃいます。

なので、ゴルフバッグのような長尺物の積み込みがとってもラクです。
また、積み込んだ荷物を荷室・ラゲッジスペース内で向きを変える必要がないのも、好印象でした。

一方、荷室・ラゲッジスペースの開口部が狭い新型CRV/CR-Vは荷室開口部の横幅が狭いため、新型フォレスター(Forester)のような積み込み方はできません。

この大きい荷物を積み込みやすい新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースの開口部は、新型CRV/CR-Vよりも優れているメリットの一つなのかなと思いました。

新型フォレスターの荷室の魅力2:使い勝手の良さ

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さも新型フォレスター(Forester)の魅力の一つです。

例えば、スバルから発売された新型モデルでは、荷室・ラゲッジスペースの左右の壁面にコンビニフックを2個ずつ用意しています。

■新型フォレスターのコンビニフック

なので、小さいアイテムは荷室・ラゲッジスペースの壁にぶら下げて置く事が可能です。また、この新型モデルでは、テールゲートにも一つフックを用意しており、洋服などをぶら下げておくことが可能です。

■新型フォレスターのテールゲートに備わっているフック

一方、新型CRV/CR-Vでは、新型フォレスター(Forester)のようなコンビニフックは用意されていません。

これはちょっと残念ですよね。

また、この2台のモデルは、床下収納(サブトランク)の広さ・使い勝手にも違いがありました。

■新型フォレスターの床下収納
グレード:ハイブリッド/アドバンス(Advance)

■新型CRV/CR-Vの床下収納
グレード:ハイブリッド/EX マスターピース(EX Masterpiece)

どちらのモデルも荷室・ラゲッジスペース付近にハイブリッドシステムを搭載している事もあり、床下収納(サブトランク)はガソリン車よりも小さめになっています。

ただ、新型フォレスター(Forester)は、応急用のパンク修理キットを床下収納のフロア下に配置した事もあり、アイテムを収納できるスペースをしっかりと確保。

■新型フォレスターの応急用パンク修理キット

しかし、ホンダの新型CRV/CR-Vの場合は、応急用のパンク修理キットがこの床下収納スペースにそのまま収納されるので、床下収納(サブトランク)に荷物を積み込むスペースはほとんどなくなってしまいます。

この床下収納(サブトランク)の収納力や使い勝手も、新型CRV/CR-Vよりも新型フォレスター(Forester)の方が良いように感じました。

2018年6月に新発売されたスバルの新型フォレスター(Forester)とホンダの新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペースを比較したところ、それぞれこのようになっていました。

ミドルクラスSUVという事もあり、どちらのモデルも十分に満足できる荷室・ラゲッジスペースの広さを備えています。

ただ、使い勝手と言う面では、新型CRV/CR-Vよりも新型フォレスター(Forester)の方が明らかに良いように感じました。

このようにこの2台のモデルは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に大きな差があるので、普段から荷室にたくさんの荷物を積み込む方は、注意をしてくださいね。

>>> 先代より広くなった?5代目新型フォレスターの荷室容量を確認してきた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする