新型フォレスター アンドバンスのルーフレールは標準装備?外装を徹底チェック

2018年6月、スバルのフラッグシップモデルの新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルに移行をしました。

今回新発売された新型モデルは、一般グレードに格上げをしたX-BREAK(Xブレイク)を含めて4つのグレードを用意していますが、一番人気が高いのは、ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)のようです。

先日、この新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”を見る事ができたのですが、様々な専用装備を外装や内装に採用。そのおかげもあり、このアドバンス(Advance)の外装・エクステリアは、ガソリン車と全く異なるデザインになっていました。

そんなハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)は、SUVらしさを強調するルーフレールは、標準装備されていたのでしょうか?

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”にルーフレールが標準装備されているのか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター アドバンスにルーフレールは標準装備されている?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の注目グレード”アドバンス(Advance)”ですが、結論から申し上げますと、残念ながらルーフレールは標準装備されていません。

ちょっと残念ですよね。

アクティブ志向になっているX-BREAK(Xブレイク)では、ルーフレールが標準装備されているのですが…。

ただ、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”などと同様にメーカーオプションでルーフレールを用意しています。

■新型フォレスター アドバンスのルーフレール

実際に私が見た展示車の”アドバンス(Advance)”は、メーカーオプションのルーフレールが装備されているモデルだったのですが、このようなデザインに…。

■新型フォレスター アドバンスのルーフレール装着モデルの外装

実際に見てみると、やはりルーフレールが装備されているモデルの方がSUVらしさが強調されていて、良い感じが…。

個人的には、ルーフレールが装備されているモデルの方が見た目はシックリと来るのかなと思いました。

アドバンスに用意されているルーフレールは、専用デザインに…

残念ながらメーカーオプション設定になっていた新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”のルーフレールですが、ルーフレールは、外装・エクステリアのデザインにマッチするようにアドバンス専用のデザインになっていました。

まず他のグレードのルールレールと大きく異なるのは、カラーです。

■ハイブリッド車”アドバンス”のルーフレール

■ガソリン車”プレミアム”のルーフレール

2台のモデルのルーフレールを見比べて頂くと分かると思いますが、ハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”のルーフレールは、シルバーカラーに塗装されたデザインに…。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”の外装には、フロントバンパーガードやリヤバンパーガード、サイドクラッディング、ドアミラーなど、シルバーやメッキ塗装が施された専用デザインのパーツが多数用意されていますが、これらのデザインにマッチしたルーフレールになっているように感じました。

また、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム”にメーカーオプションとして用意されているルーフレールは、ロープで荷物を固定しやすいロープホールが用意されていない見た目重視のデザインになっていました。

しかし、ハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”では、ロープの脱着がしやすいロープホールが備わった機能性と見た目のデザインを両立したルーフレールに…。

■ロープホールが付いているハイブリッド車のルーフレール

また、ロープホールが用意されているので、荷物の固定も簡単にできるそうです。

私もディーラーさんにルーフレールの使い方を教えてもらったんですが、ロープホールが用意されているルーフレールは、初めてでも簡単に使えそうな感じが…。

ディーラーさんの話によると、新型フォレスター(Forester)の場合、実際に使用すると言うよりも見た目重視でルーフレールを装着していく方がほとんどなので、実際にルーフレールを装着しても使わない方が大半かもしれません。

ただ、もしルーフレールを使う機会があった時、初めてでも簡単に使えるデザインになっているのは、とても心強いように感じました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の最上位モデル”アドバンス(Advance)”では、ルーフレールは、残念ながら標準装備になっていませんでした。

ただ、メーカーオプションでアドバンス専用デザインのルーフレールが用意されていました。

ちなみに、ディーラーさんに話をこの新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”にメーカーオプションとして用意されているルーフレールの価格を確認してみたところ、5万4000円との事。

決して安い金額ではありませんが、せっかく本格派SUVの新型フォレスター(Forester)を購入するのなら、ルーフレールも装着した方が満足度が高くなって良いのかなと思いました。

>>> ガソリンとの差は大きい!?新型フォレスター アドバンスの燃料タンク比較

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする