リヤパワーリヤゲートの価格はいくら!?新型フォレスターのメーカーオプション

2018年6月、スバルの人気SUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

今回新発売された5代目モデルが先代よりも大きく進化をした部分の一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

今回新発売された新型モデルは、先代モデルよりも荷室開口部が広くなり、先代モデルよりも荷物が積みやすいデザインに…。また、荷室容量が増えたのも、見逃せないポイントの一つだと思いました。

>>> 先代より広くなった?5代目新型フォレスターの荷室容量を確認してきた

そんな新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースですが、メーカーオプションでテールゲートを自動で開閉できる”リヤパワーリヤゲート”を用意しています。

メーカーオプションで用意されている”リヤパワーリヤゲート”のオプション価格は、いくらなのでしょうか?

先日、この新型モデルの見積もりを貰った時に”リヤパワーリヤゲート”のオプション価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターのリヤパワーゲートの価格はいくら?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペース

メーカーオプションの”リヤパワーリヤゲート”を装着すると、この新型モデルのテールゲートの下側にこのようにスイッチが用意されます。

■新型フォレスターのリヤパワーゲートスイッチ

今回新発売された新型モデルの持ち上がった時のテールゲートのグリップ位置は約1,880mmとなっており、女性でも手が届く高さになっています。

ただ、やはり新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジゲートは大きく重たいので、荷室・ラゲッジスペースを操作する機会が多いのなら、”リヤパワーリヤゲート”を装着した方が良いのかなと思いました。

そんな5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースを便利にする”リヤパワーリヤゲート”ですが、オプション価格を確認したところ、次のようになっていました。

■新型フォレスターのリヤパワーリヤゲートのオプション価格…5万4000円

決して安い金額では無いのですが、使い勝手などを考えると、高すぎる金額では無い感じが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)では、リヤパワーゲートが改良され、使い勝手もさらに良くなっているので、個人的には、十分に購入する価値はあるのかなと思いました。

新型フォレスターのリヤパワーリヤゲートには、デメリットが…

このようなメーカーオプション価格になっている新型フォレスター(Forester)の”リヤパワーリヤゲート”ですが、注意点が…。

このリヤパワーゲートは、全グレード装備をする事が可能になっており、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”やハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”では、メーカーオプションになっている”リヤパワーリヤゲート”単体で注文をする事が可能です。

しかし、最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”やアクティブモデルの”X-BREAK(Xブレイク)”では、”リヤパワーリヤゲート”単品で購入する事ができず、他のメーカーオプションアイテムとセットで購入しないといけません。

ちょっとこれは残念ですよね。

ちなみに、ツーリング(Touring)とX-BREAK(Xブレイク)に用意されているメーカーオプションの中で、”リヤパワーリヤゲート”を含む一番安いセットを確認してみたところ、このようになっていました。

■リヤパワーゲートを含む一番お得なオプションセット
・キーレスアクセス&プッシュスタートエンジン
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・リヤパワーリヤゲート

この3つのメーカーオプションのセット価格は、162,000円。

“リヤパワーリヤゲート”単体とセットオプションの価格を比較すると、かなり高くなった感じが…。

新型フォレスター(Forester)のスマートキーには、リヤゲートを開閉できるスイッチが備わっているので、キーレスアクセス&プッシュスタートエンジンがセットで購入しないといけないのは理解できます。

■新型フォレスターのスマートキー

ただ、”リヤパワーリヤゲート”と運転席や助手席の位置をスイッチ操作で調整できる運転席&助手席8ウェイパワーシートはセットにしなくても良いのかなと、個人的には、思いました。

新型フォレスター(Forester)にメーカーオプションとして用意されている”リヤパワーリヤゲート”のオプション価格を確認したところ、このようになっていました。

リヤパワーリヤゲート単体のオプション価格は、それ程高くありません。

ただ、”ツーリング(Touring)”や”X-BREAK(Xブレイク)”など、”リヤパワーリヤゲート”を他のオプションとセットで購入しないといけない場合は、少々値段が高いなと感じてしまいました。

“ツーリング(Touring)”や”X-BREAK(Xブレイク)”のモデルを選ぶ場合は、リヤパワーゲートのオプション価格に注意をしてくださいね。

>>> どこが進化した?新型フォレスターのパワーリヤゲートの改良点とは?

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする