先代よりも増えた!?新型フォレスターの荷室のフックの数&使い勝手レビュー

2018年6月、日本だけでなく、世界中に多くのファンを抱えている人気SUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

先代モデルよりも今回デビューをした5代目モデルの方が良くなったポイントの一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

この5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースは、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの荷室開口部の広さに…。荷室開口部が広くなったおかげで、先代モデルよりも荷物の積み降ろしが、明らかにしやすくなりました。

>>> 新型フォレスターの荷室開口部【先代モデルよりもどれくらい広くなった?】

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、荷物を吊り下げておくのに便利なフックを多数用意。しかも、この荷室フックの数も先代モデルよりも多くなっていました。

今回新発売されたこの新型モデルでは、いくつの荷室フックを用意していたのでしょうか?また、この新型モデルの荷室フックの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

5代目新型フォレスター(Forester)に用意されている荷室フックの数や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

5代目新型フォレスターの荷室フックの使い勝手レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■5代目新型フォレスターの荷室・ラゲッジルーム

かなり荷室・ラゲッジスペースは、広いですよね。

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きや横幅は、先代モデルよりもひと回り大きなデザインに…。そのおかげもあり、荷室容量は、先代モデルよりも大きくなりました。

>>> 競合車よりも多い!?新型フォレスターのガソリンタンク容量を確認してみた

このように先代モデルよりも広くなり使い勝手が良くなった新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースですが、左右の壁面にコンビニフックが用意されています。

■新型フォレスターの荷室フック

先代モデルでは左右に一つずつだったのですが、今回新発売された5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースでは、左右に2個ずつ荷室フックを標準装備。

■先代モデルの荷室フック

荷室フックが用意されていると、小さいアイテムやボールなどを荷室・ラゲッジスペースに積み込む時に便利なんですよね。特にこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、ポケットが無いので…。

そのため、今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、小さいアイテムを積みこむのに便利な荷室のフックが増設された事はとても良いと思いました。

荷室サイド以外にもフックが…

このように荷室・ラゲッジスペースのサイドの壁面にフックが用意されているクルマは多いですが、今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、ちょっと意外な場所にもフックが用意されていました。

その場所とは、リヤゲートです。

今回新発売されたこの新型モデルでは、リヤゲート(テールゲート)の中央部分に1つこのようなデザインの荷室フックが用意されています。

■新型フォレスターのリヤゲートに備わっている荷室フック

 

最初は、「なぜこんなところに荷室フックが!?」と、疑問に感じていました。

なので、試乗をした際、ディーラーさんに確認してみたところ、「サーフィンやスキューバダイビングに行った際のウェットスーツや、スキーやスノボーのウェアを掛けておけるように、リヤゲートに荷室フックを用意しました。」との事。

確かに、サーフィンやスキューバダイビングをした後、ウェットスーツを乾かした時などには、重宝しそうですよね。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、全グレード共通して、リヤゲートの荷室フックを用意しているようですが、特にアクティブ志向が強いXブレイク(X-BREAK)では、この荷室フックは大活躍するのかなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースに用意されているフックの数や使い勝手を確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルでは、先代モデルよりも荷室フックの数を増強。
また、リヤゲートにも荷室フックを用意。

意外とリヤゲートに用意された荷室フックも使い勝手が良さそうで、特にアウトドアレジャーに行く人にとっては、嬉しい機能になっているように感じました。

このようにアウトドアで助かる荷室フックをリヤゲートに備えているのは、オフロードやタフロードも苦にしない本格派SUVの新型フォレスター(Forester)ならではの機能・装備なのかなと思いました。

>>> 他グレードと違う!?新型フォレスターXブレイクのオプション

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする