新型フォレスター アドバンスの見積もり【オプションを全装着した時の乗り出し価格は?】

冒険心をくすぐる迫力のあるフロントマスクが魅力の新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にフルモデルチェンジをして、新発売されました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、アイサイトなど嬉しい様々な機能や装備が元から標準装備されていますが、本革シートやルーフレールなど魅力的なメーカーも多数用意しています。

そんな新型フォレスター(Forester)でちょっと気になった事が…。

それは、この新型モデルに用意されているメーカーオプションを装備したら、乗り出し価格は、どれくらいになるのか?と言う事です。

そこでいつもお世話になっているディーラーさんに協力して貰って、新型フォレスター(Forester)の最上位モデルのハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”に、全メーカーオプションを装備した時の見積もりを用意して貰ったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター アドバンスの見積もり公開【メーカーオプションを全部装着したら、乗り出し価格はいくら?】

今回私が貰った新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”の見積もりは、コチラです。

■新型フォレスターの”アドバンス(Advance)”の見積もり

先ほどもお話した通り、本革シートや大型のサンルーフなどこの”アドバンス(Advance)”に装着できるすべてのメーカーオプションをお願い。

■今回の新型フォレスターの見積もりで注文したメーカーオプション
・ルーフレール
・パワーリヤゲート
・大型サンルーフ
・本革シート
・アイサイトセーフティプラス(視界拡張)

また、ディーラーオプションでは、ナビをはじめ、基本的なアイテムを注文させて頂きました。

■今回の新型フォレスターの見積もりで注文したディーラーオプション
・スバルナビパッケージ(ナビ:ダイアトーン)
・ベースキット
・カーゴトレーマット
・ウルトラガラスコート
・ETCセットアップ料金

この時の新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車”アドバンス(Advance)”の乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型フォレスター アドバンスの見積もり金額
車体本体価格 :3,412,800円
オプション価格: 5,74,063円
諸経費&税金 : 327,775円
乗り出し価格 :4,314,638円

やはりメーカーオプションをすべて装着すると、かなり高いですね。

私も思わずいつもお世話になっているディーラーさんに、「思ったよりも乗り出し価格が高くなってしまいますね~。」と言ってしまいました。

ちなみに、私が貰った見積もりでは、メーカーオプション価格が車体本体価格に含まれてしまっているのですが、計算したところ、すべてのアイテムを装着した時のメーカーオプションの合計金額は、31万3200円となっておりました。

このメーカーオプション価格だけを見ると、ちょっと高そうに感じてしまいます。

ただ、新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”では、車内をワンランク上の高級感にしてくれるブラウンの本革シートが含まれています。

■新型フォレスター アドバンスのブラウンの本革シート

また、後方に設置されたカメラの映像をルームミラーに表示してくれる”スマートリヤビューミラー”や、左側や前方のカメラ映像をマルチファンクションディスプレイに表示してくれる”サイト&フロントビューモニター”を搭載できる”アイサイトセーフティプラス(視界拡張)”なども含まれています。

■新型フォレスターのスマートリヤビューミラー

■新型フォレスターのサイト&フロントビューモニター

つまり、新型フォレスター(Forester)のメーカーオプションを装着すると見た目の高級感だけではなく、機能的にも最高級の仕上がりに…。

私も実際にすべてのディーラーオプションを装着したモデルを見せてもらったのですが、ワンランク上のプレミアム感があるように感じました。

メーカーオプションをすべて装着すると、この新型モデルの乗り出し価格は、かなり高くなってしまいますが、実際に装着してみると、それだけの価値はあるように感じました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の最上位モデル”アドバンス(Advance)”にすべてのメーカーオプションを装着したした時の見積もりの乗り出し価格は、このようになっていました。

すべてのメーカーオプションを装着した時の乗り出し価格だけをみると、目が飛び出るような金額に…。

ただ、用意されている機能や装備を改めて確認してみると、この金額を支払うだけの機能性とデザイン性を兼ね備えているように感じました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、メーカーオプションをすべて装着していくお客さんも意外と多いようですよ。

>>> 新型フォレスター アドバンスのエコカー減税を良くする意外な方法とは?

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする