新型フォレスター アドバンスのエコカー減税を良くする意外な方法とは?

新しいプラットフォームを採用して剛性感が増した5代目新型フォレスター(Forester)が2018年6月にフルモデルチェンジをして、デビューをしました。

そんな5代目モデルの最大のトピックの一つが、2.0リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)が新登場した事です。

そんな新型フォレスター アドバンス(Forester Advance)は、モーターはエンジンをアシストするマイルドハイブリッド車なのですが、自動車取得税と自動車重量税が安くなるエコカー減税対象車となっています。

ガソリン車よりも諸経費が安くなるハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)ですが、ある事をすると、さらにエコカー減税が高くなるそうです。

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様アドバンス(Advance)のエコカー減税の減税率は、どれくらいなのでしょうか?また、どうすれば、このアドバンス(Advance)のエコカー減税は、良くなるのでしょうか?

注目のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”のエコカー減税を確認してきたので、紹介します。また、エコカー減税の減税率を良くする方法もお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター アドバンスの元々のエコカー減税は、どれくらい?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の注目モデル”アドバンス(Advance)”のエコカー減税を確認したところ、このようになっていました。

■新型フォレスター アドバンスのエコカー減税の減税率
自動車取得税:40%
自動車重量税:50%

ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)は、マイルドハイブリッド車という事もあり、残念ながら、エコカー減税(自動車重量税/自動車取得税)は、免税になっていませんでした。

ただ、ガソリン車はエコカー減税の対象外という事を考えると、これだけでも十分にエコカー減税の恩恵を受けれるように感じました。

新型フォレスター ハイブリッドのエコカー減税の支払額は?

このようにエコカー減税の対象になっている新型フォレスター アドバンス(Forester Advance)ですが、自動車取得税と自動車重量税の支払額は、どらくらいなのでしょうか?

先日、このハイブリッド車のアドバンス(Advance)の見積もりを貰ってきたので、紹介したいと思います。

■新型フォレスター アドバンスのエコカー減税の支払い額
自動車取得税:57,500円
自動車重量税:15,000円
合計金額 :72,500円

ちなみに、新型フォレスター(Forester)のガソリン車のエコカー減税の

このエコカー減税の違いの影響もあり、車体本体価格のみを比較すると、ハイブリッド車の方が高くなっていますが、車体本体価格に諸経費などを加えた乗り出し価格では、ほとんど違いはないようですよ。

新型フォレスター ハイブリッドのエコカー減税を高くする方法とは?

このように自動車取得税が40%、自動車重量税が50%減税される新型フォレスター アドバンス(Forester Advance)ですが、実はあるメーカーオプションを装着すると、エコカー減税率が良くなるようです。

そのアイテムとは、サンルーフです。

ディーラーさんの話によると、メーカーオプションの大型サンルーフを装着すると、車体重量が1,660kgに達するため、エコカー減税の減税率が良くなるそうです。

新型フォレスターにサンルーフ装着した時のエコカー減税は?

では、メーカーオプションのサンルーフを装着すると、ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)のエコカー減税は、どれくらいになるのでしょうか?

ディーラーさんに確認したところ、メーカーオプションの大型サンルーフを装着すると、ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)のエコカー減税は、このようになるそうです。

■サンルーフ装着時のエコカー減税
自動車取得税:60%
自動車重量税:75%

また、実際にアドバンス(Advance)にサンルーフを装着した時の見積もりを貰ってみたのですが、自動車重量税と自動車取得税の課税額は、このようになっていました。

■新型フォレスター アドバンスのエコカー減税の支払い額
自動車取得税:38,800円
自動車重量税: 7,500円
合計金額 :46,300円

アドバンス(Advance)の元々のエコカー減税の課税額は72,500円だったので、大型のサンルーフを装着すると、2万6200円も課税額が安くなることに…。

ちなみに、新型フォレスター アドバンス(Forester Advance)に用意されているサンルーフのオプション価格は、5万4000円です。

サンルーフを装着する分、乗り出し価格は多少高くなりますが、「2万5000円ちょっとでサンルーフが装着できるなら…」と、サンルーフを購入していくお客さんも大勢いるようですよ。

■新型フォレスターのサンルーフ装着時/未装着時の乗り出し価格
・サンルーフ装着時の乗り出し価格   :4,342,438円
・サンルーフ未装着時の乗り出し価格:4,214,638円

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様アドバンス(Advance)のエコカー減税を確認したところ、このようになっていました。

先ほどご紹介した通り、メーカーオプションになっている大型のサンルーフを装着すると、ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)のエコカー減税率は高くなります。個人的には、この価格差なら、サンルーフを装着しても良いのなら思いました。

もし、新型フォレスター アドバンス(Forester Advance)の購入を検討している方は、サンルーフの装着も考えてみてくださいね。

>>> 新型フォレスターのマルチインフォメーション【ガソリンとHVの違いは?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする