新型フォレスターの後部座性はスライドできる?【実車画像で確認してみた】

2018年6月、使い勝手の良い箱型デザインが特徴のミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)が、2018年7月にフルモデルチェンジをして、5代目モデルがデビューをしました。

今回新発売された5代目モデルは、先代モデルのデザインを踏襲しているため、見た目のデザインなどに大きな違いはありません。

ただ、後部座席の乗降口(ドア開口部)が大きくなるなど、先代モデルよりも使い勝手がよくなりました。また、後部座席のシートデザインも変更され、座り心地も良くなりました。

>>> 乗り降りしやすくなった!?新型フォレスターの乗降性インプレッション

そんな新型フォレスター(Forester)の後部座席は前後にスライドでき、足元空間(ニークリアランス)の広さを調節できる機能は備えていたのでしょうか?また、足元空間の広さは、どれくらいだったのでしょうか?

5代目新型モデルの後部座席の居住積や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターの後部座席インプレ【スライド機能は付いている?】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの後部座席

この新型モデルの後部座席は、シートの骨格を見直した事により、シートの座り心地がアップ。より包まれ感が増した快適なシートになっているように感じました。

また、今回新発売された新型モデルでは、暖気を後席に送るフットダクトが大きくなり、先代モデルとより空調性もアップ。後部座席に座っていても、快適に過ごせるように様々な工夫がほどこされていました。

このように快適性がアップした新型フォレスター(Forester)の後部座席ですが、後部座席の背もたれの角度を調節できるリクライニング機能は用意されていたものの、足元空間(ニークリアランス)の広さを調整できるスライド機能は用意されていませんでした。

ちょっと残念ですよね。

この新型モデルの後部座席は十分に使い勝手は良いですが、後部座席のスライド機能を備えたら、もっと使い勝手は良かったのに…、と思いました。

ただ、新型フォレスターの後部座席は、十分な足元空間を確保

このように今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、残念ながら、後部座席にスライド機能を用意していなかったのですが、この新型モデルは十分すぎる程の足元空間を確保していました。

■新型フォレスターの後部座席の足元空間の広さ

私は身長175cmあるのですが、この新型モデルの後部座席に座ってみたところ、このくらいのゆとりが…。

かなり広いですよね。

先日、この5代目モデルを試乗した際、ディーラーさんに教えて貰ったのですが、この新型モデルはボディが拡大されましたが、広くなった全長ぶぶんのほとんどは、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さに使ったようです。

>>> 新型フォレスターと先代を実車画像で比較【サイズの違いは大きい?】

そのおかげもあり、この新型フォレスター(Forester)の後部座席は、私のような成人男性が座ってもゆとりがある足元空間(ニークリアランス)の広さになっていました。

今回新発売された5代目モデルは、先代モデルと同様に足元空間(ニークリアランス)の広さを調整できるスライド機能が用意されていなかったのは、とても残念です。

ただ、この新型モデルの後部座席は、足元空間(ニークリアランス)を調整する必要がないくらい広さを確保していました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの後部座席には、残念ながら、足元空間の広さを調節できるスライド機能は用意されていませんでした。

ただ、この新型モデルは、スライド機能が用意されていなくても十分に快適に過ごせる足元空間の広さを確保しているので、スライド機能が用意されてい無い事は、それ程気になりませんでした。

ただ、やはり後部座席の足元空間の広さや快適性は、体形や座り方に大きく影響するので、この新型フォレスター(Forester)を試乗する機会がある方は、後部座席の足元空間の広さをしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 先代より広くなった?5代目新型フォレスターの荷室容量を確認してきた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする