どこが進化した?新型フォレスターのパワーリヤゲートの改良点とは?

オン/オフ問わない走破性が魅力のスバルの本格派SUV新型フォレスター(FORESTER)の5代目が、2018年6月にデビューをしましたね。

今回新発売された新型モデルでは、様々なメーカーオプションが用意されていますが、その中でも人気が高いのが、自動でテールゲートを開閉してくれるパワーリヤゲート(電動リアゲート)です。

先日、この新型モデルに搭載できるパワーリヤゲートを使ってみたのですが、先代モデルよりも格段に使い勝手が良くなっている感じが…。これ程使い勝手が良くなっているのなら、装着するのも全然アリだなと思いました。

フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のパワーリヤゲートは、どのようなデザインになっていたのか?また、先代モデルよりもどこが良くなっていたのか?

進化を遂げたパワーリヤゲートの改良点や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターの荷室:パワーリヤゲートの進化のポイントとは?

2018年6月にデビューをした5代目新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■5代目新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペース

荷室開口部が広いですよね。

今回新発売された新型モデルは、荷室開口部の幅は1,300mmまで拡大。
ゴルフバッグなどの大きい荷物・アイテムもラクに横置きできるようになり、大きい荷物を出し入れしやすくなったのは、この新型モデルの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースにメーカーオプションの”パワーリヤゲート”を装着すると、テールゲート部分にこのようなスイッチが搭載されます。

■5代目新型フォレスターのパワーリヤゲート

この新型モデルは、テールゲートが高く持ち上がるので、また、テールゲート自体もかなり重さがあるので、テールゲートを開け閉めをするのは、ちょっと大変です。

荷室・ラゲッジスペースの開け閉めをラクにしたい方は、メーカーオプション設定になっているリヤパワーゲートを積極的に装着しても良いのかなと思いました。

そんな新型フォレスター(Forester)のリヤパワーゲート(電動リアゲート)ですが、先代モデルよりも次のような進化を遂げていました。

リヤパワーゲートの進化のポイント1:スピード

今回新発売された新型フォレスター(Forester)のパワーリヤゲート(電動リアゲート)が先代モデルよりも良くなったところの一つは、開閉スピードです。

先代モデルでは、開閉スイッチを押してからテールゲートが完全に閉まるまで約9.4秒かかっていました。

しかし、今回新発売された新型モデルでは、スイッチを押してからテールゲートが閉じるまで約4秒に短縮。先代モデルよりもスムーズにテールゲートを開閉できるようになりました。

実際に私は今回新発売された5代目モデルと先代モデルのパワーリヤゲート(電動リアゲート)を確かめる事ができたのですが、

開閉のスピードが全く違います。先代モデルは、開閉スピードが少し遅く、ヤキモキをする時もありました。しかし、5代目モデルでは、リヤパワーゲートの開閉スイッチを押してから閉まるまでのタイムラグが少なく、開閉時のストレスがなくなったのは、好印象でした。

リヤパワーゲートの進化のポイント2:ドアロック連動

また、5代目新型フォレスター(Forester)のパワーリヤゲートの良くなったところは、ドアロックと連動しているところです。

先代モデルでは、パワーリヤゲート(電動リアゲート)はドアロックと連動していなかったため、荷物を取りだした後、パワーリヤゲートが完全に閉じるのを待って、手動でドアロックをしてからクルマから離れなければいけませんでした。

しかし、今回の5代目モデルでは、パワーリヤゲート(電動リアゲート)とドアロックが連動したため、荷物を取りだした後、パワーリヤゲートが完全に閉じるを待つことなく、クルマから離れる事ができるようになりました。

この違いは大きいですよね。

個人的には、わざわざテールゲートを閉じるのを待つ必要がなくなったのは、新型フォレスター(Forester)の大きな進歩なのかなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のパワーリヤゲート(電動リアゲート)は、このようなデザインになっていました。また、このように先代モデルよりも格段に使い勝手が良くなりました。

実際にこの5代目モデルのパワーリヤゲート(電動リアゲート)を使ってみて、特に良いと思ったのは、開閉スピードが早まった事です。先代モデルのパワーリヤゲートは、閉まるまで時間がかかり、急いでいる時などイライラする事もあったので…。

今回新発売された5代目モデルは、安全装備や走破性などあらゆる面で進化を遂げていますが、パワーリヤゲートの欠点・デメリットの一つでもある閉まるまでの時間のストレスから解放された事も、5代目モデルの大きな進化の一つなのかなと思いました。

ちなみに、パワーリヤゲート(電動リアゲート)のメーカーオプション価格は、5万4000円となっています。安い金額ではありませんが、この金額なら十分に購入する価値のあるオプションになっているのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする