ホンダ新型CRV/CR-VのUSBは急速充電!?実車で確認をしてみた

ホンダが世界に誇るアーバン型クロスオーバーSUVの新型CRV/CR-Vが、2年ぶりに日本市場に復活を果たしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、大型のサンルーフやルーフレールなど機能や装備が充実しているのが魅力の一つですが、USBポートなど嬉しい機能も当たり前のように標準装備されています。

>>> 残念に感じた事とは?新型CRV/CR-Vのサンルーフの使い勝手インプレ

そんな新型CRV/CR-Vに標準装備されているUSBポートですが、スマホやiPhoneだけではなく、タブレット端末や携帯ゲーム機も充電できる急速充電に対応しているのでしょうか?また、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2018年8月にホンダからデビューをした新型ミドルクラスSUVのUSBソケットのスペックや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-VのUSBポートの使い勝手レビュー

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vでは、フロントシート周りに1つ、後部座席周りに2個、合計3つのUSBポートを標準装備しています。

フロントシート用のUSBポートは、センターコンソール内に1つ用意。

■新型CRV/CR-Vのフロントシート用USBポート

一方、後部座席周りは、センターコンソール後方下部に2個USBポートを用意しておりました。

■新型CRV/CR-Vの後部座席用USBポート

個人的には、運転席周りにもう1個、各シートに1つずつ最低限4個のUSBポートを標準装備して貰いたかったのです。

ただ、センターコンソール内には、12Vのアクセサリーソケット(アウトレット)も用意されております。

もし、フロントシート周りにUSBソケットが足りないと感じたら、この12Vのアクサセリーソケットに市販のUSBポートを繋げて使用するようにすれば良いだけなので、困る事はそうそうないのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vに用意されているUSBは急速充電対応!?

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、フロントシート周りと後部座席周りに合計3つのUSBポートを用意していましたが、急速充電対応になっていたのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、のUSBポートを確認してみたところ、フロントシートに用意されているUSBポートは、1.OAまでの普通充電のみに…。

しかし、センターコンソール後方に用意されている後部座席用のUSBポートは、2.1Aまでの急速充電対応となっていました。

後部座席に用意されているUSBポートは急速充電に対応していたのは良かったのですが、センターコンソール内に用意されているフロントシート用のUSBポートは、残念ながら1.0Aまでに…。

個人的には、後部座席用だけではなく、フロントシート用のUSBポートも2.1アンペアまでの急速充電対応したものにして貰いたかったです。

新型CRV/CR-VのUSBポートの使い勝手はどうだった?

このように残念ながらフロントシート用のUSBポートは急速充電に対応していなかった新型CRV/CR-Vですが、使い勝手に関しては、後部座席よりもフロントシートの方が良いように感じました。

私が実際にこの2台のモデルを試乗した際にUSBポートを実際に使用をしてみて、違いを感じたのは、USBと接続した電子機器の置き場です。

新型CRV/CR-Vのフロントシート用のUSBポートは、センターコンソールボックス内に用意されているのですが、コードを通すための溝が用意されており、このように充電中のスマホやiPhoneをセンターコンソールトレイに置いておくことが可能です。

また、この新型モデルに用意されているセンターコンソールトレイは、サイズが大きくなっているので、タブレット端末や携帯ゲーム機なども置いておくことが可能です。

この事を考えると、余計にこの新型モデルのフロントシート用に用意されているUSBソケットは、1.0Aまでではなく、2.1Aまでの急速充電対応にして貰いたかったなと思いました。

一方、フロントシート用のUSBポートと比較すると、新型CRV/CR-Vの後部座席用のUSBポートは、使い勝手が劣るような感じが…。

この新型モデルのUSBポート近くには大きな収納スペースが用意されていないため、コードで接続をしたスマホやiPhoneは、シートバックポケットに置くしかありません。

ただ、スマホやiPhoneを収納するには、このシートバックポケットは大きすぎる感じが…。

実際に収納してみると、シートバックポケット内奥深くまで入ってしまい取り出しにくくなってしまいます。

個人的には、競合車・ライバル車のスバルの新型フォレスター(Forester)のようにシートバックポケットの形状を工夫して、USBとコード接続をしたスマホやiPhoneをラクに出し入れできるようにして貰いたかったです。

■スバル新型フォレスターのスマホ収納スペース

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vに用意されているUSBソケットの数を確認してみたところ、このようになっていました。

また、今回新発売された新型モデルでは、急速充電に対応していたのは、後部座席用のみ。フロントシートに用意されていたUSBポートは1.0Aまでの普通充電用に…。

フロントシート周りに用意されているUSBポートは一つしか用意されていなので、DC12Vのアウトレット(アクセサリーソケット)に市販のUSBソケットを繋げて、USBポートを増設しても良いのかなと思いました。

>>> 新型CRV/CR-Vには、コンセントは付いている!?実車を確認してみた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする