新型CRV/CR-Vはティッシュの置き場はココ!実車画像で紹介

ホンダのグローバルSUVとして、世界中から愛されているプレミアムSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月、日本デビューを果たしました。

ガソリン車の7人乗り3列シート仕様やハイブリッド車を新たにラインナップに加えた事が話題になっているこの新型モデルですが、意外と良いと思ったのが、収納スペースです。

>>> ホンダ新型CRV/CR-VのUSBは急速充電に対応している!?実車で確認をしてみた

今回新発売された新型モデルでは、運転席の近くにボックス型のティッシュを置けるスペースがあるのが、個人的には、大満足でした。

今回新発売された新型CR-V/CRVでは、どこにボックスティッシュを置くことができるのでしょうか?また、その使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2018年8月にデビューをしたホンダの新型CR-V/CRVののボックスティッシュ置き場を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのディッシュ置き場はどこ?実車画像で解説

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVでは、次のような収納スペースを用意しています。

■オーバーヘッドコンソール

■センターコンソールボックス

■グローブボックス

■センターコンソール前方トレイ

今回新発売された新型モデルでは、競合車・ライバル車と同様にグローブボックスにボックスティッシュを収納する事ができます。

ただ、グローブボックスにボックスティッシュを収納すると、ティッシュ置き場が遠いんですよね。なので、必要な時にスグにティッシュが使えません。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、センターコンソールに収納スペースが置けるようになっています。

実際にこの新型モデルのセンターコンソールにボックスティッシュを置いてみると、このような感じに…。

■ボックスティッシュをセンターコンソールに置いた時の様子

今回新発売された新型モデルのセンターコンソールはトレーが用意されているのですが、トレーを取り外すと、このような大容量の収納スペースが登場し、ボックスティッシュなどの大きなアイテムも収納する事が可能です。

運転席や助手席から手が届きやすい位置にボックスティッシュが置けるのは、かなり嬉しいですよね。使いたい時にスグに使えるので…。

競合車・ライバル車のトヨタのハリアー(Harrier)やスバルの新型フォレスター(Forester)では、新型CR-V/CRVのように運転席から手が届く範囲にボックスティッシュを置くことができません。

このようにボックス型のティッシュを収納できる大きなセンターコンソールを用意しているのは、競合車・ライバル車には無いこのホンダの新型CR-V/CRVの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ティッシュ置き場にもなるセンターコンソールボックスは、新型CRV/CR-Vの注目の収納スペース

このようにティッシュ置き場としても活用できる新型CRV/CR-Vのセンターコンソールなのですが、実はホンダがこだわって開発をした注目の収納スペースなんです。

特に注目なのが、センターコンソールボックスに備わっているトレーの使い勝手です。

このセンターコンソールに用意されているトレーは、スライド&取り外し式になっており、アレンジが自由です。

■センターコンソールボックスのトレーを外した時の様子

■センターコンソールボックスのトレーをスライドした時の様子

なので、ボックス型のティッシュ以外にも様々なアイテム・小物を収納する事ができます。

例えば、新型CR-V/CRVのセンターコンソールボックスの内部には、USBソケットが用意されており、このようにトレーの上にスマホ/iPhoneをおいて、充電をする事などもできちゃいます。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのセンターコンソールは、使う人の好みや収納するアイテムによって、アレンジを変える事ができます。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く際は、この新型モデルの注目のアイテムの一つでもあるセンターコンソールボックスにも注目をしてみてくださいね。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVは、ご覧いただいた通り、センターコンソールボックスをティッシュ置き場として使用できるようになっていました。

この新型モデルをファミリーカーとして使用する人にとっては、これはちょっと嬉しいですよね。

新型CR-V/CRVは、乗り心地や走破性だけではなく、ティッシュ置き場として使えるセンターコンソールなど使い勝手が良い収納スペースが備わっているのも、大きな魅力の一つなのかなと思いました。

>>> 新型CRV/CR-Vとフォレスターの荷室比較【サイズが大きいのはどっち!?】

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする