運転しやすい!?新型CRV/CR-Vの運転席の機能や座り心地を徹底チェック

2016年8月に日本市場から撤退をしたホンダの新型CRV/CR-Vが、大幅に進化をして、2018年8月に復活を果たしました。

ハイブリッド車とガソリン車の7人乗り仕様を引っ下げて復活をしたこの新型モデルを先日試乗してきたのですが、意外と良いと思ったのが、運転席の座り心地です。

この新型CR-V/CRVの運転席は、サイドのサポートもしっかりとしており、長時間ドライブでも疲れに行くシート設計になっていました。

今回新発売された新型モデルの運転席の機能性や座り心地を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vの運転席レビュー

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの運転席は、このようなデザインになっています。

こちらは、ブラックの内装色の運転席です。

■新型CRV/CR-Vのブラックカラーの運転席

一方、こちらが、最上位モデル”EX マスターピース(Masterpiece)”に用意されているブラウンカラーの運転席です。

■新型CRV/CR-Vのブラウンカラーの運転席

カラーによって、運転席の印象がかなり異なりますよね。

ブラックカラーの運転席は、スポーティーな印象になっているのに対し、ブラウンの運転席は、華やかでオシャレな印象に…。

男性はスタイリッシュなブラックのシートの方が好みかもしれませんが、女性は、華やかでオシャレな雰囲気のブラウンのシートの方が好きなのかなと思いました。

座り心地に良さにビックリ

そんな新型CR-V/CRVの運転席の魅力の一つは、座り心地の良さです。

この新型モデルの運転席は、なんとホンダの人気車種”シビック(CIVIC)”と共通の骨格を使ったシートを標準装備。

これを聞いただけでも、座り心地が良さが伝わってきますよね。

この新型モデルの運転席は、スポーツモデルのようなちょっと硬めのシートになっており、その場でしっかりと支えてくれる感じのクッション性に…。他のクルマで味わえるようなシートに包みこまれる感覚はありませんが、運転がしやすいシートになっているように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの運転席に座って良いと思ったのが、しっりとしたサイドサポートです。

この新型モデルでは、乗り降りがしやすいように座面のサイドサポートは控えめになっていますが、背もたれのサイドサポートは大きめの作りに…。

運転中、このサイドサポートが体をしっかりと支えてくれるため、正しい姿勢で運転できるようになっているのも好印象でした。

新型CRV/CR-Vの運転席は、機能性も十分

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの運転席は、シートの位置や高さ、背もたれを電動で調節する事ができる8ウェイパワーシートが標準装備されています。

■パワーシートスイッチ

また、この新型モデルの運転席は、スライドやリクライニングだけではなく、腰周りのフィット感を調整できる4ウェイのランバーサポートを全グレード標準装備。

先日、この新型モデルを試乗した際、ランバーサポートを実際に使ってみたのですが、背もたれが背中に隙間なくピタッとフィットする感じが…。

私は腰痛持ちで、長時間ドライブすると腰が痛くなるのですが、ランバーサポートを使用すると、いつもよりも腰痛が緩和できるのかなと感じました。

ちなみに、試乗に同行してくれたディーラーさんの話によると、腰のフィット感をサポートしてくれるランバーサポートが全グレード標準装備されているは、ミドルクラスSUVの中で新型CR-V/CRVだけのようです。

ランバーサポート自体はそれ程注目度の高い機能ではありませんが、長時間ドライブする人にとっては、かなり嬉しいニュースなのかなと思いました。

ハンドルは、チルト&テレスコピック調整機能付き

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVが運転しやすいと感じた理由の一つが、ハンドル・ステアリングホイールの操作のしやすさです。

今回新発売された新型モデルは、ミドルクラスSUVらしい握り心地が良い大きめのハンドル・ステアリングホイールが標準装備されているのですが、上下位置を調整できる40mmのチルト機能と40mmの範囲から前後位置を調整する事ができるテレスコピック機能が備わっています。

240mmのスライド機能を備えた8ウェイの電動パワーシートとチルト&テレスコピック機能付きのハンドル・ステアリングホイールをしっかりと調整すれば、自分にピッタリの運転席の位置に調整する事が可能です。

ミドルクラスSUVでは、チルト&テスコピック機能付きのハンドル・ステアリングホイールは付いているクルマが多いですが、この新型CR-V/CRVにもしっかりと全グレード標準装備されていたのには、一安心いたしました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの運転席は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの運転席は、サイドサポートがしっかりとした長距離ドライブでも疲れにくいシートデザインに…。

私は新型フォレスターや新型エクストレイル、ハリアーなど様々なミドルクラスSUVの運転席に座らせて貰ったのですが、個人的には、この新型モデルの運転席が、一番座り心地が良いように感じました。

また、8ウェイの電動パワーシートや乱場サポートが全グレード標準装備されているのも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、新型CR-V/CRVの運転席の座り心地や機能性もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 最小回転半径はどのくらい?新型CRV/CR-Vの取り回しの良さを確認してきた

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする