新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の後部座席の広さを計測【足元空間はゆとりある?】

2年半、日本市場から姿を消していたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月に復活を果たしました。

今回復活を果たした新型モデルのガソリン車は、オーソドックスな2列シートの5人乗り仕様に加え、3列目シートを備えた7人乗り仕様を新たにラインナップしました。

ただ、やはり気になるのは、3列目シート仕様の足元空間(ニークリアランス)の広さと快適性ですよね。

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の後部座席(2列目シート&3列目シート)の足元空間の広さは、どれくらいだったのでしょうか?大人が快適に過ごせるだけの広さを、この新型モデルの後部座席は備えていたのでしょうか?

7人乗り仕様の後部座席(2列目シートと3列目シート)の足元空間の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型CRV/CR-V 7人乗り仕様の2列目シートの広さを確認

2018年6月にデビューをした新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の2列目シートは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車の7人乗り仕様の2列目シート

ガソリン車の5人乗り仕様やハイブリッド車の後部座席と異なり、この7人乗り仕様の2列目シートは、150mmのスライド機能を標準装備しています。。

そのため、乗車人数や使用状況によって、2列目シートの位置を調整する事が可能です。

■ガソリン車の2列目シートをスライドした時の様子

このように実際に2列目シートを前後に移動してみると、スライド量の多きが実感できますよね。

また、新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートのスライド位置によって、足元空間(ニークリアランス)の広さが全然異なります。

そんな新型モデルの7人乗り仕様の2列目シートを一番前にスライドした時と一番後ろにスライドした時の足元空間の広さを確認してみました。

2列目シートを一番後ろにスライドした時の足元空間の広さ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートを一番後ろにスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっています。
※ちなみに、運転席は、私が一番運転がしやすいポジションに設定してあります。

■新型CRV/CR-Vの2列目を一番後ろにスライドした時の足元空間の広さ

パッと見た感じでは、かなり広い感じが…。

そして、持参をしたメジャーを使って、この時の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルの2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、約390mm。

この状態で後部座席に座った時の足元空間の広さは、このような感じに…。

身長175cmの私が座っても十分な広さがあり、長時間ドライブでも快適に過ごす事ができる広さを備えているように感じました。

2列目シートを一番前ににスライドした時の足元空間の広さ

今回、フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の2列目シートを一番前にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっています。

■2列目シートを一番前にスライドした時の足元空間の広さ

やはり2列目シートを一番後ろにスライドした時と比較すると、足元空間(ニークリアランス)が一回り狭くなった感じが…。

この時の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、次のようになっていました。

後部座席を一番後ろにスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、約240mmに…。

また、身長175cm中肉中背の私がこの新型モデルの2列目シートに座ってみると、このような感じになります。

■2列目シートを一番前にスライドした時の足元空間の広さ

2列目シートを一番前にスライドしても膝(ヒザ)が、フロントシートの後ろ側にぶつかる程狭くはないのですが、足を動かす自由度はかなり制限される感じが…。

2列目シートを一番前にスライドした時と一番後ろにスライドした時では、足元空間(ニークリアランス)の広さに大きな違いがあるように感じました。また、大人がこの2列目シートで快適に過ごすには、シートを真ん中から後ろに設定するのが良いのかなと感じました。

新型CRV/CR-V 7人乗り仕様の3列目シートの広さを確認

一方、新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、どのようになっていたのでしょうか?

今回新発売された新型モデルの3列目シートはスライド機能が用意されていません。そのた、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、2列目シートのスライド位置に依存します。

2列目シートを一番後ろにスライドした時の3列目シートの足元空間の広さ

今回新発売された新型CRV/CR-Vの2列目シートを一番後ろにスライドした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっています。

■2列目シートを一番後ろにした時の3列目シートの足元空間の広さ

この新型モデルの2列目シートを一番後ろにスライドした時の足元空間の広さは約140mmとなっており、足を地面に置く事すらできません。(※足元空間の広さは、座面位置で計測)

また、これだけ足元空間が狭いと、小さい子供でも厳しい感じが…。

もし新型CRV/CR-Vの3列目シートを使用するのなら、2列目シートは真ん中よりも前方に設定した方が良いのかなと、この新型モデルを試乗して感じました。

2列目シートを一番前ににスライドした時の3列目シートの足元空間の広さ

一方、新型CRV/CR-Vの2列目シートを一番前にスライドした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、どのようになっているのでしょうか?

この新型モデルの2列目シートを一番前にスライドしてみた際の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)を確認してみたところ、このような感じになっていました。

■2列目を一番前にした時の3列目シートの足元空間の広さ

先ほどよりも、だいぶマシになった感じがしますよね。

この状態で足元空間の広さを計測したところ、先ほどの倍近くとなる約270mmを確保。

3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は広々という訳ではありませんが、身長175cmの私でも何とか座れるだけの足元空間の広さにはなっています。

ただ、この状態でも足元はかなり窮屈なので、この状態で1時間を超える長時間ドライブは、できたら避けたいなと感じました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の後部座席の足元空間の広さを計測したところ、このようになっていました。

この新型モデルの2列目シートは、十分快適に過ごせるだけの足元空間(ニークリアランス)の広さを確保していました。

ただ、2列目シートを一番前にスライドした状態でも、3列目シートの足元空間はかなり狭め…。

私がこの新型モデルを試乗した感じでは、今回新発売された新型CRV/CR-Vの3列目シートは、普段から使うのではなく、乗車人数が一時的に増えた時の補助シートとして使用するのが、ベストなのかなと感じました。

>>> 使いやすい!?新型CRV/CR-Vの後部座席の装備や機能を徹底チェック

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする