新型CRV/CR-Vとヴェゼルの荷室サイズ比較【どのくらい広さは違う?】

2018年8月、アメリカやヨーロッパで人気が高いホンダのプレミアムSUV新型CRV/CR-Vが、2年半ぶりに日本市場に帰ってきました。

今回新発売された新型モデルはミドルクラスSUVサイズと言う事で、弟分のヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも車内が広く、快適に過ごせる広さになっています。

>>> 新型CRV/CR-Vとヴェゼル比較【ボディサイズはどれくらい違う?】

また、新型CR-V/CRVとヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、荷室・ラゲッジスペースの広さにも違いが…。

2018年6月にデビューをした新型CR-V/CRVとヴェゼル/ベゼル(VEZEL)それぞれの荷室サイズは、どれくらいだったのでしょうか?また、どのくらい違いがあったのでしょうか?

ホンダから発売されている2つの人気SUVの荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vとヴェゼル/ベゼルの荷室をチェック

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの荷室
グレード:ガソリン車5人乗りモデル

また、このクルマの荷室・ラゲッジスペースの左右には、後部座席の収納レバーが備わっており、レバー操作だけで、簡単に後部座席を収納する事ができます。

そして、実際にこの新型モデルの後部座席を収納してみると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vの後部座席を収納した時の荷室

後部座席の背もたれ部分での段差もほとんどなくフルフラットになるので、また、当然荷室サイズも広いので、使い勝手はかなり良いように感じました。

一方、こちらは弟分となるヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースです。

■新型ヴェゼル/ベゼルの荷室
グレード:ハイブリッドRS

ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)もコンパクトサイズのSUVとしては、十分すぎる程の広さを備えています。

また、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースも、このように十分な広さを備えています。

■後部座席を収納時のヴェゼル/ベゼルの荷室

また、新型CRV/CR-Vと同様にヴェゼル/ベゼル(VEZEL)も後部座席を収納時は、フルフラットな荷室に…。なので、車中泊をするのにも適しています。また、広い床下収納(サブトランク)を備えているのも、好印象です。

ただ、新型CR-V/CRVと見比べてしまうと、奥行き、横幅、高さどれをとっても見劣りをするなと感じました。

新型CRV/CR-Vとヴェゼルの荷室サイズ比較

このようなデザインになっている新型CR-V/CRVとヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースですが、それぞれサイズは、どのようになっているのでしょうか?

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、それぞれこのようになっていました。

■ホンダ新型CRV/CR-Vのヴェゼルの荷室サイズ比較
・新型CRV/CR-Vの荷室サイズ
荷室長: 950mm ~ 1,930mm
荷室幅:1,045mm
荷室高: 850mm
・新型ヴェゼル/ベゼルの荷室サイズ

荷室長: 780mm ~ 1,700mm
荷室幅:1,000mm
荷室高: 880mm

当然のことながら、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも新型CR-V/CRVの方が荷室の奥行きや荷室幅は、広くなっています。

特に新型CR-V/CRVの荷室の奥行きは、後部座席を収納すると、身長175cmある私が横になっても荷室の扉に足が触れないくらい余裕たっぷり。このクルマは、横幅も十分に広いので、かぞくみんなで車中泊をするのにも、最適なクルマなのかなと思いました。

一方、ちょっと意外だったのは、荷室の高さです。

私は当然のことながら新型CR-V/CRVの方が広いとおもっていたのですが、なんと、30mmもヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方が広い結果に…。

■CRV/CR-Vの荷室

■ヴェゼル/ベゼルの荷室

ちょっとこの結果には、ビックリですよね。

なので、若干ではありますが、背の高い荷物を積み込むには、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方が有利な感じが…。

ワンランク上のミドルクラスSUVよりも優れた荷室高を備えているのは、ホンダのコンパクトSUVヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の良さの一つなのかもしれませんね。

ちなみに、私がにこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを見比べてみたところ、この30mmの広さは全く気になりませんでした。むしろ、荷室の奥行きが広い新型CR-V/CRVの荷室の方が、使い勝手が良いように感じました。

また、新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペースには、後部座席を収納するレバーが備わっており、簡単に後部座席を収納できる工夫が施されていたのも好印象でした。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUVの新型CR-V/CRVと、ひと回り小さいサイズのコンパクトSUVヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室サイズを比較していみたところ、このようになっていました。

やはりボディサイズが大きい新型CR-V/CRVの方が、荷室・ラゲッジスペースもひと回り大きく、収納力があるように感じました。また、荷室の奥行きも十分に広いため、車中泊をするのにもピッタリなクルマになっているように感じました。

一方、新型CR-V/CRVよりは荷室サイズは狭くなっていますが、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)もコンパクトSUVとしては、十分な広さを確保しています。ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室高さは、新型CR-V/CRVを上回っていますし…。

ただ、車中泊をするには、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の広さでは、ちょっと物足りなさを感じました。

もしこの2台のモデルを見比べる機会がありましたら、ぜひとも荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vの3つのタイプの荷室【それぞれのメリット&デメリット】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする