新型CRV/CR-Vとヴェゼル比較【ボディサイズはどれくらい違う?】

売れ行き不振の影響で日本市場から撤退をしていたホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-V。

その間に日本市場で大人気を博したのが、ホンダのコンパクトSUVのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)です。

どちらのモデルも街乗りにピッタリなアーバンスタイルのSUVと言う事で、同じような雰囲気を漂わせているこの2台のモデルですが、ボディサイズが大きい新型CR-V/CRVの方が存在感は、ありました。

今回新発売された新型CR-V/CRVとヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のそれぞれのボディサイズは、どれくらいだったのでしょうか?また、この2台のモデルのボディサイズは、どれくらい違いがあったのでしょうか?

ホンダから発売中の2台のSUVのボディサイズの違いを比較してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vとヴェゼルの外装・エクステリアは、どんなデザイン?

2018年8月に日本市場に帰ってきたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの外装

一方、こちらはホンダのコンパクトSUVヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の外装・エクステリアです。

■ヴェゼル/ベゼルの外装

切れ長デザインのヘッドライトを採用するなど、どちらも一目でホンダ車と分かる似たような顔つきに…。どちらのモデルもアーバンスタイルSUVらしく街中で映える、スタイリッシュなデザインになっておりました。

ただ、メッキ加飾をフロントグリル周りやフォグランプ周りに施している新型CR-V/CRVの方が、高級感&上質感のあるデザインに…。

また、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも新型CR-V/CRVの方が存在感があり、ボディサイズ以上に大きく見えたのも印象的でした。

新型CRV/CR-Vのヴェゼルのボディサイズ比較

このようなデザインになっている新型CR-V/CRVとヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の外装・エクステリアですが、ボディサイズは、それぞれどれくらいだったのでしょうか?

2台のモデルのボディサイズを確認してみたところ、それぞれこのようになっていました。

■新型CRV/CR-Vのボディサイズ
グレード:ハイブリッド車 EXマスターピース
全長:4,605mm
全幅:1,855mm
全高:1,680mm

■新型ヴェゼル/ベゼルのボディサイズ
グレード:ハイブリッドRS
全長:4,340mm
全幅:1,790mm
全高:1,605mm

車内に乗ってみると、サイズの違いを実感

全長、前方、全高どれをとっても、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも新型CR-V/CRVの方が大きくなっていますが、この2台のモデルに乗ってみると、ボディサイズの違いを実感します。

ボディサイズが大きい新型CR-V/CRVの方が頭上空間、足元空間ともに広く、ゆったりと座れます。

ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)もコンパクトSUVの中ではダントツの広さと快適性を備えていますが、やはり新型CR-V/CRVと比較してしまうと、雲泥の差が…。

新型CR-V/CRVの後にヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席に座ってみると、頭上空間(ヘッドクリアランス)も足元空間(ニークリアランス)ともにひと回り狭く、窮屈感や圧迫感を感じてしまいました。

また、新型CR-V/CRVの方がシートサイズが大きく、長時間座っていても疲れにくくなっていたというのも、この2台のモデルの大きな差だと感じました。

運転のしやすさにも違いが…

また、ボディサイズの大きさの違いは、運転のしやすさにもかなり影響をしています。

ただ、私がこの2台のモデルを実際に運転をしてみて、運転がしやすいと感じたのは、ボディサイズが小さいヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方です。

私が実際にこの2台のモデルで大きく違いを感じたのは、見切りの良さです。

ボディサイズが大きい新型CR-V/CRVの方は、ボンネット(フロントオーバーハング)も長く、普通の運転姿勢のままでは、ボンネットの3分の2くらいまでしか確認できません。

また、前方の見切りだけではなく、助手席側の死角の多さや車体感覚の掴みにくさも、ボディサイズが大きい新型CR-V/CRVの欠点・デメリットの一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、助手席側の死角を減らすためにサイドミラーの下に左側の前方のタイヤ付近を映し出すプリズムアンダーミラーを標準装備していますが、それだけではカバーをしきれません。

■新型CRV/CR-Vのプリズムアンダーミラー

>>> 視認性はどう?新型CRV/CR-Vのプリズムアンダーミラーの実車画像レビュー

また、今回新発売された新型CR-V/CRVは、ミドルクラスSUVの中でも全幅が広いため、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも車体感覚が掴みにくいという欠点・デメリットもあります。

私も妻も、初めて新型CR-V/CRVを試乗した際、

「運転席の着座位置が高いから遠くまで見渡せるのは良いけど、ボディサイズが大きいから、細い路地を運転する時や駐車をする時が、ちょっと怖い…」

と、言っていましたし…。

大きいクルマの運転に慣れてい無い方は、小回りが効いて、車体感覚も掴みやすいヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方が安心して運転をする事ができるのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVと弟分でもあるヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のボディサイズを比較してみると、このようになっていました。

当然のことながら、ボディサイズは、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも新型CR-V/CRVの方が圧倒的に大きくなっていました。

そのおかげもあり、車内の広さや快適性は、新型CR-V/CRVの明らかに上です。特に後部座席の居住性や快適性には、明らかな差が…。

ただ、その一方、新型CR-V/CRVには、前方に見切りや車体感覚が掴みにくいという欠点・デメリットも…。

もしこれから新型CR-V/CRVの試乗に行かれる方は、運転のしやすさや小回り性能などもしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vに標準で備わっている嬉しい装備&機能とは?【競合車との違い】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする