ホンダ新型CRV/CR-Vって乗り降りしやすい?【乗降性インプレ】

2年半のブランクを経て、大きく進化を遂げたホンダのプレミアムSUV新型CR-V/CRVが、2018年8月に日本市場に帰ってきました。

今回新発売された新型モデルは、ミドルクラスSUVの中でも特にボディサイズが大きくなっています。また、運転席も着座位置も高く、上から見下ろすような視点で運転をする事ができます。

>>> 新型CRV/CR-Vとヴェゼル比較【ボディサイズはどれくらい違う?】

このように大きなクルマになると気になるのは、乗り降りのしやすさ(乗降性)ですよね。

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVの乗り降りのしやすさ(乗降性)は、どのようになっていたのでしょうか?また、私がこの新型モデルを試乗して、乗降性で気になった部分は、あるのでしょか?

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vの乗降性レビュー【フロントシートの乗り降りのしやすさを確認】

2018年8月にデビューをしたホンダのプレミアムSUV新型CR-V/CRVの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの外装・エクステリア

また、この新型モデルのフロントドアのドアを開けてみると、このような感じになります。

■フロントシートのドア開口部

ドア開口部は、かなり広くなっていますよね。

なので、恰幅(かっぷく)が良い成人男性が乗り降りする際でも窮屈感を感じずに、スムーズに乗り降りをする事ができる広さを確保しているのは、サイズが大きいミドルクラスSUVの良い部分だなと思いました。

新型CRV/CR-Vには、乗り降りがしやすい工夫が…

このようにドア開口部が広くなっている新型CR-V/CRVですが、乗り降りがしやすいように工夫が施されいました。

その工夫とは、ドア開口部のステップ部分(サイドシル部分)を内側にずらしていたことです。

試乗をした際に同行をしてくれたディーラーさんに教えて貰ったのですが、今回デビューをした新型CR-V/CRVは、先代モデルよりも約35mmほど、ドア開口部のステップ部分(サイドシル部分)を内側にずらしたようです。

それにより、クルマから降りる際、体を外に向けて、足を出す際、サイドシル部分が邪魔にならない設計にして、乗降性を高めたようですよ。

実際に新型CRV/CR-Vで乗り降りをしてみると…

そんな新型CR-V/CRVのフロントシートの乗り降りのしやすさを確認してみたところ、この新型モデルに施された工夫のおかげもあり、思ったよりも乗降性は良いです。

クルマから降りる際、体を外側に向けて足を伸ばすと、サイドシルが邪魔する事なく、自然にクルマから下車できます。足の導線上にサイドシルがこないのは、とても良いと思いました。

ただ、ちょっと気になったのは、フロアやシートの着座位置の高さです。

今回新発売された新型モデルは、ミドルクラスSUVの中でもフロアやシートの着座位置が高いため、”乗る”と言うよりも”登る”と言う感覚が強いです。

また、降りる際も、足の運びがスムーズになったとは言え、シートの着座位置が高いため、身長175cmある私が座った状態で体を外に向けても、脚は地面につきません。

なので、シートからジャンプをして飛び降りるという感じが強いです。

身長175cmある私でもこのような感覚を受けるので、小柄な女性や子供の場合は、乗り降りがしにくいと感じる可能性があるのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vの乗降性レビュー【後部座席の乗り降りのしやすさを確認】

一方、こちらは、新型CR-V/CRVの後部座席のドアを開けた時の様子です。

■新型CRV/CR-Vの後部座席のドア開口部の広さ

ミ新型ステップワゴン(STEPWGN)や新型オデッセイ(ODYSSEY)など、スライドドアを備えているミニバンのドア開口部よりは狭くなっていますが、ミドルクラスSUVとしては、十分な広さに…。

また、今回新発売された新型モデルは、後部座席の乗降性を高めるために、ドア開口部の横幅を100mmほど拡大したそうです。

フロントシートと同様にフロア位置やシートの着座位置が高いため、足を高く上げる必要はあります。ただ、後部座席用のドア開口部を広くしたおかげで、ミドルクラスSUVの中では、比較的乗り降りがしやすいように感じました。

3列目シートへの乗り降りは注意が必要

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのガソリン車には新たに3列シート7人乗り仕様が用意されているのですが、乗り降りをする際には、ちょっと注意が必要な感じが…。

7人乗り仕様の場合、2列目を小さく折り畳んで、3列目シートへアクセスする必要があるのですが、3列目シートへの通り道は、ちょっと窮屈な感じが…。体を小さくかがめないと入る事ができません。

■3列目シートへの通り道

また、先ほどからお話している通り、乗りこむ際、足を高く上げないといけないのも気になります。

体が小さな子供ならスムーズに乗り降り&3列目シートへアクセスできると思いますが、大人の方が3列目シートへ行く際には、ちょっと注意が必要なのかなと思いました。

また、3列目シートの乗車は子供に任せて、大人(特に年配の方)は、2列目シートに乗った方が良いのかなと思いました。

ちなみに、3列目シートへのアクセスする際の2列目シートの収納も意外と面倒なので、注意をしてくださいね。

>>> 2列目シートの収納方法って面倒?実際に試してみた【新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様】

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの乗降性・乗り降りのしやすさは、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルは、ドア開口部のステップ部分を内側にずらすなど、乗り降りがしやすい工夫を施しているのは好印象でした。

ただ、シートの位置やフロアの位置が高いため、乗りこむ際に足を高く上げる必要があります。また、降りる際は、ジャンプをして飛び降りるような感覚が…。

なので、小さいお子さんや足腰に不安がある年配の方が乗車をするクルマとしては、ちょっと不向きなのかなと感じました。

>>> 新型CRV/CR-Vの3つのタイプの荷室【それぞれのメリット&デメリット】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする