操作性は良い?新型CRV/CR-Vのクルーズコントロールの使い勝手を徹底レビュー

2018年8月、世界中でヒットをしているホンダのグローバル車新型CRV/CR-Vが、2年半ぶりに日本市場に帰ってきました。

大幅に進化を遂げて日本市場に復活をしたこの新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車問わず全グレード共通でクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)が標準装備されています。

そんな新型CR-V/CRVに用意されているクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)の操作性・使い勝手は、どうだったのでしょうか?また、自動的に停車までしてくれるのでしょうか?

設定速度や自動停車機能など、ホンダの人気ミドルクラスSUVのクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)の性能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのクルーズコントロールの性能を徹底解剖

ホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVに用意されているクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)とは、アクセルやブレーキ操作をしなくても設定した速度で走行してくれる機能の事です。

最近は、軽自動車などにも設定されているクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)ですが、この新型モデルでは、作動設定もとても簡単で、次の2ステップで完了します。

■新型CRV/CR-Vのクルーズコントロールの設定方法

・STEP1:システムの作動

ハンドル・ステアリングホイールの右側に用意されている”MAIN(メイン)”スイッチを押して、システムを駆動させる

すると、メーター内にグリーンの”ACCマーク”が点灯して、クルーズコントロールがスタンバイ状態になります。

・STEP2:クルーズコントロールの作動開始

ブレーキペダルを操作していない時に、ハンドルの右側にあるステアリングスイッチの十字キーの”-/SET”スイッチを押すと、現在の車速が設定車速となり、クルーズコントロールが開始される

たったこの2つの操作だけで、クルーズコントロール(オートクルーズコントロール)を開始する事が可能です。

とっても簡単だと思いませんか?

機械操作が苦手な私の妻でも、試乗中に、一度説明を受けただけで、クルーズコントロール(オートクルーズコントロール)を使いこなす事ができたので、誰でも簡単に使いこなす事ができるのかなと思いました。

ちなみに、クルーズコントール作動後、十字キーの”-/SET”と”RES/+”で車速を設定する事ができますよ。

新型CRV/CR-Vのクルーズコントロールは自動的に停車してくれる?

そんな新型CR-V/CRVのクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)で私が気になっていたのは、自動的に停車をしてくれるかどうかと言う事です。

そこで、試乗に同行をしてくれたディーラーさんに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのクルーズコントロールの対応範囲を確認してみたところ、なんと、時速0km/hまで対応しているとの事でした。

個人的には、これはかなりのビッグニュース!

実は、この新型モデルの弟分でもあるヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に搭載されていたクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)は、自動的に停車をしてくれなかったんですよね。

なので、先行車が停車していたら、自分でブレーキを踏んで停車操作をしなければいけませんでした。なので、クルーズコントロール(オートクルーズコントロール)を使用している最中も、気を抜くことはできませんでした。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、前のクルマが停車をしていたら、自分のクルマも自動的に停車してくれる事に…。

渋滞中の高速道路を運転している時など、この新型モデルのクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)に搭載されているの自動停止機能は、とても重宝するのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vのクルーズコントロールの自動停車機能の乗り心地はどうだった?

このように今回新発売された新型CR-V/CRVのクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)は、自動的に停車する機能まで搭載されていましたが、実際に減速から停車するまでの乗り心地は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルを試乗した際、ディーラーさんに許可をとって、この新型CR-V/CRVのクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)の停車機能の精度を確認してみました。

私がこの新型モデルを試乗した際、4段階ある車間距離の設定を一番長めに設定してた状態で、時速30km/hから減速&停車を試してみたのですが、予想以上の出来に…。

しっかりと前方との車間距離が取られていた事も大きいと思いますが、急ブレーキやカックンブレーキのような感覚もなく、まるで運転上手の人がブレーキ操作をしているかのようにス~~と滑らかに減速から停車まで行ってくれます。

なので、初めてクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)の停車を体験したにも関わらず、予想以上のも安心感がありました。また、小さいお子さんが寝ている時でも、安心して使えるのかなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVに標準装備されているクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)の性能を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルに用意されているクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)は、ステアリングスイッチで簡単に作動させることができるのが、とても良かったです。

また、この新型モデルのクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)は、自動的に停車までしてくれるのですが、この停車感覚がとても自然なのも好印象でした。

今回新発売された新型CR-V/CRVに用意されているクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)の性能は、競合車・ライバル車と比較しても、決し引けを取っていないと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、注目の機能&装備の一つでもあるクルーズコントロール(オートクルーズコントロール)の使い勝手や操作性も確認してみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vの自動ブレーキの性能チェック【歩行者や自転車は検知可能?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする