新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の荷室の欠点【使い勝手は他のモデルよりも劣る!?】

ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、ハイブリッド車とガソリン車の7人乗り使用を引っ下げて、日本市場に帰ってきました。

先日、今回新発売された新型モデルの7人乗り仕様を試乗させてもらったのですが、補助シート的な役割になっている3列目シートは他のシートと比較して、座り心地が劣る感じが…。

>>> やっぱりイマイチ!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの座り心地レビュー

また、この新型モデルの7人乗り仕様は、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手や広さも気になりました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインだったのか?また、この7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットは、何だったのか?

ホンダのミドルクラスSUVの7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vの荷室はどんなデザイン?

ホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型モデルの7人乗り仕様の荷室

また、この新型モデルの3列目シートや2列目シートを収納してみると、こよのうな感じに…。

■3列目シートを収納した時の7人乗り仕様の荷室

■3列目&2列目シートを収納した時の7人乗り使用の荷室

今回新発売された新型CRV/CR-Vの3列目シートを収納すると、荷室・ラゲッジスペースは、だいぶ広くなりますよね。

3列目シートを収納すれば、荷室・ラゲッジスペースの広さで困る事は無いのかなと感じました。

また、今回新発売された新型モデルの2列目シートは前後に移動できるスライド機能が用意されているため、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くする事も可能です。

2列目シートを前方にスライドすると隙間ができるので荷物を置く際は注意が必要ですが、奥行きの広さを調節できるのは、この7人乗り仕様の荷室・ラゲッジルームの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペースの欠点

このようなデザインになっていた新型CR-V/CRVの7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースですが、欠点&デメリットも…。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジルームの欠点を包み隠さずお話します。

欠点1:3列目シート使用時の荷室の奥行き

今回新発売された新型CR-V/CRVの7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースを確認して気になったのは、やはり3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースの広さです。

3列目シートを収納すると、ハイブリッド車やガソリン車の5人乗り仕様に匹敵する荷室・ラゲッジスペースの広さになりますが、3列目シート使用時は、ご覧の通り、奥行きはかなり狭くなってしまいます。

■3列目シート使用時の荷室

かなり狭いですよね。

また、この新型モデルの3列目シートはスライド機能が用意されていないので、荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さを調整する事はできません。

ちなみに、この時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さを確認してみたところ、なんたった355mm程度…。近所のスーパーマーケットで購入した買い物袋を置けるくらいの広さしかありません。

また、ご覧の通り、3列シートを使用した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは狭いので、3列目シートを使用しての旅行などはもってのほかです。

このように3列目シートを使用すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きにかなり制限ができてしまうのは、新型CR-V/CRVの7人乗り3列シート仕様の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

欠点2:荷室・ラゲッジスペースのフロア

また、荷室・ラゲッジスペースのフロアも、新型CR-V/CRVの7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットの一つです。

先ほども紹介した通り、今回新発売された新型モデルの3列目シートや2列目シート収納時の7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースは、フルフラットになります。

■2列目シート&3列目シート収納時の荷室

ただ、今回新発売された新型モデルの7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースは、ハイブリッド車とは異なり、3列目シートや2列目シートの境目部分がデコボコとしています。

なので、荷物を荷室・ラゲッジスペースに積んで、奥にズズ~~っと押しこもうとすると、シートの境目部分で少しつっかかってしまいます。また、2列目シートを前方にスライドしていると、荷物やアイテムが落ちる可能性もあります。

なので、小さいアイテムを積み込む際には注意が必要です。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの、7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースはフルフラットになっているのですが、シートの境目部分で少しデコボコとしているのは、少々気になるところでした。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。また、この7人乗り3列シート仕様の荷室には、このような欠点・デメリットがありました。

実際にこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを見て特に気になったのは、3列目シートを使用した時の荷室・ラゲッジスペースの広さです。

3列目シートを使用すると、荷室・ラゲッジスペースにほとんど荷物を積み込む事ができなくなってしまうので、注意してくださいね。

>>> ホンダ新型CRV/CR-Vで車中泊はできる?荷室の広さ&使い勝手をチェック

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする