ガソリン車と使い勝手が違う!?新型CRV/CR-Vの荷室の欠点&デメリット

2018年8月、ホンダのプレミアムSUV新型CRV/CR-Vの5代目モデルが、ハイブリッド車とガソリン車の7人乗り使用を引っ下げて、日本市場に帰ってきました。

今回新たなにラインナップされたハイブリッド車はガソリン車と比較して静寂性や発進時の加速力が、格段に良くなっています。

また、このクルマに搭載されているハイブリッドシステム”i-MMD”は、他のモデルのものよりも格段に進化しており、乗り心地が良くなっているのも好印象でした。

>>> 新型CRV/CR-Vのi-MMD【従来システムよりも大きく進化したところとは?】

このように大幅に進化を遂げている新型CR-V/CRVのハイブリッド車ですが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、ガソリン車よりも劣っている感じが…。

2018年8月にデビューをしたこの新型モデルのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのか?また、ガソリン車の荷室・ラゲッジルームよりも劣ると感じた部分は、どこだったのでしょうか?

ホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの広さ&使い勝手を徹底チェック

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペース

ミドルクラスUVと言う事で、荷室・ラゲッジスペースの広さは十分です。

また、このハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースには後部座席の収納するためのレバーを用意しており、簡単に後部座席を収納できるようになっています。

■後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペース

後部座席を収納した際、ほぼフルフラットになり、長尺物を積み込む時や車中泊をする際に便利な作りにもなっているのも好印象でした。

新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の荷室の欠点&デメリットとは?

このようなデザインになっている新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースですが、ガソリン車よりも使い勝手が悪いと感じる部分が…。

私が実際にこのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースを確認して気になった欠点・デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

欠点1:荷室の使い勝手

今回新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車がガソリン車よりも劣ると感じたのは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

どちらも広い荷室・ラゲッジスペースを備えているこの新型モデルですが、ガソリン車と異なりハイブリッド車では、ラゲッジボード(デッキボード)を備えていません。

なので、ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースのフロア位置は固定となっており、荷物の大きさなどによって、荷室の高さを調節する事はできません。

■ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペース

一方、ラゲッジボード(デッキボード)を備えているガソリン車は、荷物の大きさや量などによって、荷室・ラゲッジスペースの高さを調整する事が可能です。

■ガソリン車の荷室:デッキボードを上段に設置時

調整できる幅はそれ程大きくありませんが、やはりハイブリッド車と比較すると、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は良いように感じます。

また、ガソリン車のデッキボードを上段にした時には、上下2段に分けて、荷物やアイテムを収納できるのも、ハイブリッド車には無いガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つだと思いました。

欠点2:床下収納(サブトランク)

床下収納(サブトランク)の広さや使い勝手も、新型CR-V/CRVのハイブリッド車の欠点&デメリットの一つです。

ガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの下には、このように奥行きのある床下収納(サブトランク)が用意されています。

■ガソリン車の5人乗り仕様の床下収納

これだけ奥行きがあれば、洗車道具や子供のおもちゃなど色々なアイテムを収納する事ができますよね。

一方、こちらはハイブリッド車の床下収納(サブトランク)です。

■ハイブリッド車の床下収納

ガソリン車との差は、一目瞭然ですよね。

私が写真を撮った画像では何も収納されていないのですが、本来ならパンク修理キットやジャッキなどのアイテムが、この床下収納(サブトランク)に収納されます。なので、実際は、ほとんど収納スペースがありません。

このほとんど収納できない床下収納(サブトランク)も、新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの残念なところの一つなのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

奥行きなど、ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの広さは、ミドルクラスSUVとしては申し分ないです。

ただ、床下収納(サブトランク)の広さなど、ガソリン車よりも劣る部分が…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車はとても魅力的なクルマです。ガソリン車よりもハイブリッド車の方が人気が高いのも頷ける出来の良さです。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手だけを考えると、ハイブリッド車は、ガソリン車よりも劣るのかなと思いました。

>>> ホンダ新型CRV/CR-Vで車中泊はできる?荷室の広さ&使い勝手をチェック

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする