ホンダ新型CRV/CR-Vで車中泊はできる?荷室の広さ&使い勝手をチェック

約2年半、日本市場を姿を消していたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月にデビュー復活を果たしました。

そんな新型モデルの特徴&魅力の一つは、ボディサイズの大きさと居住スペースの広さです。

>>> 新型CRV/CR-Vとエクストレイルのサイズ比較【車内の広さが全然違う!?】

このように競合車・ライバル車と比較してボディサイズが大きい新型CR-V/CRVですが、車中泊をするだけの荷室・ラゲッジスペースの広さは、備えているのでしょうか?また、快適性・車中泊のしやすさは、どうだったのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUVの車中泊のしやすさ・快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

ホンダ新型CRV/CR-Vの車中泊のしやすさは?荷室の広さを徹底解剖

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVは、ハイブリッド車・ガソリン車の5人乗り仕様・7人乗り仕様3つのモデルを用意していますが、それぞれ荷室・ラゲッジスペースのデザインが異なります。

■ハイブリッド車の荷室

■ガソリン車5人乗り仕様の荷室

■ガソリン車7人乗り仕様の荷室

今回デビューをしたホンダのミドルクラスSUVの荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手は、モデルによって若干異なります。

ただ、どのモデルも後部座席を収納すると、車中泊をするのに十分な広さの荷室・ラゲッジスペースを備えていました。

■後部座席収納した時のハイブリッド車の荷室

■後部座席収納した時のガソリン車5人乗り仕様の荷室

■後部座席収納した時のガソリン車7人乗り仕様の荷室

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、どのモデルも1,900mmオーバーとなっています。なので、どのモデルを選んでも、成人男性が横になれるだけの広さを備えています。

また、どのモデルも荷室・ラゲッジスペースは、ほぼフルフラットになるのも、車中泊しやすくて良いと思いました。

新型CRV/CR-Vの3つのモデルの中でどれが一番車中泊におススメ?

このように3つのモデルを用意しているホンダのミドルクラスSUですが、どのモデルが一番車中泊をするクルマとして相応しいでしょうか?

私がこの3つもモデルを実際にみた限りでは、ガソリン車の7人乗りモデルが一番車中泊に相応しいクルマなのかなと思いました。

ガソリン車の7人乗り仕様が車中泊をするのに相応しい理由

それでは、なぜ新型CR-V/CRVのハイブリッド車やガソリン車の5人乗り仕様よりも7人乗り仕様の方が車中泊をするのに相応しいのでしょうか?

その理由の一つは、収納するスペースの多さです。

私が車中泊をする時に困る事の一つが収納スペースなのですが、この新型モデルの7人乗り仕様は、他の2つのモデルよりも収納スペースが大きく取られています。

例えば、ラゲッジボード下のスペース。

今回新発売された新型モデルのガソリン車の7人乗り仕様で車中泊をするには、ラゲッジボードを上段に設置しないといけません。そして、ラゲッジボードを上段に設置すると、ご覧の通り、ボード下に収納スペースが…。

このデッキボード下の収納スペースは、高さがあまりないので、背の高い荷物やアイテムを収納するには少し不向きですが、脱いだ靴や汚れものなどを収納するのにはピッタリです。

また、新型CR-V/CRVのガソリン車の7人乗り仕様は、2列目シートを前方にスライドできる機能を備えていますが、前方にスライドしてみると、荷室と2列目シートの間にこのようにちょっとした隙間が…。

■2列目シートを前方にスライドした時の隙間

大きいアイテムは積み込む事ができませんが、この隙間も収納スペースとして使えるような感じが…。

このようにハイブリッド車やガソリン車の5人乗り仕様よりも、車中泊をする際の収納スペースが多いのが、個人的には好印象でした。

ちなみに、ハイブリッド車やガソリン車の5人乗り仕様に採用されている後部座席(2列目シート)の収納レバーは、7人乗り仕様には用意されていません。

■後部座席の収納レバー

なので、ガソリン車の7人乗り仕様の後部座席(2列目シート)の収納作業に関しては、ハイブリッド車やガソリン車の5人乗り仕様よりも劣るのは、少々残念なところでした。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのプレミアムSUV新型CR-V/CRVで車中泊をできるかどうか確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルは3つのモデル全部モデル、車中泊をするだけの広さを備えていました。

ただ、個人的には、ガソリン車の7人乗りモデルが車中泊をするのに一番適しているのかなと思いました。

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は3つのグレードで大きく異なります。なので、購入する前にしっかりと3つのモデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の違いを確認をしてみると良いと思いますよ。

>>> 新型CRV/CR-Vの3つのタイプの荷室【それぞれのメリット&デメリット】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする