新型CRV/CR-Vのセンターコンソールは使いやすい?【実車画像レビュー】

2018年8月、販売不振で日本市場から姿を消したホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2年半ぶりに日本市場に帰ってきました。

今回新発売された新型モデルは、実用性よりもデザイン性を重要視したプレミアムSUVと言う事で、収納スペースの数は少なめになっています。

ただ、そんな新型CR-V/CRVの収納スペースの中で使い勝手の良さが際立っていたのが、運転席と助手席の間に備わっているユニークなデザインのセンターコンソールです。

今回新発売された新型モデルに用意されているセンターコンソールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このセンターコンソールの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの注目の装備の一つ”センターコンソール”を徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのセンターコンソールの使い勝手はどう?実車画像を使って徹底レビュー

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのセンターコンソールは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのセンターコンソール

ちなみに、こちらはスバルの新型フォレスター(FORESTER)のセンターコンソールです。

■新型フォレスターのセンターコンソール

センターコンソールと言えば、スバルの新型フォレスター(FORSTER)のようにボックス型のようなデザインが一般的ですよね。

しかし、今回新発売された新型CR-V/CRVのセンターコンソールは、蓋(リッド)の部分よりも内部の方が広いデザインに…。

ただ、新型フォレスター(Forester)など一般的なセンターコンソールよりも収納力に優れているため、使い勝手は良いように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのセンターコンソールには、次のような魅力&メリットもありました。

魅力1:新型CRV/CR-Vのセンターコンソールはアレンジが可能

このようにユニークなデザインをしている新型CR-V/CRVのセンターコンソールの魅力&メリットの一つが、アレンジ性能です。

今回新発売された新型モデルのセンターコンソールは、次の3つのアレンジモードを用意しており、収納するアイテムの大きさなどによって調整できるようになっていました。

モード1.大容量モード

ハンドバッグやタブレット端末など大きいアイテムを収納するのに便利なアレンジモードです。

モード2.BOXアクセスモード

スライド移動できるトレイを後方に設定した状態の時のセンターコンソールのアレンジが、”BOXアクセスモード”です。

トレイ部分とボックス内の2ヵ所に分けてアイテムを収納できる使い勝手の良いアレンジです。また、ボックス内に収納したアイテムを取り出しやすいのも魅力の一つです。

モード3.通常モード

トレイを前方に設置した状態の時のセンターコンソールのアレンジが、通常モードです。
トレイ下に収納したアイテムを取り出しにくくなってしまいますが、スマホやiPhoneを置いておくのに便利なアレンジなのかなと思いました。

このようにセンターコンソールのアレンジを変更できるのは、ちょっと珍しいですよね。
しかも、この新型CR-V/CRVに用意されているセンターコンソールボックスはサイズが大きめ。

ボックスティッシュなど置き場に困る大きなアイテムもしっかりと収納できるのが、とても良いと思いました。

魅力2:アームレストとしても使い勝手が良好

このように収納力に優れる新型CR-V/CRVのセンターコンソールボックスですが、アームレストとしても優れています。

今回新発場された新型モデルのセンターコンソールボックスはサイズが大きいため、快適です。また、リッドの部分は、このよに前後にスライドできるようになっています。

■アームレストを後ろにスライドした状態

■アームレストを前にスライドした状態

なので、自分好みの位置に調整する事が可能です。

このセンターコンソールは見た目のデザイン性だけではなく、腕を置いた時のクッション性も良いため、長時間ドライブでも快適に運転をする事ができますよ。

2018年6月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUVの新型CR-V/CRVのセンターコンソールは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルに用意されているセンターコンソールは、競合車・ライバル車のものとは一線を画したユニークなデザインになっています。ただ、使い勝手に関しては、この新型モデルのセンターコンソールの方が良いように感じました。

また、私はこの新型モデルに用意されているセンターコンソールを実際に使用してみて、大きな収納スペースが運転席近くにあるのは、非常に助かるなと感じました。

このようにセンターコンソールボックスは、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの注目のアイテムの一つです。

もしこれから、この新型モデルの試乗に行かれる方は、このセンターコンソールボックスのデザインや使い勝手をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vのエアコンを徹底解剖【後部座席でも快適に過ごせる?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする