新型CRV/CR-Vのガソリン車の内装【専用装備は何が用意されている?】

日本国内の販売終了から2年の歳月を経て、ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月に復活を果たしました。

今回新発売された新型モデルは先代モデルに設定されていたガソリン車の5人乗り仕様に加えて、ガソリン車の7人乗り仕様とハイブリッド車を新たにラインナップ。予算や使用するシチュエーションによって、モデル選びをできるようになりました。

そんな新型CR-V/CRVのガソリン車とハイブリッド車では、内装・インテリアには、違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUVに用意されているガソリン車の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ガソリン車のみの専用装備は、何が用意されていたのか?

実車画像を使って、ホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのガソリン車の内装・インテリアを確認したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのガソリン車の内装レビュー【専用装備を確認してみた】

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのガソリン車は、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのガソリン車の内装・インテリア

落ち着いた雰囲気の木目調パネルをドア内側パネルやインパネに施しているところ、電動パワーシートを採用している運転席など基本的な内装・インテリアのデザインは、ガソリン車とハイブリッド車で大きく違いはありません。

ただ、次のような装備&機能に関しては、ガソリン車専用となっておりました。

ガソリン車専用装備1.メーター

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのガソリン車の専用装備の一つは、メーターです。

■ガソリン車のメーター

ガソリン車/ハイブリッド車どちらも画面が3つに分割されたフルデジタル表式のメーターを採用してるのは、共通になっています。

ただ、このガソリン車のメーターは、メインとなる中央部分の上段にタコメーターを搭載した専用デザインに…。

■ガソリン車のタコメーター

また、中央下部に設置されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目にもガソリン車専用の画面(情報)が用意されていました。

このガソリン車専用の表示項目を用意しているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目も要注目ですよ。

>>> 表示項目は何がある?新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイ

ガソリン車専用装備2:シフトレバー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのガソリン車は、シフトレバーも専用装備となっています。

■ガソリン車のシフトレバー

ハイブリッド車のシフトレバーは先進性のあるボタン式のシフトレバーになっていたのに対し、このガソリン車では、オーソドックスなストレート式のシフトレバーとなっています。

見た目の先進性や操作ミスの少なさは、ハイブリッド車のシフトレバーに軍配があがりますが、老若男女問わず、誰でもスグに使えるのは、ガソリン車に用意されているシフトレバーのメリットなのかなと思いました。

ちなみに、下記の記事では、ハイブリッド車とガソリン車のシフトレバーのデザインや操作性の違いを詳しく紹介しています。もしシフトレバーの違いを詳しく確認したい方は、こちらの記事を確認してみてください。

>>> ホンダ新型CRV/CR-Vのシフトレバー【ハイブリッドとガソリンの違いを比較】

ガソリン車専用装備3:パドルシフト

また、疑似的にマニュアル車のようなシフトアップ/シフトダウンを楽しめるパドルシフトも新型CR-V/CRVのガソリン車ならではの装備になっています。

■ガソリン車のパドルシフト

なので、シフトチェンジを繰り返したキビキビと した運転をしたい方には、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が向いていると思いますよ。

ちなみに、ハイブリッド車でもガソリン車のようなパドルシフトが用意レバーは、ハンドルの後ろ側から生えています。

■ハイブリッド車のパドルシフト

ただ、このハイブリッド車に用意されているアイテムは、減速セレクターという名前の機能で、回生力の強さを調整するものです。なので、ハイブリッド車に備わっているレバーを操作しても、ガソリン車のようにシフトアップやシフトダウンを行えないので、ご注意を…。

ガソリン車専用装備4:ラゲッジボード

また、新型CR-V/CRVのガソリン車は、ラゲッジボードを標準装備しているのも注目ポイントの一つです。

■ガソリン車のラゲッジボード

なので、ハイブリッド車と異なり、この新型モデルのガソリン車は、荷物の大きさやアレンジによって、荷室・ラゲッジスペースの高さを調節する事が可能です。

例えば、ガソリン車の7人乗り仕様の場合、ご覧の通り、ラゲッジボードで荷室・ラゲッジスペースの高さを約155mmも変更する事が可能です。

■ガソリン車の7人乗り仕様:ラゲッジボードを上段に設置

■ガソリン車の7人乗り仕様:ラゲッジボードを下段に設置

ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースには、このように高さを調節できるラゲッジボードは用意されておりません。なので、ガソリン車のように高さを調節する事はできません。

このように荷室・ラゲッジスペースのアレンジ性に優れているのも、新型CR-V/CRVのガソリン車の魅力&メリットの一つだと思いますよ。

2018年6月にデビューをした新型CR-V/CRVのガソリン車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。また、この新型モデルのガソリン車には、次のような専用装備を用意していました。

正直に言って、内装・インテリアの先進性に関しては、ボタン式のシフトレバーを採用しているハイブリッド車の方がガソリン車よりも優れていると思います。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手などに関しては、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が優れているように感じました。

>>> 残念に感じた事とは?新型CRV/CR-Vのサンルーフの使い勝手インプレ

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする