ホンダ新型CRV/CR-Vの助手席インプレ【快適性&広さを徹底解剖】

2018年8月、販売不振から日本市場から撤退をしてたいホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVが、2年半ぶりに復活を果たしました。

今回新発売された新型モデルは機能や装備の充実度、車内の広さなど、競合車・ライバル車には無い様々な魅力が多々ありますが、助手席の快適性も魅力の一つです。

>>>  新型CRV/CR-Vに標準で備わっている嬉しい装備&機能とは?【競合車との違い】

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの助手席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの助手席のどこが良かったのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUVの助手席の快適性や広さ、魅力などを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vの助手席はどんなデザイン?

2018円8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの助手席は、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの助手席
グレード:EXマスターピース

今回私が見たモデルは、最上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”だったため、本革仕様に…。車格に相応しい高級感・上質感を備えていました。

そんな新型CR-V/CRVの魅力の一つは、シートサイズです。

この新型モデルの助手席は運転席と全く同じデザインになっているのですが、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの背もたれのサイズに…。

身長175cmある私でもゆったりと座れる広さになっているのが、とても良かったです。

また、新型CR-V/CRVの上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”では、前後のスライドと背もたれのリクライニングを電動で行える4ウェイパワーシートを標準装備しているのも好印象でした。

新型CRV/CR-Vの助手席の快適性&居住性はどうだった?

このような高級感のあるデザインになっている新型CR-V/CRVの助手席ですが、快適性・居住性は、どうだったのでしょうか?

私は妻がこの新型モデルを運転している際に助手席に座らせて貰ったのですが、助手席の快適性&居住性もかなり良好。とても快適にドライブを楽しむ事ができました。

そんな新型CR-V/CRVの助手席の良さ&魅力は何なのでしょうか?

実際にこの新型モデルの助手席に座ってみて良いと思ったところを、包み隠さず紹介したいと思います。

魅力1:足元空間の広さ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの助手席に座ってみて良いと思ったのが、足元空間(ニークリアランス)の広さです。

この新型モデルはミドルクラスSUVの中でも特に車内が広いので助手席の足元空間(ニークリアランス)が広いのは当然なのですが、思った以上に快適でした。

私がこの新型モデルの助手席で快適だと感じた理由の一つは、ダッシュボードのデザインです。

■新型CRV/CR-Vのダッシュボード

今回新発売された新型モデルでは、水平基調のスッキリとしたデザインのインパネを標準装備しているのですが、助手席側の足元にあるグローブボックスが少し奥側に引っ込んだデザインに…。

クルマによっては、グローブボックスが邪魔だなと感じるクルマもあるのですが、今回新発売された新型CR-V/CRVは、グローブボックスが全く気になりませんでした。

また、この新型モデルの助手席にスライドすると、足をピーーンと伸ばせるくらいの広さに…。

このボディサイズ以上に広く感じる助手席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、この新型モデルの魅力&メリットの一つだと思いました。

魅力2:使い勝手の良いセンターコンソール

また、使い勝手の良いセンターコンソールが助手席のすぐ近くに用意されているのも新型CR-V/CRVの魅力の一つです。

■新型CRV/CR-Vのセンターコンソール

この新型モデルのセンターコンソールには、横に2個並べて置けるドリンクホルダーが用意されています。

また、このユニークなデザインをしたこの新型モデルのセンターコンソールは、ボックス型のティッシュを収納できるくらいの収納スペースを確保。

これだけ、広ければ十分ですよね。
また、トレーにはスマホやiPhone、ポーチなども置いておくことができます。

なので、とっても快適です。

手が届く範囲にこれだけ広い収納スペースが用意されているのは、競合車・ライバル車には無いこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

>>> 新型CRV/CR-Vのセンターコンソールは使いやすい?【実車画像レビュー】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの助手席は、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルは、シートサイズが大きく、ゆったりと座れる快適な座り心地に…。また、足元空間(ニークリアランス)も広く、また、左右間の距離も十分で、ゆっくりとプライベート空間を楽しめるようになっていたのが好印象でした。

ワンランク下のコンパクトサイズのSUVヴェゼル/ベゼル(VEZEL)も良いですが、この車内の広さや居住空間の広さは、新型CR-V/CRVならではの魅力の一つなのかなと、試乗をしていて感じました。

>>> ホンダ新型CRV/CR-Vって乗り降りしやすい?【乗降性インプレ】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする