新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様のラゲッジボード【サイズ&使い勝手を徹底解剖】

2018年8月、ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vがガソリン車の7人乗り仕様とハイブリッド車を引っ下げて、日本市場に帰ってきました。

今回新たにラインナップされたガソリン車の7人乗り仕様は、オーソドックスな5人乗り仕様と全く異なるシートアレンジを用意しています。また、荷室・ラゲッジスペースのアレンジや使い勝手も大きく異なりました。

>>> 新型CRV/CR-Vの3つのタイプの荷室【それぞれのメリット&デメリット】

そんな新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様の大きな違いの一つが、荷室・ラゲッジスペースの高さを変えるラゲッジボードです。

今回新発売されたこの新型モデルの7人乗り仕様に用意されているラゲッジボードは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、使い勝手や耐久性は、どうだったのでしょうか?

ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様に用意されているラゲッジボードのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様のラゲッジボードのサイズ&耐久性は?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様に備わっているラゲッジボードは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様のラゲッジボード

今回新発売された新型モデルのラゲッジボードのサイズは、3列目シート使用時の荷室・ラゲッジのと同等の奥行き約355mm、横幅約1350mmを確保。

また、ボードは厚みがしっかりとあるので、重たいに荷物をラゲッジボードの上に置いてもビクともしない安心感がありました。

高さを調整できる新型CRV/CR-Vのラゲッジボードの使い勝手はどうだった?

このようなデザイン&サイズになっている新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様のラゲッジボードですが、このボードの一番の魅力は、荷室・ラゲッジスペースの高さを2段回から調節できる事です。

そんなガソリン車の7人乗り仕様に標準装備されているラゲッジボードの使い勝手は、どうなのでしょうか?

実車画像を使って、確認してみる事にしましょう。

ラゲッジボードを下段に設定した時の荷室・ラゲッジスペース

こちらが、新型CRV/CR-Vのラゲッジボードを下段に調整した時の荷室・ラゲッジスペースです。

■ラゲッジボードを下段に調整した時に荷室

ラゲッジボードを下段に調節に設置すると、荷室フロアは開口部の掃き出し口と同じくらいに高さに…。

3列目シートを収納する際、段差ができてしまうのが欠点・デメリットですが、背の高い荷物を積み込む際には、便利だと思いました。

ラゲッジボードを上段に設置した時の荷室・ラゲッジスペース

一方、こちらがラゲッジボードを上段に設置した時のガソリン車の7人乗り仕様の新型CRV/CR-V荷室・ラゲッジスペースです。

■ラゲッジボードを上段に設置した時の荷室

ラゲッジボードを上段に設置すると、荷室開口部部よりも高くなってしまいますが、3列目シートを収納した時は、このようにフルフラットに…。

■3列目シートを収納した時の荷室

また、ラゲッジボードを上段に設置すると、ボード下にちょっとした隙間が生じてしまうのですが、この空間も収納スペースとして使用する事ができるので、意外と使い勝手は良いのかんたお思いました。

ラゲッジボードの調整幅はどれくらい?

このように上下2段に設置する事ができる新型CRV/CR-Vのラゲッジボードですが、ラゲッジボードを上に設置した時と下に設置した時では、どのくらい高さが変わるのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、ラゲッジボードの高さの調整幅を確認してみたところ、約155mmとなっておりました。

意外と調整幅は大きいですよね。

ラゲッジボードは頑丈にできているため意外と重たいため、高さを調整するのが大変なのですが、荷室アレンジや積み込む荷物の大きさや量によって、高さを調整できるのは、とても良いと思いました。

2018年6月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様のラゲッジボードのサイズや使い勝手は、このようになっていました。

このラゲッジボードのおかげで、3列目シートを収納時にフルフラットにすることができる事もあり、意外と使い勝手が良い感じが…。

ラゲッジボードのおかげで床下収納(サブトランク)の開け閉めがしにくいと言う欠点・デメリットはありますが、個人的にはとても使い勝手の良いアイテムだなと思いました。

ちなみに、個人的には、ラゲッジボードを上段に設置&3列目シートを収納した状態にしておくのが一番使い勝手が良いのかなと思いました。

今回新発売されたこのガソリン車の7人乗り仕様は、ラゲッジボードの位置によって、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が大きく異なります。

もし、これからこの新型モデルの試乗に行く際は、ラゲッジボードや荷室・ラゲッジスペースの使い勝手をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 3つのモデルで異なる!?新型CRV/CR-Vの床下収納の広さ&使い勝手を実車画像で比較

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする