使用して気になった不満とは?新型エクリプスクロスの荷室の欠点&デメリット

道の状態を選ばない走破性の良さが魅力の三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの魅力&メリットの一つは、荷室・ラゲッジスペースの広さです。

この新型モデルはクーペスタイルになっているため、荷室・ラゲッジスペースは狭いと思いきや、予想以上の広さに…。競合車・ライバル車よりも荷室容量は大きく、コンパクトSUVカテゴリーの中でトップクラスの使い勝手の良さを備えているように感じました。

>>> ラゲッジは本当に広い!?新型エクリプスクロスの荷室容量レビュー

このようにコンパクトSUVの中でも特に広い荷室・ラゲッジスペースを備えている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、実際に使用してみると、気になる部分も…。

今回新発売された新型SUVの荷室・ラゲッジスペースで気になった事は、何だったのか?
包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクリプスクロスの荷室の欠点・デメリットとは?

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUVの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室・ラゲッジスペース

今回新発売された新型モデルは、コンパクトカーの中では珍しく後部座席のスライド機能を標準装備。荷物の量や大きさによって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整できるのは、とても良いと思いました。

■後部座席を後方にスライドした時に荷室の広さ

■後部座席を前方にスライドした時に荷室の広さ

>>> 新型エクリプスクロスの荷室の奥行きの広さ【後部座席の位置でどれくらい変わる?】

このように使い勝手が良いデザインになっている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースですが、実際に使用してみると、気になる部分もありました。

新型エクリプスクロスの荷室の欠点1:ラゲッジに生じる隙間

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースを確認してみて、残念に思った事の一つが、後部座席を前方にスライドした時に生じる隙間(ギャップ)です。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースには、後部座席と連動してスライドする可動式のボードを用意していません。なので、後部座席を一番前にスライドすると、このように大きな隙間ができてしまいます。


このように大きな隙間が生じてしまうので、小さいアイテムはこの隙間に落ちてしまう可能性も…。

後部座席を前後にスライドして荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調節できる機能はとても良いのですが、個人的には、このような大きな隙間が生じないような荷室フロアにして貰いたかったです。

新型エクリプスクロスの荷室の欠点2:後部座席のスライド方法

また、後部座席のスライドの方法も新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の欠点・デメリットの一つです。

後部座席を前後にスライドできるクルマの多くは、荷室側からでも操作できるように、スライドレバーを後部座席の背もたれの肩口に用意しています。

しかし、今回三菱から新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のスライド用レバーは、後部座席の足元に設置されています。なので、荷室側から後部座席の操作をする事はできません。

個人的には、荷室・ラゲッジスペース側からでも後部座席のスライド操作をできるように後部座席のスライドレバーの位置を工夫してもらいたかったです。

ちなみに、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席の背もたれを収納するレバーは、後部座席の肩口に用意されています。後部座席の背もたれの収納操作は、荷室側から操作できるようになっていたのは、好印象でした。

2018年3月に三菱からデビューをしたスタイリッシュSVUの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

後部座席をスライドして、荷室・ラゲッジスペースの広さを調整できる機能は、とても良いと思います。ただ、後部座席をスライドすると、大きな溝が生じてしまうなど、欠点・デメリットも…。

ここら辺の欠点・デメリットを解消したら、今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、さらに良くなるのかなと思いました。

>>> 新型エクリプスクロスの注目のオプション【ラゲッジトレイの実車画像レビュー】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする