新型エクリプスクロスとC-HR/CHRの荷室比較【広くて使い勝手が良いのはどっち?】

2018年3月、街乗りにもオフロードにもピッタリなコンパクトSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、三菱からデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの競合車・ライバル車の一つが、現在のところ、コンパクトSUV市場でトップを独走しているトヨタのC-HR/CHRです。

どちらのモデルも街乗りにピッタリなスタイリッシュなデザインになっているのが魅力の一つですが、荷室・ラゲッジスペースの広さ、使い勝手に違いが…。

三菱の新型SUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)とその競合車でもあるトヨタのC-HR/CHRの荷室・ラゲッジスペースは、それぞれどのようなデザインになっているのでしょうか?また、どちらの荷室・ラゲッジルームの方が使い勝手が良かったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)と競合車の一つでもあるC-HR/CHRの荷室・ラゲッジルームの広さや使い勝手の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクリプスクロスとC-HR/CHRの荷室はどっちが広い?使い勝手を比較

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室・ラゲッジスペース

一方、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのC-HR/CHRの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■トヨタC-HR/CHRの荷室・ラゲッジスペース

やはり荷室・ラゲッジスペースの広さが異なりますね。

実際にこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを見比べてみたところ、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースの方が格段に使い勝手は良いように感じました。

新型エクリプスクロスの荷室のメリット1:広さ&容量

今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)と競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのC-HR/CHRの荷室・ラゲッジスペースの大きな違いの一つは、広さです。

見た目からして大きく異なるこの2台のモデルの荷室ですが、実際にラゲッジの寸法を確認してみると、こんな違います。

■新型エクリプスクロスとC-HRの荷室サイズ比較
・三菱 新型エクリプスクロス
荷室長:約 760mm ~ 約1,690mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約 730mm
・トヨタ C-HR/CHR
荷室長:約 770mm ~ 約1,660mm
荷室幅:約 950mm
荷室高:約 675mm
※荷室幅は最小部分で計測

荷室・ラゲッジスペースの奥行き、横幅、高さすべてに関して、C-HR/CHRよりも新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の方が広くなっています。また荷室・ラゲッジスペースの容量に関しても、大きな違いが…。

■新型エクリプスクロスとC-HR/CHRの荷室容量を比較
・三菱 新型エクリプスクロスの荷室容量…341リットル~448リットル
・トヨタ C-HR/CHRの荷室容量…318リットル

荷室容量で比較してみても、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)とC-HR/CHRでは、大きなが差がありますよね。

荷室・ラゲッジスペースにたくさん荷物を積みこんでアウトドアレジャーに行きたいと考えている方は、荷室・ラゲッジスペースの広さに余裕がある新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の方が良いように感じました。

新型エクリプスクロスの荷室のメリット2:使い勝手の良さ

また、三菱からデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さです。

例えば、この新型モデルの後部座席は前後に200mmスライドできる機能を備えており、荷物の量や大きさに応じて、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事ができます。

■新型エクリプスクロスの後部座席を前方にスライドした時の荷室

■新型エクリプスクロスの後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室

一方、トヨタのC-HR/CHRの荷室・ラゲッジスペースには、このような機能は用意されていません。

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のテールゲートに用意されているグリップは、ただ凹んでいるだけではなく、握りやすい形状になっているのも好印象でした。

この使い勝手の良さもこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”と競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのC-HR/CHRの荷室・ラゲッジスペースを比較してみたところ、このようになっていました。

どちらのモデルもクーペスタイルのSUVですが、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手には、大きな差が…。

個人的には、サイズが広く、また、後部座席のスライド機能を備えている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペース方が、便利なように感じました。また、この新型モデルは、広い床下収納(サブトランク)を備えているのも好印象でした。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする