新型エクリプスクロスの注目のオプション【ラゲッジトレイの実車画像レビュー】

2018年3月、押し出し感のあるフロントマスクが特徴の三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)がデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、新開発された1.5リットルターボエンジンや路面を選ばずに安定した走りを実現する”S-AWC”などオフロード/オンロード選ばない走りの良さが注目を集めていますが、SUVとしての使い勝手の良さも魅力の一つです。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)を確認していて良いと思った事の一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

今回新発売された新型モデルでは、競合車・ライバル車よりも広い荷室・ラゲッジスペースを確保。コンパクトSUVの中ではトップクラスの荷室サイズ&容量になっていました。

>>> ラゲッジは本当に広い!?新型エクリプスクロスの荷室容量レビュー

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)では、荷室の使い勝手をさらに良くするオプション”ラゲッジトレイ”を用意。

先日、このラゲッジトレイの使い勝手を確認する事ができたのですが、キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーに頻繁に行く人にとっては、重宝する装備なのかなと思いました。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)にオプションで用意されているラゲッジトレイは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、魅力&メリットは、何なのでしょうか?

先日、この新型SUVに装着できるラゲッジトレイの使い勝手を確認してきたので、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクリプスクロスのラゲッジトレイの実車画像レビュー

今回新発売された三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室・ラゲッジスペース

今回新発売されたこの新型モデルは、後部座席のスライド機能を搭載しており、荷物の量や大きさに応じて、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事が可能です。

■新型エクリプスクロスの後部座席をスライドした時の様子

>>> 新型エクリプスクロスの荷室の奥行きの広さ【後部座席の位置でどれくらい変わる?】

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は、6対4分割方式を採用しており、大きい荷物を積みこむ時は、後部座席を収納して広い荷室・ラゲッジスペースを作り出す事も可能です。

■後部座席を収納した時の新型エクリプスクロスの荷室

このように使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、欠点・デメリットも…。

それは、荷室・ラゲッジスペースのフロアがカーペット状になっており、汚れた荷物やアイテムを積みこむのに適していないと言う事です。

そんな欠点・デメリットを補ってくれるのが、ディーラーオプション設定になっているラゲッジトレイです。

■新型エクリプスクロスのラゲッジトレイ

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)にディーラーオプションとして用意されている”ラゲッジトレイ”は、このように特性の樹脂素材でできています。なので、濡れた荷物や汚れた荷物を気兼ねなくポンポンと積みこむ事が可能です。

また、この樹脂製のラゲッジトレイは簡単に取り外しする事ができるので、汚れた時にカンタンに掃除や水洗いができるのも魅力&メリットの一つなのかなと思いました…。

ちなみに、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されているラゲッジトレイは折り畳みできないので、場所をとりますが、意外と軽いので、女性のチカラでも簡単に取り外しする事が可能ですよ。

新型エクリプスクロスのラゲッジトレイの良いところは…

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に装着できるラゲッジトレイと使ってみて良いと思った事の一つが、縁の部分です。

この新型モデルに用意されているラゲッジトレイは、縁の部分が約60mm程の高さに…。

なので、後部座席のシートバックや荷室・ラゲッジスペースの壁面が水や泥で汚れるのを防いでくれます。

このような細かな心配りは、この新型モデルのラゲッジトレイの良いところの一つなのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースを確認したところ、このようになっていました。

また、ディーラーオプションで用意されているラゲッジトレイのデザインや使い勝手を確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されている荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車の一つでもある新型エクストレイルのように汚れても良いような素材で出来ていないのが、欠点・デメリットの一つでした。

しかし、ディーラーオプションで用意されているラゲッジトレイを使用すると、この欠点・デメリットがだいぶ解消されるのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんに確認したところ、この新型モデルに用意されているラゲッジトレイの売れ行きは、ボチボチくらいだそうです。ただ、アウトドアレジャーに行く方や小さいお子さんがいるファミリーを中心に売れているそうですよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする