新型エクリプスクロスの荷室の奥行きの広さ【後部座席の位置でどれくらい変わる?】

2018年3月、新開発の1.5リットルターボエンジンを搭載したスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、三菱からデビューをしました。

そんな新型モデルの魅力の一つは、広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースです。

今回新発売された新型モデルの後部座席はスライド機能を備えており、荷物の大きさや量などによって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くできるようになっているのは、とても良いと思いました。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースですが、奥行きは、どれくらいなのでしょうか?また、後部座席のスライド位置によって、どれくらい奥行きは変化するのでしょうか?

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さと使い勝手を確認してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクリプスクロスの荷室の奥行きの広さは、どれくらい?実車画像でチェック!

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室・ラゲッジスペース

荷室開口部は若干高いものの、開口部も広く、荷物の出し入れがしやすいデザインに…。
そして、今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さや奥行きを確認してみると、このような感じに…。

こちらが、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席を一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きです。

■新型エクリプスクロスの荷室の奥行き
後部座席の位置:一番後ろにスライド

一方、この新型モデルの後部座席を一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、このようになりました。

■新型エクリプスクロスの荷室の奥行き
後部座席の位置:一番前にスライド

後部座席を一番後ろにスライドした状態でも十分な広さを備えている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースですが、後部座席を一番前にスライドすると、荷室・ラゲッジスペースがさらに広くなりますね。

ちなみに、後部座席を前後にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型エクリプスクロスの奥行きの違い
後部座席を一番後ろにスライドした時…約790mm
後部座席を一番前にスライドした時……約990mm

今回新発売された新型モデルの後部座席を前にスライドすると、なんと奥行きが約200mmも拡大。キャンプやバーベキューなど、荷物をラゲッジスペースにたくさん積みこむ時には、重宝するのかなと思いました。

また、この新型モデルの後部座席を少し前にスライドすると、ゴルフバッグをたくさん積む事もできるようですよ。

>>> ゴルフバッグはいくつ収納できる?新型エクリプスクロスの荷室の使い勝手を確認

後部座席を一番前にスライドした時の荷室にはデメリットが…

このように後部座席を一番前にスライドすると広い荷室・ラゲッジスペースを作り出す事ができる新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、欠点・デメリットも…。

それは、後部座席と荷室・ラゲッジスペースの間に隙間ができてしまう事です。

実際にこの新型モデルの後部座席と荷室の間にできてしまう隙間を確認してみると、このような感じに…。

意外と隙間が大きいですよね。

なので、新型エクリプスクロス(Eclipse cross)の場合、後部座席を前方にスライドすると、収納した荷物がこの隙間に落ちてしまう可能性が…。

通常、後部座席をスライドできるクルマは、後部座席を移動した時にこのような隙間ができないように荷室フロアを工夫してくれています。

ちなみに、こちらは、スズキから発売されているコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースです。

■スズキ 新型クロスビーの荷室・ラゲッジルーム

ご覧いただければ分かると思いますが、新型クロスビーでは、背もたれと連動して荷室フロアが可動して、荷室・ラゲッジスペースとの間に大きな隙間ができないようになっています。

今回、三菱からデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースには、他の車種のように後部座席をスライドした時に隙間ができないような工夫が施されていなかったのは、少々残念でした。

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースの奥行きを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルは、後部座席を一番後ろにスライドした状態でも十分に満足できる広さを確保しているのは、とても良いと思いました。また、この新型モデルの後部座席のスライド幅は広く、荷室・ラゲッジスペースの奥行きの調整幅が広くなっているのも好印象でした。

ただ、その一方、このように後部座席を前方にスライドした時には、後部座席と荷室・ラゲッジスペースの間に大きな隙間ができてしまうという欠点・デメリットもあります。

この欠点・デメリットは少し気になりました。

また、足元空間を調整できるこの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席の座り心地も少々気になるところでした。

>>> 試乗して気になった事とは?新型エクリプスクロスの後部座席インプレ

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする