新型ヴィッツ ハイブリッドの人気グレードは?【その理由も紹介】

2017年1月にネッツトヨタのフラッグシップモデルヴィッツ(Vitz)
マイナーチェンジをしましたね。

外装や内装のデザインもテコ入れをした今回のマイナーチェンジですが、
一番の注目ポイントは、1.5リットルエンジン+モーターを組み合わせた
ハイブリッド車を追加販売した事ですよね。

今回新発売された新型ヴィッツ ハイブリッドは、4つのグレードを
ラインナップしていますが、どのグレードの人気が一番高いのでしょうか?

先日、いつもお世話になっているディーラーさんに確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ヴィッツ ハイブリッドの人気グレードは何?

2017年1月に新発売された新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の
人気グレードをディーラーさんに聞いてみたところ、一番人気は
スタンダードなモデル”Fグレード”になっているようです。

ちなみに、ガソリン車でもハイブリッド車と同様にFグレードが
一番人気になっているようです。

そして、Fグレードに続いて人気が高いのは、差はそれほど無いようですが、
最上位モデルのUグレードになっているようです。

やはり新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)もFグレードとUグレードの
人気が高いんですね。ディーラーさんもハイブリッド車のお求めになる方の
ほとんどがこの2台のモデルと言っていました。

ちなみに、専用デザインを装備したUグレードのスポーティーパッケージと
ジュエラ(Jewela)の売れ行きは、ほとんど同じようです。

そんな新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)のFグレードの人気が
高い理由をディーラーさんに来てきたので、紹介したいと思います。

Fグレードが人気の理由1:コストパフォーマンスの良さ

新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)のFグレードの人気が
高い理由の一つが、コストパフォーマンスの良さ。

今回新発売されたこの新型ハイブリッド車のFグレードと
最上位モデルのUグレードの車体本体価格は、このようになっています。

■ヴィッツHVのUグレードとFグレードの車体本体価格
Fグレード:1,819,800円
Uグレード:2,087,640円

UグレードとFグレードの価格差は、約26万円。
Uグレードの方が内装・インテリアが豪華とはいえ、ちょっと価格差は大きいですよね。

また、Uグレードの車体本体価格にオプション代や諸経費を含めた
乗り出し価格は約230万円~240万円くらいになります。

「ハイブリッド車とは言え、ちょっとこのUグレードの価格は…。」と、
思う人がFグレードを購入していく人が多いようですよ。

また、新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)のFグレードは、
ガソリン車と異なりフルオートエアコンや6対4分割方式の後部座席が
標準装備されているのも人気の秘訣のようですよ。

Fグレードが人気の理由2:好みのオプションを装備できる

新型ヴィッツ ハイブリッドのFグレードの欠点・デメリットの一つは、
トヨタの最新安全装備の”トヨタセーフティーセンスC”やスマートエントリー&
スマートキーシステムなどが標準装備されていない事ですよね。

また、Fグレードのフロントシートのヘッドレストは一体型になっており、
助手席に置いた荷物が落ちるのを防いでくれる買い物アシスト機能も
装備されていません。

■Fグレードの一体型フロントシート

■買い物アシスト機能

ただ、これらの機能はメーカーオプションで用意されているので、
自分に必要な機能&装備だけをセレクトして注文する事が可能です。

このように自分が必要な機能&装備のみをオプションで追加注文でき、
カスタマイズ性に優れているのも、このFグレードの人気の秘訣のようですよ。

今回マイナーチェンジをして新発売された新型ヴィッツ ハイブリッドの
人気グレードを確認したところ、このようになっていました。

この新型ハイブリッド車で一番人気だったのは、Fグレード。

私も実際にこのFグレードを見たのですが、ウレタン製のハンドルや
シフトレバーなど内装・インテリアの見た目のシンプルさが気に
ならなければ、とても良いグレードなのかなと思いました。

>>> ヴィッツ ハイブリッドFグレードの内装画像はコチラから

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です