【ガソリン車と違いが!?】新型セレナe-POWERの安全装備を比較

100%モーターで走るストロングハイブリッド車新型セレナ e-POWERが、
2018年3月に日産からデビューをしました。

乗り心地だけではなく、外装や内装の装備にも違いがある新型e-POWERと
ガソリン車/マイルドハイブリッド車ですが、安全装備にも違いがありました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と
ガソリン車/マイルドハイブリッド車の安全装備には、どのような
違いがあったのでしょうか?

新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車の安全装備の
違いについて、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナの安全装備:ガソリン車とe-POWERの違いとは?

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と
既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車ですが、装備をする事ができる
安全装備システムに違いがありません。

どちらのモデルも自動ブレーキを除いたほとんどのすべての安全装備システムが
メーカーオプション設定になっているのですが、同じものを機能・装備を用意
しています。

■新型セレナに用意されている安全装備システム
・自動運転技術プロパイロット機能
・インテリジェントパーキングアシスト(駐車支援システム)
・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
・ヒルスタートアシスト
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・踏む間違い衝突防止アシスト
・標識認識機能
・車両接近通報装置
・フロント&バックソナー
・SRSエアバッグシステム
・SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム
・アラウンドビューモニター
・インテリジェントルームミラー

ただ、今回新発売された新型e-POWERとガソリン車/マイルドハイブリッド車では、
安全装備の使い勝手や機能に若干の違いがありました。

違い1:アラウンドビューモニター

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と
ガソリン車/マイルドハイブリッド車の安全装備の違いの一つは、
アラウンドビューモニターです。

どちらのモデルもメーカーオプションで、真上から見下ろすような視点の映像を
表示してくれるアラウンドビューモニターを用意していますが、映像を表示する
スペースに違いがありました。

既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車では、このようにメーターの
左側に設置さてているアドバンスドドライブアシスタントディスプレイに
アラウンドビューモニターの映像を表示していました。

■ガソリン車のアラウンドビューモニター

この新型セレナ(SERENA)に搭載されているアドバンスドドライブアシスタント
ディスプレイは7インチサイズあるので、アラウンドビューモニターを表示するのに
十分なサイズになっているのですが、運転席から距離があるため、細かい部分まで
確認しにくいんですよね。

しかし、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、
アラウンドビューモニターの表示をメーター内のディスプレイからナビの部分に変更。

■新型e-POWERのアラウンドビューモニター

今回私が見たモデルに装着されていたナビは9インチサイズある事もあり、
また、運転席からより近い位置に設置されている事もあり、ガソリン車の
ナビよりもアラウンドビューモニターが見やすい感じが…。

個人的には、ガソリン車/マイルドハイブリッド車のアラウンドビューモニターよりも、
この新型e-POWERのアラウンドビューモニターの方が格段に視認性が良くなったように
感じました。

違い2:標識認識機能

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と
ガソリン車/マイルドハイブリッド車では、標識認識機能にも違いがありました。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車では、”進入禁止”のみを検知して
メーターの左側にあるアドバンスドドライブアシスタントディスプレイに
表示をしてくれました。

しかし、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、”進入禁止”だけではなく、
“一時停止”や”最高速度”の標識も検知。

また、新型e-POWER(eパワー)では、アドバンスドドライブアシスタントディスプレイの
上段に常に最高速度の標識を表示してくれています。

■新型e-POWERの標識認識機能

なので、より制限速度を意識した運転に…。

競合車・ライバル車のホンダの新型ステップワゴンの標識認識機能と比較をすると、
機能面では若干劣りますが、この新型e-POWERの標識認識機能は、ガソリン車よりも
精度が増したのは、好印象でした。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と
ガソリン車/マイルドハイブリッド車の安全装備を比較したところ、このような
違いがありました。

今回新発売された新型モデルを試乗していて、特に良いと思ったのが、
アラウンドビューモニターです。

この新型e-POWER(eパワー)では、アラウンドビューモニターがナビに
表示されるようになり、視認性が格段に高まり、駐車がバックをしやすく
なったのが好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、視認性が格段に良くなった
アラウンドビューモニターの使い勝手を確認してみてくださいね。

>>> 【思ったよりも悪い!?】新型セレナe-POWERの実燃費を確認してみた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です