ホンダ新型フリードのインパネ【ソリオと使い勝手が良いのはどっち?】

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0021

ホンダの人気コンパクトミニバン新型フリード(Freed)がフルモデル
チェンジをして、新発売されましたね。

今回新発売されたこの新型モデルのの競合車・ライバル車の一つが、
スペーシアを一回り大きくしたようなスズキのプチバン”新型ソリオ”。

ホンダの新型フリードは3列目シートの7人乗り、そして、新型ソリオは
2列シートの5人乗りと乗車人数は異なりますが、居住性が良く、また、
取り回しの良さなど共通点が多いことから比較する人も多いようです。

先日、新型フリードと競合車の新型ソリオを見に行ってきたのですが
内装・インテリアを比較してみたところ、インパネのデザインがソックリ!

そんな2台のモデルのインパネを比較してみて、それぞれの
デザインのメリット・デメリット、また、違いを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フリードとソリオのインパネ比較

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型フリード(Freed)と
スズキの新型ソリオ(SOLIO)の内装・インパネは、それぞれこのようになっています。

■新型フリードのインパネ

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0015

■新型ソリオのインパネ

新型ソリオ画像00006

インパネの中央にシフトレバーが装備されている点や助手席側のインパネに
トレーが用意されている事など見た目は似ていますよね。

この2台のモデルのインパネは、ユーザー本位の実用性を重視した
スッキリとしたインパネで使い勝手はとても良いように感じました。

2台のモデルで大きく異なる点はメーター

今回新発売されたホンダの新型フリード(Freed)とスズキの新型ソリオ(SOLIO)の
内装・インパネで大きく異なるデザインが、メーター。

新型フリード(Freed)では、メーターを運転席の真正面のインパネ上部に設置。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0019 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0010

メーター自体もデジタル表示を採用しており、薄型でスッキリとしたデザインに・・・。

一方、新型ソリオ(SOLIO)はインパネ中央上部にあるセンターメーターを採用。

新型ソリオ画像00001

新型ソリオ画像00002

また、メーターデザインも新型フリード(Freed)のようなデジタルメーターではなく、
通常のサークル状のデザインを採用・・・。そのためメーター自体も大きく
インパネ上部の張り出しが大きいように感じました。

この2台のモデルでメーターが見やすいと思ったのは、新型フリード(Freed)の方。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0018

やはり運転席の目の前にあり、視線の上下移動だけで確認できる
新型フリード(Freed)のメーターの方が見やすいように感じました。私はそもそも
運転席から距離が遠い位置にメーターが設置してあるセンターメーターが
苦手と言う事もあるのですが・・・。

この新型モデルのメーターは太陽の光当たり具合によっては、
太陽の光が差し込んで見えにくいといったデメリットもあるのですが、
個人的には新型フリード(Freed)のメ方が視認性が良いと思いました。

新型フリードとソリオのインパネ:使い勝手が良いと思ったのはどっち?

このように基本的なデザインはソックリのこの2台のモデルの内装・
インパネですが、実際に試乗をしてみて使い勝手が良いと思ったのは、
新型フリード(Freed)の方。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0016

まず、新型ソリオよりも新型フリードの方が良いと思った理由の一つは、ウォークスルー性。

注目してもらいたいのは、インパネ中央にあるセンタークラスター。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0012

新型ソリオ(SOLIO)よりも新型フリード(Freed)の方がシフトレバーや
空調パネルが設置してあるセンタークラスターの張り出しが小さく、
運転席から助手席や2列目シートへのウォークスルーがしやすくなっています。

一方、新型ソリオはフリードと比べると、若干張り出しが大きくなっています。

新型ソリオ画像00001

この違いは意外と大きいですよね。
個人的には、ウォークスルー性の良さは新型フリード(Freed)の魅力の一つだと思いました。

カーナビの見やすさにも違いが・・・

今回新発売された新型フリード(Freed)と新型ソリオ(SOLIO)では、
カーナビの見やすさにも違いがありました。

スズキから発売されているプチバン新型ソリオ(SOLIO)はセンターメーターを
採用しているため、カーナビの位置が若干低くなっています。

新型ソリオ画像00003

なので、カーナビを確認すると時は視線を下に落とさないといけません。

一方、新型フリード(Freed)のカーナビは新型ソリオ(SOLIO)よりも高い
位置に設置されているため目線の上下の移動が少ない設計になっています。
なので、カーナビの確認がとてもスムーズ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0011

実際に試乗をしてみて気付いたのですが、この低めに設置してあるカーナビの
位置は、センターメーターを採用しているスズキのプチバン新型ソリオの
欠点の一つなのかもしれません。

もしこれから新型ソリオ(SOLIO)を試乗する際は、カーナビの見やすさも
しっかりと確認をしてみてくださいね。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0619

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリード(Freed)とスズキの
プチバン新型ソリオ(SOLIO)の内装・インパネを比較してみたところ、このような
違いがありました。

2台のモデルとも収納スペースが多いなど使い勝手が良いインパネに
なっているように感じましたが、個人的には新型フリード(Freed)の方が好みでした。

もしこの2台のモデルを見たり試乗をしたりする機会がありましたが、
ぜひとも内装・インパネのデザインや使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です