ラゲッジは本当に広い!?新型エクリプスクロスの荷室容量レビュー

2018年3月、”スタイリッシュクーペ”を名乗るコンパクトSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、三菱からデビューをしました。

先日、三菱から久しぶりにデビューをした新型モデルの試乗に行ってきたのですが、競合車・ライバル車よりも優れていると思ったのが、荷室・ラゲッジスペースです。

今回新発売された新型モデルは、後部座席のリクライニング機能を備えており、荷物の大きさや積載量によって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事ができます。

私も実際にこの新型モデルの後部座席をスライドしてみてたのですが、後部座席の位置によって、荷室・ラゲッジスペースの大きさが全然違いました。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室容量は、どれくらいなのでしょうか?
また、後部座席を一番後ろにスライドした時と一番前にスライドした時では、荷室容量はどれくらいことなるのでしょうか?

2018年3月にデビューをした三菱の新型SUVのの質・ラゲッジスペースの容量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクリプスクロスの荷室容量はどれくらい?実車画像で確認

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室・ラゲッジスペース

こちらが、この新型モデルの後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さです。

■新型エクリプスクロスの荷室:後部座席を最後端にした時

また、後部座席の足元にあるレバーを操作して、この新型モデルの後部座席を一番目にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、このようになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室:後部座席を最前端にした時

 

後部座席を一番前にスライドすると、荷室・ラゲッジスペースと後部座席の背もたれの後ろの間に隙間ができてしまいのが欠点・デメリットですが、これだけ荷室の奥行きが広くなるのは、とても良いと思いました。

そんな三菱のスタイリッシュクーペ新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のVDA式測定の荷室容量を確認してみたところ、このようなっていました。

■新型エクリプスクロスの荷室容量
・後部座席を一番前にスライドした時 :341リットル
・後部座席を一番後ろにスライドした時:448リットル

ちなみに、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの人気SUV”ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)”の荷室・ラゲッジスペースの容量を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの荷室容量…393リットル

後部座席を一番後ろにした時の荷室容量は、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)よりもホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方が広くなっています。

■新型ヴェゼルの荷室・ラゲッジスペース

しかし、後部座席を一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の方が45リットルも上回っています。

今回新発売された三菱の新型SUVは、車高が低いスタイリッシュなSUVになっているにも関わらず、これだけに荷室・ラゲッジスペースの広さを確保しているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースの容量を確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルは、スタイリッシュなデザインが魅力のクルマにも関わらず、競合車・ライバル車にも劣らない荷室容量を確保。

今回新発売された新型モデルは、スタイリッシュなデザインなので、荷室容量や後部座席の広さが犠牲になっていると思ったので、この広いラゲッジスペースは、良い意味で予想を裏切られました。

今回新発売されたこの新型モデルは、スタイリッシュなクーペフォルムにも関わらず、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない荷室容量を備えています。なので、小さいお子さんがいるご家庭など、荷物をたくさんクルマに積み込む方にも、このクルマはピッタリだと思いますよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です