新型セレナe-POWERのアラウンドビューモニターが進化!?改良点を紹介

2018年3月、電気自動車のようなスムーズで滑らかな加速感が味わえるハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、専用のメーターやシフトレバーを採用するなど、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なる外装・内装に…。

フロントグリルにブルーのアクセントカラーが使用されており、ハイブリッド車らしいクリーンなイメージの外装・内装になっているように感じました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の内装・インテリアを確認していて、驚いた事が…。

それは駐車やバックをする際に重宝をするアラウンドビューモニターが進化をしていて、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも使い勝手が良くなっていた事です。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)のアラウンドビューモニターは、何が進化したのでしょうか?また、ガソリン車/マイルドハイブリッド車とどんな違いがあったのでしょうか?

先日、この新型e-POWERを試乗した際、このアラウンドビューモニターの使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのアラウンドビューモニターの実車画像レビュー

日産からデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているアラウンドビューモニターとは、バックや駐車をする際、真上から見下ろすような視点でクルマを確認できる機能です。

実際にこの新型モデルに用意されているアラウンドビューモニターを確認してみると、このような感じになります。

■新型セレナe-POWERのアラウンドビューモニター

このアラウンドビューモニターは、4つのカメラに映し出された映像を合成して、表示しています。

なので、画面をよ~く確認してみると、画面に歪みや合成した感じがありますが、駐車をする際、駐車エリアの中央に停車しているのか、また、斜めになっていないのかなどを確認するのには、とても良いと思いました。

新型セレナe-POWERのアラウンドビューモニターの進化のポイント

このようなデザインになっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のアラウンドビューモニターですが、進化を遂げ、既存のガソリン車・マイルドハイブリッド車よりも使い勝手が良くなっていました。

この新型e-POWERのアラウンドビューモニターの進化のポイントの一つが、映像を映し出す場所です。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車では、アラウンドビューモニターの画面は、メーターの左側にあるマルチインフォメーションディスプレイに用意されていました。

このマルチインフォメーションディスプレイは、運転席から遠い事もあり、また、画面サイズがちょっと小さい事もあり、アラウンドビューモニターを確認するには、少し不向きでした。

■ガソリン車のアラウンドビューモニター

また、ご覧の通り、アラウンドビューモニターにすると、画面が2分割され、さらに小さくなってしまうため、余計に見にくいように感じてしまいました。

しかし、2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のアラウンドビューモニターは、マルチインフォメーションディスプレイからナビの画面に映像を表示する場所を変更。

■新型e-POWERのアラウンドビューモニター

画面サイズが大きくなり、また、運転席から画面位置が近くなったため、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもアラウンドビューモニターの映像が確認しやすくなりました。

また、このように画面サイズが2分割されても十分な視認性を確保しているように感じました。

この位置にアラウンドビューモニターの画面を表示するには、純正のナビを購入するか、市販のナビにアラウンドビューモニターの映像表示されるためのケーブルを自分で繋げるしかないと言う欠点・デメリットもあります。

ただ、個人的には、アラウンドビューモニターの視認性や使い勝手を考えると、ガソリン車/マイルドハイブリッド車のようにメーターに表示するよりもナビに表示した方が良いのかなと思いました。

ちなみに、新型e-POWER(eパワー)の場合、純正のナビを装着しないからと言って、ガソリン車/マイルドハイブリッド車のように、アラウンドビューモニターの映像をマルチインフォメーションディスプレイに表示する事はできないようですよ。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に装着できるアラウンドビューモニターは、このようなデザインになっていました。また、このような改良が変更されていました。

今回新発売された新型e-POWERに用意されているアラウンドビューモニターは、ナビの画面部分に表示されるようになり、視認性が高まったのが好印象でした。

もし新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車のどちらのモデルを購入しようか迷っている方は、ぜひともアラウンドビューモニターの視認性の違いも、しっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする