意外な違いが!?新型RAV4のGグレードとハイブリッドGの内装を比較

本格派のSUVになって日本市場に帰ってきたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、ハイブリッド車/ガソリン車あわせて6つのグレードを用意しています。

そんな新型モデルの人気グレードとなっているのが、装備と価格のバランスが取れたGグレードとハイブリッドGです。

ただ、ハイブリッド車の場合、このグレードが最上位モデルに位置をすることもあり、この2台のモデルの内装・インテリアには、若干の違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッドGとGグレードの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2つのグレードの内装・インテリアは、どんな違いがあったのか?

実車画像を使って、この2台のモデルの内装・インテリアの違いを比べてみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型RAV4のGグレードとハイブリッドGの内装を比較

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のGグレードとハイブリッドGの内装は、それぞれこのようなデザインになっています。

■Gグレードの内装

■ハイブリッドGの内装

アクセントカラーにブラウンを採用した落ち着いた車内空間に…

この新型モデルのGグレード/ハイブリッドGどちらも、ドリンクホルダーやトレイにブラウンのアクセントカラーを用いた落ち着いたデザインに…。

■ドリンクホルダー

■トレイ

また、このGグレード/ハイブリッドGでは、本革巻きのハンドルやシフトレバーを採用しており、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXよりも高級感ただよう内装・インテリアになっていました。

Gグレード/ハイブリッドGどちらも合成レザーシートを標準装備

また、2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGグレード/ハイブリッドGは、合成レザーシートを標準装備しています。

■ブラックの合成レザーシート

■ライトグレーの合成レザーシート

この合成レザーシートは、ブラウンのアクセントカラーをあしらったGグレード/ハイブリッドGとの相性も良く、居心地が良い内装・インテリアに一役買っていました。

新型RAV4の内装【GグレードとハイブリッドGの違いは?】

どちらのモデルも高級感漂うデザインになっていた新型RAV4のGグレードとハイブリッドGの内装・インテリアですが、見比べてみると、機能や装備に若干の違いがありました。

その中には、意外な違いも…。

実車画像を使って、GグレードとハイブリッドGの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

【違い1】メーターのグラフィック

久しぶりに日本復帰を果たした新型RAV4のガソリン車のGグレードとハイブリッドGの内装・インテリアで大きく異なるのが、メーターのデザインです。

どちらのモデルも、中央に7.0インチサイズのTFTカラー液晶を組み合わせた3眼式のメーターとなっているのです。

■Gグレードのメーター

■ハイブリッドGのメーター

ただ、左側に備わっている燃料計&水温計の目盛りが、ガソリン車のGグレードではレッドになっているのに対し、ハイブリッドGでは鮮やかなブルーに…。

■Gグレードの燃料計&水温系

■ハイブリッドGの燃料計&水温計

目盛りのカラーが異なるだけで、メーターの印象はだいぶ変わりますよね。

また、ハイブリッドGのメーターの左側には、タコメーターの代わりにエネルギーの出力と回生状況を表すハイブリッドシステムインジケーターを搭載しているのも、この2台のモデルの大きな違いの一つでした。

■ハイブリッドGのハイブリッドシステムインジケーター

【違い2】エンジンスターター

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、Gグレード/ハイブリッドGどちらもプッシュ式のエンジンスターターが標準装備されているのですが、カラーに違いが…。

■Gグレードのエンジンスタータースイッチ

■ハイブリッドGのエンジンスタータースイッチ

ガソリン車のGグレードではブラックカラーになっているのに対し、ハイブリッドGでは、ブルーカラーに…。

このようにエンジンスタータースイッチのカラーが異なるのはトヨタ車でお馴染みなのですが、ハイブリッド車とガソリン車の違いを実感する用意アイテムだと思いました。

【違い3】ドライブモードスイッチ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGグレードとハイブリッドGの内装・インテリアで一番の違いは、ドライブモード切替スイッチです。

このクルマでは、センターコンソール部分にドライブモードを切り替えるスイッチが備わっているのですが、GグレードとハイブリッドGでは、形状が異なります。

こちらは、ガソリン車のGグレードのドライブモードスイッチです。

■Gグレードのドライブモード切替スイッチ

ガソリン車では、6種類のドライブモードを用意しているのですが、ドライブモードの切り替えは、スイッチで行うようになっています。

一方、ハイブリッドGは、スポーツモード/ノーマルモード/エコモードのドライブモードが切り替えがダイヤルで行えるようなデザインに…。

■ハイブリッドGのダイヤル式のドライブモード切替スイッチ

このように見比べると、見た目の高級感が大きく異なりますよね。

ドライブモード切替スイッチがダイヤル式になっているだけで、クルマの格がワンランク上がったように感じました。

また、スイッチでドライブモードを切り替えないといけないGグレードとダイヤルを切り替える事ができるハイブリッドGでは、走行モードを切り替える時の操作性にも違いが…。

走行モードを切り替える際、押し間違えが無いようにスイッチに目を落とさないといけないGグレードよりも、直感的に扱えるハイブリッドGのドライブモード切替スイッチの方が明らかにスイッチの操作性に優れているように感じました。

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4の人気モデル”Gグレード”と”ハイブリッドG”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

このGグレード”と”ハイブリッドG”の基本的な内装・インテリアのデザインは同じになっています。

ただ、ドライブモード切替スイッチのデザインや使い勝手などに違いが…。

この2つのモデルは同等グレードとなっていますが、ダイヤル式のドライブモード切替スイッチを備えているハイブリッドGの方がワンランク上の内装・インテリアになっているように感じました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする