新型カローラツーリングの一番人気はWxB【理由をディーラーに聞いてみた】

2019年9月にデビューを果たしたトヨタのフラッグシップモデル新型カローラツーリング(Corollra Touring)は3つのグレードを用意していますが、一番人気が高いのは、ハイブリッド車/ガソリン車ともに最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”となっています。

なぜ最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”が他のグレードより人気が高くなっていたのでしょうか?また、多くのお客さんは、”WxB(ダブルバイビー)”のどこに魅力を感じていたのでしょうか?

新型カローラツーリング(Corollra Touring)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”が一番人気になっている理由を、ディーラーさんに確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

洗練された新型カローラツーリングWxBの外装【人気の理由1】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラツーリング(Corollra Touring)の中で最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の人気が高い理由の一つが、洗練された外装・エクステリアです。

高級感を演出するメッキ加飾

最上位モデルに位置をする新型カローラツーリング(Corollra Touring)の”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■WxBの外装・エクステリア

この最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、フロントグリルにメッキの加飾やLEDのフロントグリルを施しており、華やかなフロントマスクを演出しています。

■WxBのフロントマスク

また、リヤバンパー部分にも、マフラーの形を模したメッキ加飾が施してあり、スポーティーな後ろ姿に…。

■WxBのリヤバンパー

このように他のグレードよりも豪華絢爛な姿になっているのが、人気の秘訣のようですよ。

迫力のある足回り

また、迫力のある足回りも新型カローラツーリング(Corollra Touring)の人気の理由の一つです。

最上位モデルに位置をする”WxB(ダブルバイビー)”では、ダークグレーメタリック塗装をほどこした専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■WxBのタイヤ&ホイール

ダークグレーメタリック塗装をあしらった”WxB(ダブルバイビー)”は、引き締まったサイドスタイルに…。

また、この”WxB(ダブルバイビー)”では、他のグレードよりも一回り大きい17インチサイズのタイヤ&ホイールとなっており、迫力のあるサイドスタイルを演出しているのも人気の理由のようでした。

高級感あふれる新型カローラツーリングWxBの内装【人気の理由2】

また、一般大衆車の【カローラ】とは思えない高級感が溢れる内装・インテリアも、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の人気の一つです。

WxBは高級感あふれるシートを採用

最廉価モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”では、オーソドックスなファブリック素材のシートを採用していていたため、シンプルな内装・インテリアになっていました。

■最廉価モデルのGXグレードの内装

一方、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、特殊な樹脂で織物をコーティングをした”レザテック”をメイン部分に、そして、シートサイドに合成レザーを配したコンビネーションシートを採用。

他のグレードとは一線を画した高級感あふれるシートになっていました。

最上位モデル”WxB”はブラックルーフを採用

また、新型カローラツーリング(Corollra Touring)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、オーソドックスなライトグレーのルーフではなく、引き締まったブラックルーフを採用。

■他のグレードで採用されているライトグレーのルーフ

■WxBのブラックルーフ

そのおかげもあり、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアは、他のグレードよりもスタイリッシュでスポーティな内装・インテリアとなっていました。

このオシャレで高級感あふれる内装・インテリアも最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”が人気の秘訣のようですよ。

新型カローラツーリングのWxBには専用アイテムが盛り沢山【人気の理由3】

また、2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラツーリング(Corollra Touring)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、他のグレードには用意されていない専用アイテムが標準で用意されているのも、人気の一つのようです。

そこで、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみに標準装備されている主なアイテム・装備を紹介したいと思います。

スタイリッシュなデザインのヘッドライト

今回フルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型カローラツーリング(Corollra Touring)では、LEDのヘッドライトを全グレードに標準装備しているのですが、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、一つのライトでハイビームとロービームを切り替えることができる”バイビーム式”のLEDヘッドライトを標準装備。

■WxBのバイビーム式LEDヘッドライト

また、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のLEDヘッドライトは、アルファベットの”J”を縦に2個並べたようなクリアランスランプを備えており、スタイリッシュなフロントマスクを演出していました。

先進性のあるメーター

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラツーリング(Corollra Touring)では、メーターも”WxB(ダブルバイビー)”専用デザインとなっています。

■WxBのメーター

他のグレードではオーソドックスな3眼式のメーターを採用しているのに対し、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、先進性のあるデジタルメーターを標準装備。

そのため、このように中央に備わっているスピードメーターをアナログ表示とデジタル表示に切り替えることが可能です。

■アナログ表示をした時のスピードメーター

■デジタル表示をした時のスピードメーター

このようにスタイリッシュなデザインのメーターを備えているのも、新型カローラツーリング(Corollra Touring)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の魅力の一つですよ。

スグに情報をキャッチできるヘッドアップディスプレイ

また、メーカーオプションになってしまっているのですが、新型カローラツーリング(Corollra Touring)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のみ、フロントガラスに様々な情報を投影してくれるヘッドアップディスプレイ(HUD)を装着することが可能です。

■WxBのヘッドアップディスプレイ

私も”WxB(ダブルバイビー)”を試乗した時にヘッドアップディスプレイを使ってみたのですが、視線をメーターに落とすことなく、車速や標識など必要な情報を確認することができるので、とても便利でした。

このように使い勝手に優れるヘッドアップディスプレイを装着できるのも、新型カローラツーリング(Corollra Touring)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の良さなのかなと思いました。

まとめ:新型カローラツーリングの”WxB”は他のグレードよりもワンランク上

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラツーリング(Corollra Touring)は、このような理由で最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”が一番人気となっていました。

私も実際に”WxB(ダブルバイビー)”を見てみたのですが、内外装のデザインだけではなく、機能や装備も他のグレードよりもワンランク上。

ボディサイズが大きくなり、車格が増した新型カローラツーリング(Corollra Touring)を魅力をしっかりと堪能したい方は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”を選べば間違いがないのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする