新型セレナe-POWERのシフトレバー【ガソリン車よりも使い勝手は劣る?】

2018年3月、日産の人気ミニバン新型セレナ(SERENA)に待望のハイブリッド車
新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(e-POWER)は、外装や内装にガソリン車と異なる
機能や装備を配した専用デザインに…。

そんな専用装備の一つが、シフトレバーです。

ただ、シフトレバーに関しては、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)よりも
既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車の方が使い勝手が良かったような…。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)のシフトレバーは、どのようなデザインに
なっていたのでしょうか?また、ガソリン車/マイルドハイブリッド車とどのような
違いになっていたのでしょうか?

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と
既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車のシフトレバーの
デザインの違いを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのシフトレバーの使い勝手レビュー

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
インパネ中央に備わっているシフトレバーは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERのシフトレバー

今回新発売された新型e-POWERのシフトレバー、操作後にレバーが真ん中に戻る
電子式のシフトレバーを採用。

シフトレバーに施されたブルーのアクセントラインが印象的で、メーターや
センターコンソールなど、他のe-POWER専用装備との相性もとても良いように感じました。

また、日産のノートe-POWER(NOTE e-POWER)や新型リーフ(LEAF)は、パソコンの
マウスのような丸いデザインになっていましたが、この新型e-POWER(eパワー)の
シフトレバーは、四角いデザインに…。

個人的には、丸いデザインになっていたノートe-POWER(NOTE e-POWER)や
電気自動車の新型リーフ(LEAF)よりもグリップ感の良いデザインになっている
ように感じました。

一方、こちらは、新型セレナ(SERENA)のガソリン車/マイルドハイブリッド車の
シフトレバーのデザインです。

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のシフトレバー

新型e-POWER(eパワー)のシフトレバーは、電子式を採用していたのに対し、
このガソリン車/マイルドハイブリッド車では、一般的なストレート方式を採用。

新型e-POWER(eパワー)のシフトレバーと比較すると、このガソリン車の
シフトレバーの見た目はシンプルなデザインになっていましたが、誰でも
直感的に使える使い勝手の良さは、魅力の一つなのかなと思いました。

シフトレバーの使い勝手は、新型e-POWERよりもガソリン車の方が良い?

このようにシフトレバーのデザインが異なる新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と
ガソリン車/マイルドハイブリッド車のシフトレバー。

個人的には、新型e-POWER(eパワー)よりもガソリン車/マイルドハイブリッド車の方が
シフトレバーの使い勝手は、良いように感じました。

その理由の一つは、運転席からシフトレバーまでの距離。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車の場合は、シフトレバーのノブが長いので、
運転席から手が届きやすくなっております。

一方、電子式のシフトレバーを採用している新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、
ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもサイズが小さいため、運転席から若干遠い感じが…。

なので、少し手を伸ばさないとシフトレバーまで手が届かないため、
ガソリン車/マイルドハイブリッド車と比較して、操作がしにくい感じがありました。

新型e-POWER(eパワー)のシフトレバーも。もう少し手が届きやすい位置にあった方が、
個人的には、操作しやすいように感じました。

スイッチの位置も気になる…

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、
スイッチの位置も気になりました。

この新型e-POWER(eパワー)では、注目の機能の一つでもあるチャージモードや
マナーモードのスイッチは、ナビの下の部分の特等席に用意されていたのですが、
Sモードやエコモードスイッチは、ハンドルの右側の部分のスイッチベースに
用意されています。

■新型セレナe-POWERのSモード&エコモードスイッチ

この新型e-POWER(eパワー)に設置されているSモードやエコモードのスイッチは、
位置が低いため、操作性も良くありません。

ワンペダルで走行する事ができるSモードやエコモードは、新型e-POWERの
注目の機能と言う事を考えると、シフトレバー近くなど、もう少し操作が
しやすい位置にスイッチを用意しても良かったのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
シフトレバーは、このようなデザインになっていました。

ブルーのアクセントラインが印象的な電子式のシフトレバーは、先進的な
イメージのある新型e-POWER(eパワー)のイメージにマッチをしていて、
とても良いと思いました。

ただ、使い勝手は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車のストレート式の
シフトレバーよりも劣る感じが…。また、Sモードやエコモードスイッチの
位置も、試乗をしていて気になりました。

もしこれからこの新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の試乗に行かれる方は、
シフトレバーの使い勝手やスイッチの操作感も確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です