新型セレナe-POWERのプロパイロットの使い方は?操作方法を紹介

2018年3月、エンジンを積んだ電気自動車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、
日産からデビューをしました。

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)やトヨタの新型ヴォクシー(VOXY)など、
競合車と熾烈な争いをしていますが、ライバル車にはない新型e-POWERの魅力の
一つは、高速道路をラクに運転をする事ができるプロパイロット機能ですよね。

先日、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗した際、
同一車線自動運転技術のプロパイロット機能を試してきたのですが、
ハンドルの操作が滑らかになり、さらに操舵感が良くなっていたように感じました。

そんな新型e-POWERに用意されている同一車線自動運転技術のプロパイロット機能の
操作&設定は、簡単なのでしょうか?

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の同一車線自動運転技術
“プロパイロット機能”の操作方法・使い方を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのプロパイロットの使い方を確認

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に装備されている
同一車線自動運転技術のプロパイロット機能ですが、スタートするための設定操作は、
とっても簡単です。

このプロパイロット機能を開始するためには、ハンドルの右側に用意されている
ステアリングスイッチを操作する必要があるのですが、たった2ステップで開始を
する事ができちゃいます。

そんな日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の同一車線自動運転技術の
プロパイロット機能の開始方法を紹介したいと思います。

ステップ1:プロパイロット機能をスタンバイ状態にする

まず初めに、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)でプロパイロット機能を
開始するには、スタンバイ状態にしなければいけません。

プロパイロット機能をスタンバイにするには、ハンドルの右側にあるブルーの
“プロパイロット”スイッチを押します。

■新型e-POWERのプロパイロットスイッチ

そうすると、メーターの左側にあるマルチインフォメーションディスプレイが
プロパイロット画面に切り替わり、ディスプレイの右側上部に”PILOT”マークが
表示されます。

■新型e-POWERのプロパイロットのスタンバイマーク

ステップ2:セットボタンを開始して、プロパイロットを開始

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールの
右側にあるスイッチの”- SET”ボタンを押します。

すると、先ほどのプロパイロットマークがブルーに変わり、また、クルマの
マークの上段にブルーの”PILOT”の文字が表示され、プロパイロット機能が
スタートします。

たったコレだけの操作で、プロパイロットはスタートします。

簡単ですよね。

なので、私も一度説明を聞いただけで、スグに操作をする事ができました。

機会が苦手な人でも簡単にプロパイロットを使える操作性の良さも
新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、設定速度は、ステアリングスイッチに搭載されている”-“と”+”で
変更する事ができますよ。

ただ、白線の認識&ハンドルの自動操舵には時間がかかる事も…

このようにプロパイロット機能は簡単にスタートする事ができるのですが、
クルマのフロントガラスに搭載されているカメラが白線をなかなか認識できずに
ハンドル支援がなかなか開始できないことも…。

私が試乗をした時は、白線が薄くなっていた事もあり、1分以上、白線を
認識できずに、ハンドルの支援が開始されませんでした。

この白線の認識に時間がかかるのは、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
気になるところではありました。

ちなみに、この新型e-POWERのプロパイロット機能の作動状況(支援状況)は、
マルチインフォメーションディスプレイのプロパイロット画面でで確認する事が可能です。

例えば、こちらは、カメラが白線を認識して、ハンドル支援まですべて
行われている状態です。

このようにディスプレイ内のすべての表示項目がグリーンに変わっていれば、
自動運転中を示します。

しかし、白線を認識しておらず、ハンドルが支援行われていない状況では、
このように白線部分が白くなります。また、ディスプレイの左側のハンドルの
マークも表示されません。

このように支援状況が一目で確認できるのも、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
良いところと感じました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
注目の機能の一つでもある自動運転技術のプロパイロット機能の操作性を
確認してみたところ、このようになっていました。

実際にプロパイロット機能を使ってみると、思ったよりも操作性が良い感じが…。
慣れれば、戸惑う事無くプロパイロット機能を開始できるような操作性に
なっているのが、とても良いと思いました。

また、この新型e-POWER(eパワー)に用意されているプロパイロット機能の
作動状況は、マルチインフォメーションディスプレイで一目で確認できる
ようになっていたのも好印象でした。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です