ボディサイズが異なる?新型シビック ハッチバックとセダンの違いを比較

新開発のプラットフォームを採用して新発ビアされた新型シビック(CIVIC)が、
2017年9月にフルモデルチェンジをして、日本デビューをしました。

久しぶりに日本で復活をした新型モデルですが、走りの性能に特化をした
タイプRを頂点に、セダンとハッチバックの合計3つのタイプを用意しています。

そんな新型シビックですが、ハッチバックとセダンでは、外装・見た目の
デザインだけではなく、ボディサイズも若干異なります。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックと
セダン車のボディサイズは、どのくらい異なるのでしょうか?

2台の実車画像を使って比較しながら、ボディサイズの地祇アを確認して
みたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型シビック ハッチバックとセダン車:ボディサイズの違いを確認

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型シビック ハッチバックの
外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型シビック ハッチバックの外装・エクステリア

ボディ下部に備えられたハチの巣状のエアインテークが印象的ですよね。
ロー&ワイドが強調され、スポーティーでチカラ強いデザインになっている
ように感じました。

また、ピアノブラックカラーのフロントグリルもフロントマスクを
引き締めるのに一役買っているように感じました。

一方、新型シビック セダンの外装・エクステリアは、このような
デザインになっています。

■新型シビック セダンの外装・エクステリア

ハッチバックと異なりセダン車は、メッキ調のグリルに…。

また、フォグランプまわりのデザインもチカラ強さよりもスタイリッシュさを
強調したデザインになっているように感じました。

また、クーペのように伸びやかなデザインになっているのも好印象でした。

このようなデザインになっている新型シビック ハッチバックとセダン車の
ボディサイズを比較したところ、それぞれこのようになっていました。

■新型シビック ハッチバックとセダンのボディサイズ比較
・ハッチバック
全長:4,520mm
全幅:1,800mm
全高:1,435mm
・セダン
全長:4,650mm
全幅:1,800mm
全高:1,415mm

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型シビック ハッチバックと
セダン車の全幅は、1,800mmとまったく同じになっています。

しかし、若干ですが、セダン車の方が全長が長く、全高が低いデザインに…。

塊感のあるハッチバックに対して、セダン車は伸びやかなクーペライクな
デザインになっているように感じました。

クルマとしての使い勝手は、荷室・ラゲッジスペースの高さがある
ハッチバックの方が良いと思いましたが、フォルムや見た目の美しさは、
流れるようなデザインになっているセダン車の方があるのかなと、思いました。

最小回転半径にも違いが…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックと
セダン車では、小回り性能を表す最小回転半径にも違いがありました。

ハッチバックとセダン車のそれぞれの最小回転半径は、このようになっています。

■新型シビック ハッチバックとセダンの最小回転半径を比較
・ハッチバック:5.5m
・セダン :5.3m

この2台のモデルの最小回転半径を比較してみると、セダン車よりも
ハッチバックの方が0.2mですが短い結果に…。

ちょっとこの違いは、ビックリですよね。

セダンの方が最小回転半径が大きい理由

なぜ新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の方が最小回転が
小さいか気になりますよね。

そこで、この2台のモデルの理由を、試乗をした際にディーラーさんに
確認をしてみました。

ディーラーさんの話によると、この2台のモデルの最小回転半径の違いは、
タイヤサイズの違いが大きく影響をしているようです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型シビック ハッチバックでは、
18インチのタイヤを装備しているのに対し、セダン車は一回り小さい
17インチのタイヤを標準装備しています。

■新型シビック ハッチバックの18インチタイヤ

■新型シビック セダンの17インチタイヤ

このタイヤサイズの違いが、最小回転半径の違いに繋がっているようですよ。

ただ、実際にこの2台のモデルを運転してみても、この最小回転半径0.2mの
違いは、ほとんど感じません。

また、運転席からの視界&見切りも、大きな違いはありません。
どちらのモデルもボディサイズが大きく、また、前方の見切りはそれ程
良く無いので、運転に気を使います。

ボディサイズやデザインが異なるこの2台のモデルですが、運転のしやすさに
関しては、大きな違いは無いので、見た目の好みや使い勝手の良さで、モデルを
選べばよいのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックと
セダン車は、それぞれこのようなボディサイズになっていました。

ボディサイズを比較すると、ハッチバックよりもセダン車の方が車高が低く
また、全長が長いので伸びやかなクーペスタイルになっていました。

ただ、私は2台のモデルをそれぞれ試乗をさせて貰ったのですが、運転席からの
視界や見切り、後部座席の居住性にそれ程大きな違いがありません。
また、乗り心地にも違いがありません。

この2台のモデルで見た目のデザイン以外で唯一異なるのは、荷室・
ラゲッジスペースの使い勝手です。

どちらのモデルを購入しようかお悩みの方は、見た目のデザインと荷室・
ラゲッジスペースの使い勝手に注目をしてみると、良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です