試乗をして気になった事とは?新型キャラバンNV350の欠点&デメリット

2017年7月、広い荷室・ラゲッジスペースと使い勝手の良さが人気の日産の商用バン
新型キャラバンNV350が、にビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回新発売されたこの新型モデルは、自動ブレーキやアラウンドビューモニターなど
安全装備が充実!より安心して乗れるクルマになりました。

>>> 【対応範囲は広い!?】新型キャラバンの自動ブレーキの精度を確認してみた

そんな新型キャラバンNV350ですが、実際に試乗をしてみると、気になる部分もありました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルを試乗して
気になった事は、何なのでしょうか?私がこのクルマで気になった事、欠点に
感じた事を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型キャラバンNV350の欠点・デメリット1:乗降性

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350を
試乗して気になったのは、乗降性です。

元々このクルマはフロア位置が高く乗降性は普通乗用車と比べて悪いのですが、
私がこのクルマを試乗していて特に気になったのは、後部座席の乗降性。

私がまずはじめに気になったのは、乗り降りをする際に利用をするステップのデザイン。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
後部座席のステップは、このようなデザインになっています。

このクルマの後部座席のステップは、競合車・ライバル車のトヨタの商用バン
“ハイエース(Hiace)”と比較して、ちょっと狭い感じが…。なので、乗り降りの
しやすさは、新型キャラバンNV350よりもハイエースの方が良いように感じました。

それ以上に気になったのは…

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
後部座席を乗り降りする時に気になったのは、アシストグリップが用意されて
いなかった事です。

なので、乗り降りをする際、スライドドアの開口部を直接手で支えて乗り降りをする
必要があるのですが、やはり持ちに行く印象が…。

このようにこのクルマの後部座席のスライドドアは、とても広くなっています。

なので、乗り降りをサポートするアシストグリップのようなものを用意して
貰いたかったなと、思いました。

新型キャラバンの欠点2:後部座席の収納のしやすさ

また、荷室・ラゲッジスペースを広くする時に行う後部座席の収納も、
この日産の新型キャラバンNV350の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

後部座席をこのように小さく折りたたんで収納し、荷室・ラゲッジスペースを
小さくできるのは、とても良いと思います。

■後部座席を小さく収納した時の様子

ただ、この新型キャラバンNV350では、後部座席の収納が意外と面倒…。

私が特に面倒に感じたのは、後部座席のヘッドレストをわざわざ取り外さないと
いけない事です。もし、後部座席のヘッドレストを取り外さないと、このように
小さくコンパクトに後部座席を収納する事ができません。

■ヘッドレストを装備した状態での後部座席の収納

ヘッドレストを取り外した時と比較すると、後部座席のコンパクトさが全く
異なりますよね。

新型キャラバンNV350の後部座席の収納自体は、シートの脚元にある赤いストラップを
引くだけでできるので、女性のチカラでもラクラク行う事ができます。

しかし、毎回ヘッドレストを取り外さないといけないのは、ちょっと
面倒なのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350は、
自動ブレーキが装備されるなどとても良いクルマだと思いました。

ただ、後部座席の乗り降り・乗降性の悪さなど気になる部分も多々ありました。

もしこれから新型キャラバンNV350を試乗される方は、後部座席の乗降性や
後部座席の収納方法なども、しっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です