後部座席は要注意!新型エクストレイル ハイブリッド内装画像レビュー

街乗りからオフロードまで対応できる日産の人気SUVの新型エクストレイルが、
2017年6月にビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

先日、この新型モデルを見る事ができたのですが、ハイブリッド車には
専用デザインのドアロアクロームモールが装備されるなどオシャレなデザインに…。

>>> 新型エクストレイル HVの外装レビュー【ガソリン車と違う2つの特徴とは?】

また、内装・インテリアに関しても、若干変わっていました。

今回マイナーチェンジをして新発売された日産のSUV新型エクストレイルの
内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのか?
また、ハイブリッド車どのような特徴があるのか?

この新型モデルのハイブリッドの内装・インテリアを確認してきたので、
詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクストレイル ハイブリッドの内装画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の内装・インテリアのデザインは、このようになっています。

ハイブリッド車のシフトレバーもこのように、ストレート式を採用しています。

■新型エクストレイルのシフトレバー

ちなみに、このハイブリッド車でもエコモードやスポーツモードを用意。

ただ、エコモードスイッチは、ハンドル・ステアリングスイッチ類のところに
配置されているので、操作性はあまり良く無いように感じました。

■ハイブリッド車のエコモードスイッチ

また、マイナーチェンジをした日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)では、
メーカーオプションの同一車線自動運転技術のプロパイロット機能を装備すると、
電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドが装着されます。

■電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

先日、このクルマを試乗した時にオートブレーキホールドを試したのですが、
やはり便利な機能だなと思いました。

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)のシートは、このような感じ。

先代モデルと同様に撥水効果に優れたシート素材を採用。

サーフィンやスノーボードなどアウトドアスポーツをする人にとっては、
嬉しいデザイン&素材なのかなと思いました。

このようなデザインになっている新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の
内装・インテリアですが、次のような特徴がありました。

特徴1:メーターは専用デザイン

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイルですが、
メーターは、ガソリン車と異なるハイブリッド車専用のメーターを採用。

■新型エクストレイルのハイブリッド車のメーター

通常、ハイブリッド車では、タコメーターの変わりにエネルギーの出力と回生を
表す出力/回生メーターを大きく搭載するものが多いですが、このクルマでは、
ガソリン車と同様に大きくタコメーターを採用。

そして、バッテリーの出力&回生を表す出力回生メーターは、タコメーターの中に
小さく搭載されています。

■ハイブリッド車の出力&回生メーター

これはちょっと珍しいですよね。

このようにタコメーターが搭載されているのは、日産 新型エクストレイルの
ハイブリッド車の特徴の日発なのかなと思いました。

特徴2:リクライニング機能&スライド機能の無し

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の後部座席は、このようなデザインになっています。

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ガソリン車の後部座席は、2列シートモデル/3列シートモデル関係なく
後部座席のスライド機能とリクライニング機能が装備されました。

しかし、マイナーチェンジ後のモデルでも、このハイブリッド車には、
後部座席のリクライニング機能とスライド機能の装備は無し。

なので、背もたれの角度や足元空間の広さを調整する事はできません。

個人的には、ハイブリッド車の後部座席にも、リクライニング機能や
スライド機能が装着されると思っていたので、少々残念でした。

ちなみに、ガソリン車は5人乗りの2列シートモデルと7人乗りの3列シートモデルを
用意していますが、ハイブリッド車は先代モデルと同様に2列シートのみ。

3列シートモデルの用意は無いので、注意をしてくださいね。

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

インパネのデザインは若干変更されましたが、先代モデルと同様に十分質感の
良さを感じるデザインに…。また、防水仕様のシートも良いと思いました。

ただ、後部座席のリクライニング機能&スライド機能が装備されていないのは、
ちょっと残念でした。

この後部座席の使い勝手は、ハイブリッド車とガソリン車の大きく異なる
部分の一つです。

もしこれからこの新型モデルを見に行く際は、この後部座席の使い勝手や
居住性をしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です