新型エクストレイルのガソリン車の内装【先代よりも良くなった事とは?】

2017年6月、アウトドアにピッタリの本格派SUV日産の新型エクストレイル
ビッグマイナーチェンジを行いましたね。

>>> 日産 新型エクストレイルのガソリン車の外装インプレッションは、コチラから

迫力を増したフロントマスクや自動運転技術のプロパイロット機能が
装備されるなど注目ポイントが多い今回のマイナーチェンジですが、
内装・インテリアもしっかりと進化。

マイナーチェンジ前のモデルと比較して、使い勝手が良くなったように感じました。
また、日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)のガソリン車には、ハイブリッド車には無い
魅力&メリットもありました。

そんな新型エクストレイル(X-TRAIL)のガソリン車の内装・
インテリアを実車画像を使って、徹底的にレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクストレイル ガソリン車の内装画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

また、ハンドルやシフトレバー、センターコンソールなど各パーツ&装備は、
このようなデザインになっていました。

■ハンドル・ステアリングホイール

先代モデルでは一般的な円状のデザインだったのですが、今回マイナーチェンジをして
新発売されたこの新型モデルでは、D型シェイプのハンドルを採用。

D型シェイプのハンドルは、足回りの空間にゆとりがあり、乗り降りがしやすい
デザインになっているのが、好印象でした。

また、ハンドル・ステアリングホイールの右側には、このクルマの
注目の装備の一つでもあるプロパイロット機能の操作スイッチが用意されていました。

■シフトレバー

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)は、ハイブリッド車と同様に一般的な
ストレート方式のシフトレバーを採用。

このシフトレバーの操作性はとても良かったのですが、先代モデルと同様に
マニュアルモードやパドルシフトが装備されていないのは、残念でした。

■センターコンソール

先代モデルと同様にセンターコンソールには、エアコンの冷風&温風を
活用したドリンクホルダーが2個装備されています。

長時間冷たさや温かさをキープしてくれる新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ドリンクホルダーは、とても良いと思いました。

■スマートミラー(インテリジェント ルームミラー)

メーカーオプション設定となってしまうのですが、車両後方に設置された
カメラ映像をミラーに映し出すスマートミラーを装備する事が可能です。

2列シートや3列目シートに乗っている人でリヤガラスが確認できない時には、
とても重宝するのかなと思いました。

■空調パネル

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
空調パネルは、比較的シンプルなデザイン。

ただ、誰でも直感的に操作できる使い勝手の良さは、とても良いと思いました。
また、運転席と助手席の温度設定を独立して行えることなど機能性に
優れているのも魅力の一つだと思いました。

■メーター

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)のメーターは、
タコメーターとスピードメーターを配した2眼式のメーターを採用。

また、2つのメーターの間には5インチサイズのアドバンスドアシストディスプレイを
搭載しており、様々な情報を確認する事が可能です。

また、このアドバンスドアシストディスプレイに表示されるクルマの
カラーを変更できる遊び心も好印象でした。

今回新発売されたガソリン車の一番の注目ポイントは…?

このようなデザインになっている日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ガソリン車の内装・インテリアですが、一番の注目ポイントは、後部座席の
デザインと使い勝手。

先代モデルでは、3列シートモデルしか装備されていなかった後部座席の
スライド機能&リクライニング機能が、今回のマイチェンで2列シート
モデルの20Xにも装備される事になりました。

実際に2列シートモデルの後部座席を前後にスライドしてみると、このような感じ。

スライド幅も大きくて良いですよね。

先代モデルでは、この後部座席のスライド機能やリクライニング機能が欲しくて
わざわざ3列シートモデルを購入した人もいたそうです。

このようにガソリン車の2列シートモデルでも、後部座席のスライド機能や
リクライニング機能が装備された事は、今回のマイナーチェンジを大きな
トピックの一つなのかなと思いました。

ちなみに、ハイブリッド車の後部座席には、スライド機能やリクライニング機能が
装備されていません。

>>> 新型エクストレイル ハイブリッド車の内装レビューは、コチラから

この後部座席の使い勝手の違いは、かなり大きいのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ガソリン車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このガソリン車の内装・インテリアを見て特に印象的だったのは、
後部座席の使い勝手が良くなった事。

ガソリン車の2列シートモデルにも、後部座席のリクライニング機能や
スライド機能が装備された事は、ビッグニュースの一つなのかなと思いました。

ちなみに、リクライニング機能の有無で後部座席の座り心地&居住性も
かなり異なります。後部座席のリクライニング機能が装備されている
ガソリン車の方が、長時間座っていても腰が痛くなりません。

個人的には、後部座席のリクライニング&スライド機能が装着されている
ガソリン車の方が格段に良いと思いました。

この座り心地&居住性の違いにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です