乗降性&広さはどうだった?新型キャラバンNV350のスライドドア画像レビュー

2017年7月、日産の4ナンバーサイズの商用バン新型キャラバンNV350
ビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

着座位置が高く、視界性が良いのがこのクルマの魅力&メリットの一つですが、
その代償として乗降性は、普通乗用車よりも悪くなっています。

>>> 新型キャラバンのNV350の運転席レビュー【乗降性&座り心地を徹底チェック】

このように運転席や助手席など乗り降りがしにくい日産の新型キャラバンNV350ですが、
スライドドアを採用している後部座席の乗降性はどうだったのでしょうか?

スライドドアの開口部の広さや乗り降りのしやすさなどを確認してきたので、
実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型キャラバンのスライドドア画像インプレッション

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
サイドからのデザインは、このようになっています。

そして、スライドドアを開けると、このような感じになります。

このスライドドアの開口幅は、かなり広いですよね。

試乗をした際にディーラーさんに確認をしたのですが、この新型キャラバンNV350の
スライドドアの開口部のサイズは、このようになっていました。

■新型キャラバンのスライドドアの開口部サイズ
開口幅:1,085mm
開口高:1,415mm

大型ミニバンよりも一回りスライドドアの開口部が大きくなっているので、
身長が175cmある私が乗りこむ時でも頭をかがめる事なく、スムーズに
乗り降りをする事ができました。

また、このようにこの新型モデルは開口部が広いので、スライドドアから
荷物を出し入れする時にも大いに役に立つのかなと思いました。

ちなみに、新型キャラバンNV350には電動パワースライドドアは装備されていませんが、
ドアサイズの割には、軽くなっています。クロージャーも装備されていますし、
思ったよりも開け閉めにチカラがいらないのも好印象でした。

ただ乗降性はイマイチ

このように新型キャラバンNV350のすりアドドアの開口部は広くなっていますが、
乗降性はイマイチ…。

その理由の一つが、フロアの高さ。

新型フィット3(FIT3)のフロアの高さは、約610mmとなっており、ワンステップで
乗り降りをするのは、かなり困難です。

また、この新型モデルでは、ステップも用意されているのですが、このステップの
高さも約370mmと若干高め。

私のような成人男性では問題なく乗り降りをする事ができますが、小さいお子さんや
小柄な女性では、乗り降りするのが少し大変なのかなと思いました。

荷室のフロア高さ以上に気になったのは…

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
後部座席のスライドドアを乗り降りしていて気になったのが、アシストグリップ。

運転席や助手席には乗り降りをするのをサポートしてくれるアシストグリップが
装備されていたのですが、後部座席のスライドドアまわりには、乗り降りをする際に
サポートをしてくれるアシストグリップが用意されていません。

■運転席のアシストグリップ

このアシストグリップが無い事も、このクルマの乗降性を悪くしている感じが…。

新型キャラバンNV350は荷室フロアやステップが高いので、アシストグリップが
あった方が、乗り降りがしやすくて良いのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
後部座席のスライドドアの広さや乗降性は、このようになっていました。

スライドドアの開口部の広さなどは魅力的だったのですが、フロアが高い事もあり
運転席と同様に後部座席の乗降性もあまり良いとは、思いませんでした。

また、アシストグリップがスライドドアまわりに装備されていないのも
個人的には残念なポイントでした。

もしこれから日産の新型キャラバンNV350の試乗に行かれる方は、ぜひとも
後部座席の乗降性も確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です