新型ヴェルファイアの木目調パネル【新色のシルバーを実車画像で確認】

2017年12月、”キング・オブ・ミニバン”と称されるネッツトヨタの高級ミニバン
新型ヴェルファイア(Vellfire)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの注目ポイントの
一つは、エアロ仕様のエグゼクティブラウンジが用意された事です。

先日、このエアロ仕様のエグゼクティブラウンジを見る事ができたのですが、
新色のシルバーの木目調のパネルを採用されており、今までのモデルと全く
異なる雰囲気に…。

そんな新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジZ”に
採用されているシルバーの木目調パネルの実車画像を撮ってきたので、紹介したいと
思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ヴェルファイアのシルバーの木目調パネル画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをした新型ヴェルファイア(Vellfire)で
新たに追加された新モデル”エグゼクティブラウンジZ”の内装・インパネは、
このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイアのインパネ

ちなみに、こちらはマイナーチェンジモデル前の木目調パネルを採用している
エグゼクティブラウンジのインパネです。

■マイナーチェンジ前のブラウンのインパネ

全く内装・インパネの雰囲気が異なりますよね。

ブラウンの木目調パネルを採用している他のグレードは、厳かな雰囲気の
内装・インテリアになっていたのですが、この新型モデルでは、洗練された
雰囲気の内装・インテリアに…。

また、このシルバーのパネルは遠くから見ると、とてもスタイリッシュな
雰囲気なのですが、近くで見てみると、このようにキレイに木目調が入っています。

■シルバー木目調パネルのデザイン

スタイリッシュさと豪華さを兼ね備えたシルバーの木目調パネルは、
今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の新モデル
エグゼクティブラウンジZの魅力の一つだなと思いました。

シルバーの木目調パネルは、どのような装備に採用されている?

このようにスタイリッシュさを演出している新型ヴェルファイア(Vellfire)の
シルバーの木目調パネルですが、エグゼクティブラウンジZの様々な
パーツや内装に採用されていました。

そんなシルバーの木目調パネルが採用されていた装備&パーツを紹介したいと思います。

■インパネのパネル

■シフトレバー

■ハンドル・ステアリングホイール

■センターコンソール

■ドア内側パネル(フロントシート)

■2列目エグゼクティブラウンジシートのアームレスト

■2列目エグゼクティブラウンジの折り畳みテーブル

■スライドドア内側パネル

■3列目シート横の壁面

このように見ると、様々な装備・パーツ部分にシルバーの木目調パネルが
採用されているのが、わかりますよね。

また、2列目シート周りや3列目シート周りにも、シルバーの加飾パネルが
しっかりと採用。2列目シートや3列目シートに座っても、エグゼクティブ
ラウンジZらしいスタイリッシュさと豪華さを感じるデザインになっていたのは、
好印象でした。

もし新型ヴェルファイア(Vellfire)の試乗に行かれる方は、ぜひとも
2列目シート周りや3列目シート周りの内装・インテリアのデザインにも
注目をしてみてくださいね。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)で
新たに追加されたグレード”エグゼクティブラウンジZ”の専用デザインになっている
シルバーの木目調パネルは、このようなデザインになっていました。

このシルバーの木目調パネルは、他のモデルの木目調パネルよりも
スタイリッシュさがあるデザインに…。また、エアロ仕様になっている
外装・エクステリアとの相性も良いように感じました。

このシルバーの木目調パネルをはじめ新型ヴェルファイア(Vellfire)では、
様々なカラーの木目調パネルを用意していますが、個人的には、このシルバーの
木目調パネルを採用した”エグゼクティブラウンジZ”が一番好みでした。

このように木目調パネルのカラーによって、内装・インテリアの雰囲気が
全く異なるので、クルマ選び・グレード選びをする際は、木目調パネルの
出事案やカラーにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です