【実車画像レビュー】新型セレナe-POWERのノーマル車の外装の注目ポイントを徹底解説

電気自動車のようなシルキーでスムーズな走りが楽しめるストロングハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWERは2種類のモデルを用意していますが、上位モデルのハイウェイスターよりも親しみやすい外装や内装になっているのが、ノーマルモデル(ノーマル車)です。

>>> 機能や装備は意外と充実!?新型セレナe-POWERのノーマル車の内装レビュー

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のノーマルモデルの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、どのような機能や装備を用意しているでしょうか?

先日、この新型e-POWER(eパワー)のノーマルモデルの外装・エクステリアを確認してきたので、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのノーマル車の外装画像レビュー

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”のノーマルモデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERのノーマル車の外装

この新型e-POWERのノーマル車は、上位モデルのハイウェイスターと比較すると、若干プレーンな印象が…。

ただ、ブルーのアクセントラインを施したVモーショングリルなど、十分にe-POWERらしさを感じるエクステリアになっているように感じました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の外装・エクステリアですが、上位モデルのハイウェイスターと比較すると、若干装備や機能で見劣りをする部分も…。

そんな新型e-POWERのノーマルモデルの外装・エクステリアの特徴や注目ポイントを紹介したいと思います。

特徴1:ハンズフリーオートスライドドアの装備は無し

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目の機能の一つは、足のキック動作のみでスライドドアを開け閉めできる”ハンズフリーオートスライドドア”です。

世界初の機能として注目を集めた新型セレナのハンズフリーオートスライドドアですが、標準装備されているのは上位モデルのハイウェイスターのみとなっており、このノーマルモデルでは用意されていません。

ちょっと残念ですよね。

ハンズフリーオートスライドドアを作動させるのに必要な足の動きを検知するセンサーは、ハイウェイスターのエアロパーツ部分に搭載されているため、ノーマルモデルに用意する事が出来なかったようですが…。

なので、もし新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目機能の一つでもあるハンズフリーオートスライドドアが欲しいと思っているのなら、上位モデルのハイウェイスターを選ぶしかないので、ご注意を…。

特徴2:ヘッドライトはハロゲン

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のノーマルモデルでは、残念ながらベースモデルのXグレードだけではなく、上位モデルのXVグレードもハロゲンのヘッドライトが標準装備されています。

なので、先進性は、LEDヘッドライトが標準装備されているハイウェイスターよりも劣る感じが…。

ただ、ノーマルモデルの上位グレード”XVグレード”では、メーカーオプションでLEDヘッドライトを装備する事が可能です。(上記の画像は、メーカーオプションのLEDヘッドライトを装着したモデルです。)

■新型セレナe-POWERのLEDヘッドライト

ちなみに、このLEDヘッドライのオプション価格は、6万4000円となっています。
やはりハロゲンとLEDのヘッドライトでは、視認性だけではなく、クルマ全体の印象が全く異なります。

もし見た目のデザイン性にもこだわるのなら、メーカーオプションのLEDヘッドライトの装着を考えた方が良いのかなと思いました。

特徴3:用意されているタイヤ&ホイールは1種類のみ

新型セレナ(SERENA)のガソリン車/マイルドハイブリッド車のノーマルモデルでは、2種類のタイヤ&ホイールを用意していましたが、今回新発売された新型e-POWERに用意されているタイヤ&ホイールは、1種類のみとなっています。

■ガソリン車に用意されているタイヤ&ホイール
グレード:XVセレクション、X、S

■ガソリン車に用意されているタイヤ&ホイール
グレード:Gグレード

■セレナe-POWERに用意されているタイヤ&ホイール

この新型e-POWERでは、15インチのエアロアルミホイールが標準装備されており、XVセレクションなどに用意されてる15インチタイヤ&フルホイールカバーよりもスタイリッシュなデザインに…。

また、フィンが印象的な新型e-POWERのホイールは、空気抵抗を抑え、燃費を良くする効果も期待できるみたいですよ。

今回新発売された日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”のノーマルモデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

ハンズフリーオートスライドドアやLEDヘッドライトが標準装備されないなど、上位モデルのハイウェイスターよりも機能や装備は若干劣ります。

ただ、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のノーマルモデルの外装や内装は十分満足できる機能や装備が用意されており、この2つの機能が必要なければ、ノーマルモデルでも十分なのかなと思いました。

>>> 新型セレナe-POWERのミントホワイトパールってどんな色?【実車画像レビュー】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です