新型リーフのプロパイロット パーキングを使ってみた【操作方法は本当に簡単?】

電気自動車にチカラを入れている日産ですが、フラッグシップモデルの新型リーフが、
2017年10月にフルモデルチェンジを行い、デビューをしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした2代目モデルは、e-PEDAL(eペダル)など
様々な便利な機能が搭載されています。

しかし、今回私が試乗をして一番驚いたのは、この新型モデルに搭載されている
自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”です。ボタンを押しているだけで、
ほぼ全自動で駐車・パーキングをしてくれるので、驚きです。

まさかこんな時代が本当に来るなんて…って、感じです。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”で良いと思ったのが、操作が
とても簡単だったことです。

これなら機械に苦手な年配の方でも、簡単に操作できると思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”の設定方法&操作方法は、
どのような感じなのでしょうか?

この”プロパイロット パーキング”を使った感想とともに、操作方法を
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフのプロパイロット パーキングの操作方法

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
自動駐車支援技術”プロパイロット パーキング”は、基本的にシフトレバーの
前方にあるプロパイロット パーキングスイッチとナビを使って、操作する事が
可能です。

■プロパイロット パーキングスイッチ

■新型リーフのナビ

そんな新型リーフ(LEAF)に搭載されている”プロパイロット パーキング”の
操作方法を紹介したいと思います。

STEP1.プロパイロット パーキングスイッチを押す

駐車スペースの手前で、シフトレバーの前方に設置してあるプロパイロット
パーキングスイッチを押す。

■新型リーフのプロパイロット パーキングスイッチ

すると、次のようなプロパイロット パーキング画面が起動します。

■プロパイロットパーキング画面

プロパイロット パーキング画面が立ち上がったら、クルマをゆっくりと
前進していきます。

STEP2.駐車位置を決定する

前進ををしている最中にクルマが駐車できるスペースを検知すると、
ナビ画面の上部にある”P”というマークがブルーに変わります。

そして、クルマを停車すると、下記の画面のように駐車可能な位置に”P”マークを
表示してくれので、駐車したい位置を選びます。
(ちなみに、クルマの停車位置は左右最大4カ所から選択できるようになっています。)

そして、駐車位置を決定したら、ナビの”駐車開始”ボタンを押します。
そうすると、ナビ画面上部に”プロパイロット パーキングスイッチ”を
押し続けます。と、表示されます。

STEP3.プロパイロットスイッチを押し続ける

駐車が完了するまで、プロパイロットスイッチを押し続けます。

このプロパイロットスイッチを押しているだけで、クルマ側がステアリング操作、
アクセル&ブレーキペダルの操作、シフト操作などをすべて行ってくれます。

ちなみに、作動中は、「前進します」「後退します」など現在の状況を
ナビに表示してくれます。

また、駐車が終了すると、電動パーキングブレーキをかけて、シフトレバーを
Pレンジに入れてくれます。

この操作方法を聞くと、「ちょっと難しそう。」と思ってしまうかもしれませんが、
駐車位置を設定した後にドライバー側が行うのは、プロパイロット パーキング
スイッチを押し続けるだけ。

たったこれだけで駐車をしてくれます。

操作方法もとても簡単なので、駐車が苦手と思っている人tにとっては、
とても重宝する機能なのかなと、思いました。

新型リーフのプロパイロット パーキングを使ってみて良いと思った事は?

このようにスイッチ一つで駐車・パーキングを行ってくれる新型リーフ(LEAF)の
自動駐車支援システム”プロパイロット パーキング”ですが、実際に使ってみて
良いと思ったのは、駐車中のスムーズさです。

クルマを駐車する時って、シフトレバーをドライブからバックにいれたり、また、
足をアクセルペダルからブレーキペダルに踏みかえたりと、色々とやらないと
行けないことが多いですよね。

しかし、今回新型リーフ(LEAF)に搭載された”プロパイロット パーキング”は、
この面倒な作業をすべて行ってくれます。

おそらくシチュエーションによっては、”プロパイロット パーキング”を使うよりも、
自分で駐車をした方が早いケースもあると思います。

ただ、このプロパイロット パーキングは、何よりも駐車の作業がラクです。

私は駐車に対して苦手意識は無く、普通に行う事ができるのですが、今回、
“プロパイロット パーキング”を実際に試してみて、「えっ!?こんなに簡単に
駐車できちゃうの?」
と、思いました。

この手軽さだけでも、新型リーフ(LEAF)の”プロパイロット パーキング”を
使う価値は、あるのかなと思いました。

乗り心地もとってもスムーズ

また、新型リーフ(LEAF)に搭載されている自動駐車支援システム”プロパイロット
パーキング”を試して、良いと思ったのは、駐車している時の乗り心地の良さです。

駐車エリアなどを設定をした後に、プロパイロット パーキングスイッチを押すと、
ス~~と前進をしてきし、そして、静かに滑らかにス~~っとバックをして、
駐車をします。

また、駐車場の侵入する時も、バックの最中で角度を変更する事が無いので、
乗っていて、とても快適です。

この自動駐車支援システム”プロパイロット パーキング”のように一定の
スピードでス~~っと駐車をしていく感じは、自分の運転ではなかなか
できません。

この駐車している時のスムーズさ乗り心地の良さも新型リーフ(LEAF)の
“プロパイロット パーキング”の特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の2代目新型リーフ(LEAF)に
搭載されている自動駐車支援システム”プロパイロット パーキング”の操作方法、
設定方法は、このようにとても簡単です。

正直ここまで設定が簡単だと思っていないかったので、少々驚きました。
また、乗り心地の良さ、駐車までのスムーズさにも驚きました。

実際にこの”プロパイロット パーキング”を使う前は、駐車が苦手な人のための
機能なのかなと思っていたのですが、駐車に苦手意識がない人でも十分に満足できる
機能&装備の一つなのかなと、思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です