【座り心地や乗降性を徹底チェック】新型キャラバンの運転席インプレッション

2017年7月、日産の商用バン新型キャラバンNV350がビッグマイナーチェンジをして、
新発売されましたね。

今回新発売された新型モデルは、Vモーショングリルを採用するなど、
日産らしい顔つきに…。また、自動ブレーキが装備されるなど安全装備が
充実しているのも魅力に感じました。

>>> 新型キャラバンNV350の外装インプレ【Vモーショングリルで日産顔に…】

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350を
実際に確認をして良いと思った事の一つが、運転席の座り心地。

この新型モデルの運転席は、商用バンとは思えない程座り心地が良かったです。

そんな新型キャラバンNV350の運転席の座り心地やデザイン、乗降性などを
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型キャラバンNV350の運転席レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
運転席は、このようなデザインになっています。

■新型キャラバンの運転席

思ったよりもオシャレなデザインですよね。

今回私が見たのは、新型キャラバンNV350の最上位モデルの”プレミアムGX”
だったのですが、ブラック×グレーのゼブラ柄を採用。

内装・インテリアがシンプルになりがちな商用バンとしては、
十分に満足できるシートデザインになっているように感じました。

また、デザイン性だけでなく、調節幅の大きいスライド機能やリクライニング
機能など運転がしやすし好みの姿勢がとりやすいように配慮されているのも
好印象でした。

座り心地も好印象

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
運転席は、座り心地も思ったよりも良好。

実際にこの新型モデルの運転席に座ってみて特に良いと思ったのが、フィット感。

商業バンのシートは座面や背もたれがフラットで座り心地はあまり良く無いと
思っていました。しかし、今回マイチェンをした新型モデルは立体的なシートに…。

また、座面のクッション性も良く、先代モデルの運転席に座った時に感じた
底付き感も一切感じませんでした。

見た目のデザイン性は普通乗用車よりも劣りますが、座り心地やサポート力は
普通乗用車と比較しても十分に満足できる出来になっているように感じました。

乗り降りはやっぱり大変

このように座り心地は格段によくなった日産の新型キャラバンNV350の
運転席ですが、やっぱり気になったのは、乗り降りのしにくさ。

このクルマは着座位置が高いだけあって、乗り降りは大変…。

この新型モデルを試乗した時にディーラーさんに教えて貰ったのですが、
ステップまでの高さは約455mm、そしてシートまでの高は1,040mmもあるそうです。

なので、ステップに足をかけ、そして、Aピラーにあるアシストグリップに
捕まって、手の引っ張るチカラを利用して、「よいしょ!」と、乗りこむ感じ。

ディーラーさんは、「新型キャラバンNV350は、乗り降りをするというよりは、
登り下りをする感じです。」
と、言っていましたが、まさにこの表現が
ピッタリの乗降性になっているように感じました。

身長が175cmある成人男性の私でも乗り降りは大変だなと感じたので、
小柄な女性だともっと大変だと思います。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、運転席や助手席など
フロントシートの乗降性を、確認してみてくださいね。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型キャラバンNV350の
運転席は、このようなデザインになっていました。

シートデザインや座り心地は先代モデルよりも格段に良くなっており、
普通乗用車と比較しても遜色ない出来になっているように感じました。

この運転席の座り心地やフィット感は、商用目的ではなく、趣味目的で
購入する人も満足すると思います。

ただ、日産の新型キャラバンNV350は着座位置が高いので、乗降性は
あまり良くありません。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、座り心地だけでなく、
乗り降りのしやすさもしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です