トヨタ一覧

Aグレードとの違いは?新型プリウスPHVのAレザーパッケージ画像インプレ

トヨタの新型プリウスPHVは、5つのグレードを用意しています。その中で上から2番目のグレードに位置しているのが、Aレザーパッケージ。このAレザーパッケージはどのような特徴があるのでしょうか?また、一つ下のAグレードとの違いは、なんだったのでしょうか?新型プリウスPHVのAレザーパッケージの特徴を詳しく紹介します。

新型プリウスPHV Aプレミアム【実車画像を使って3つの特徴を紹介】

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHVの最上位モデルが、Aプレミアム。このAプレミアムは車体本体価格がちょっと高めなのですが、その価格に相応しい機能や装備が…。この新型プリウスPHVの外装・内装のデザイン、そして、特徴を詳しく紹介していきたいと思います。

新型プリウスPHVのヒーター&エアコンは実はスゴイ!?【魅力&メリット】

トヨタの新型プリウスPHVが新発売されましたが、世界初の技術が数多く採用されています。その中の一つが、ヒーター&エアコン。この新型プリウスPHVのヒーターは世界初の技術を用いて、エンジンの作動がしにくような仕組みになっています。今回新発売されたこの新型PHVのエアコン&ヒーターについて、詳しく紹介したいと思います。

リクライニングは付いている?新型プリウスPHVの後部座席レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型プリウスPHVの大きな変更点の一つが、後部座席。この新型PHVの後部座席は、2人掛けになっていました。そんな新型プリウスPHVの後部座席には、リクライニング機能が装備されているのか?この新型モデルの後部座席を徹底的にチェックしたので、紹介したいと思います。

新型プリウスPHVのAグレードの特徴を紹介【人気の秘訣はコスパの良さ!?】

トヨタから新型プリウスPHVが新発売されましたが、一番人気が高いのが中間グレードのAグレード。なぜこのAグレードの人気が高いのか?また、どのような特徴があるのか?実車画像を使って、この新型プリウスPHVのAグレードの特徴や他のグレードとの違いを紹介したいと思います。

【どっちが広い?】新型プリウスPHVとプリウスの荷室サイズ比較

トヨタから新発売されたプラグインハイブリッド車の新型プリウスPHVの欠点・デメリットの一つと言えば、荷室・ラゲッジスペースのサイズ。荷室フロアが高くなっているため、若干荷室高が狭いように感じました。そんな新型プリウスPHVとベースとなっているプリウスでは、荷室サイズがどのくらい違うのか比較をしてみました。

新型プリウスPHVのシートヒーターを使った感想【メリット&デメリットは?】

トヨタから新発売された新型プリウスPHVは全グレード通じて、シートヒーターが標準装備されています。ただ、このシートヒーターは良い部分もあったのですが、ちょっと気にある部分も…。先日、この新型プリウスPHVを試乗した時にシートヒーターの使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

新型プリウスPHVから発電&給電【時間はどのくらい可能?】

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHVは、バッテリーに蓄えた電力を家電など外部に給電する事ができます。この新型モデルでは、どのくらい給電する事ができるのでしょうか?先日、この新型プリウスPHVの給電時間などを確認してきたので、紹介したいと思います。

【機能性にも優れている?】新型プリウスPHVのヘッドライト画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHVの外装・エクステリアの特徴の一つが、インパクトのあるヘッドライト。4眼式になっており、かなりシャープなデザインに…。また、この新型PHVのヘッドライトは、機能面でも優れています。そんな新型プリウスPHVのヘッドライトの特徴を実車画像を使って、紹介いたします。

充電の差し込み口で大満足した理由とは?新型プリウスPHVの魅力&良かった事

新型プリウスPHVがフルモデルチェンジをしてデビューをしましたが、試乗をして良いと思ったのが、ケーブルなどを差し込むソケット口。最初戸惑う事もありましたが、この充電ケーブルの差し込み口は、とても良いと思いました。新型プリウスPHVの充電の差し込み口が良いと思った理由とは?実車の画像を使って紹介します。

【内装が変わる!?】新型プリウスPHVのソーラーパネルを装備する時の注意点

トヨタの新型プリウスPHVには、ソーラーパネルを装備する事が可能です。しかし、ソーラーパネルを装備すると、内装・インテリアのデザインが若干変わります。デザインが変わる新型プリウスPHVの装備とは何なのでしょうか?実車画像を使って、比較したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)