新型セレナe-POWERのデュアルバックドア【本当に狭い場所で開閉できる?】

2018年3月、日産から100%モーター駆動をするハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューしました。

そんな新型e-POWER(eパワー)の注目の機能・装備の一つは、リヤガラス部分のみを開閉する事ができる荷室”デュアルバックドア”です。

>>> 新型セレナe-POWERの荷室【ステップワゴンとどっちが使い勝手が良かった!?】

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のデュアルバックドアの使い勝手は、どうだったのでしょうか?また、テールゲート部分のみを開けた時の後方への張り出しは小さく、狭いスペースでも開閉できると言うのは、本当なのでしょうか?

今回新発売されたこの新型モデルに用意されている注目の機能”デュアルバックドア”の後方の張り出しの大きさ、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのデュアルバックドアの使い勝手レビュー

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの後ろ姿

今回新発売された新型モデルは、e-POWER専用デザインのリヤコンビネーションランプを備えるなど、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもスタイリッシュなデザインに…。

>>> 新型セレナe-POWERの後ろ姿【ガソリン車/マイルドハイブリッド車との違いは?】

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室は、デュアルバックドア機能を備えており、テールゲート全体を開ける方法とリヤガラス部分のみを開ける2種類を用意しています。

こちらは、テールゲート全体を開ける一般的な開閉方法です。

■新型セレナe-POWERのテールゲート全体を開けた時の様子

一方、こちらは、新型e-POWER(eパワー)のテールゲートの上半身のみ(リヤガラス部分のみ)を開閉した時の様子です。

■新型セレナe-POWERの上半のみを開けた時の様子

後方への張り出し(突出幅)が、かなり小さくなりましたよね。

実際にテールゲート全体を開けた時と上半分を開けた時の後方への突出幅(張り出し)を確認してみたところ、このような違いがありました。

■新型セレナe-POWERのデュアルバックドアの突出幅比較
全体を開けた時の後方への突出量…約1,000mm
上半分のみを開けた時の後方への突出量…約620mm

テールゲート全体を開けた時と上半分を開けた時の後方への突出量を比較すると、半分くらいに…。

ミニバンの場合、テールゲートが大きいため、家やスーパーマーケットなどの駐車場では、クルマを少し前に動かさないと、荷室・ラゲッジスペースの扉の開け閉めができない場合があるんですよね。

しかし、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のデュアルバックドアを使用すれば、後方のスペースが狭い場所でも、クルマを前方に移動する事無く、開け閉めをする事ができます。

狭いスペースでも開け閉めできるのが、この新型モデルに備わっているデュアルバックドアの一番の魅力なのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型e-POWERの競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴンの荷室・ラゲッジスペースには、一般的な縦開きだけではなく、横開きもする事ができる”わくわくゲート”が用意されています。

■新型ステップワゴンのわくわくゲート

ただ、ホンダの新型ステップワゴンに備わっている”わくわくゲート”を横開きしたよりも、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のテールゲートの上半分を開けた時の方が、後方での張り出し(突出量)は小さく、狭いスペースでの開け閉めをするのには、一番便利だと思いました。

新型セレナe-POWERのデュアルバックドアは、荷物の出し入れも意外と楽!?

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のデュアルバックドアの上半分を開けた時の荷室開口部は高い位置にあるため、使い勝手はあまり良さそうには感じません。

ただ、実際にこの新型モデルのデュアルバックドアを使ってみると、この荷室開口部の高さは、気にならない感じが…。

トートバックやリュックサックなど背の高い荷物なら、テールゲートの上半分を開けた状態でもラクに手が届くので、意外なほどスムーズに出し入れをする事ができます。

ボールなどの子供の玩具は、テールゲートの上半分のみを開けて、投げ込んで置けるので、とっても楽ちんです。

また、たくさんの荷物を積み重ねて収納しても、雪崩を起こさないのもデュアルバックドアの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

小さいアイテムを取りだす時は、ちょっと不便かもしれませんが、個人的には、開口部の高さが気になるシーンは、それ程無いのかなと思いました。むしろ手軽に荷室・ラゲッジスペースを開け閉めできるメリットの方が大きいのかなと、思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されている荷室の注目の機能”デュアルバックドア”の使い勝手を確認したところ、このようになっていました。

また、この新型モデルのテールゲートを開けた時の後方への張り出しサイズ(突出量)を確認してみたところ、このようになっていました。

このように今回新発売されたこの新型モデルは、テールゲートの上半分のみを開閉できるため、狭いスペースでの開け閉めがとてもラクになった感じが…。また、開けるテールゲートのサイズが小さくなるため、開け閉めをする際、チカラを必要としないのも好印象でした。

個人的には、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、デュアルバックドアを備えている事で、より気軽に荷室・ラゲッジスペースを使えるようになったと感じました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です